ホーム   »  徳島ヴォルティス
Tag | 徳島ヴォルティス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 徳島ヴォルティス』(’14 第27節)

 10月5日の日曜日。この日は朝からずっと雨。

 西からは台風も近づき、風が強めの荒れたお天気でした。

 この日、JリーグJ1の第27節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、デーゲームでホーム・埼玉スタジアム2002にて徳島ヴォルティスと対戦。

 前節、浦和はアウェイでセレッソ大阪に痛い黒星を喫し、連勝がストップしました。

 久しぶりのホームでの試合で勝利を収めて、立て直しを図りたいところ。

 相手の徳島ヴォルティスは最下位に沈んでいるチーム。

 わずかに残っているJ1残留の望みをつなごうと、必死に向かってくるでしょう。油断は禁物です。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 李 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは啓太と阿部君のコンビ。

 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と李君。1トップに興梠君。

 降り続く大雨の影響で、ピッチの上にところどころ水たまりができる最悪のコンディションでのゲーム。

 大きく蹴ったボールがバウンドせず、そのまま止まってしまうこともしばしば。

 両チームの選手は、予測できないボールの動きと、滑りやすい足元に悩まされながらのプレーとなりました。

 そんな状況下でも、浦和はボールを支配して試合の主導権を握ります。

 簡単にボールを失わず、ドリブルに短いパスを織り交ぜて相手ゴールに迫ります。

 徳島の最終ラインは3人。中央をしっかり固め、ブロックを築きます。

 攻撃は、1トップの高崎選手をポスト役に、カウンターからの速攻狙いですが、足元にボールが収まりません。

 攻撃らしい攻撃はほとんどできないまま、自陣に張り付き状態になります。

 29分の浦和、平川君の浮き球のセンターリングに裏に抜け出した興梠君が頭で合わせます。

 コースを狙ったヘディングシュートは枠をとらえましたが、相手ゴールキーパーが間一髪で弾き出し、惜しくもゴールならず。

 攻めに攻めながら、得点を奪えない浦和。徳島に一瞬のスキを突かれます。

 33分の徳島、高崎選手が頭で落としたボールを佐々木選手が拾ってスルーパス。

 反応した衛藤選手がディフェンスの間に割って入って裏に抜け、スライディングしながら右足ダイレクトでシュートを放ちます。

 ボールはピッチを滑るように転がり、ゴール右隅に吸い込まれました。0−1、徳島が先制します。

 リードを許した浦和は、前への圧力を強めて力づくでゴールをこじあけようとします。

 その姿勢が実ったのは、前半終了間際でした。

 41分の浦和、森脇君が徳島陣ほぼ中央でファールをもらい、フリーキックのチャンスを得ます。

 キッカーは柏木君。

 狙いすました左足からの低い弾道のボールが、徳島の壁のギリギリ上を越えていきます。

 カーブしながら落ちたボールは左ポストを直撃し、内側に弾かれそのままゴールの中に飛び込みました。

 1−1、浦和がすぐに同点に追いつきます。

 柏木君はこの悪条件の中でも、イメージ通りのフリーキックを蹴れるのですから、本当に恐れいります。

 前半はそのまま1−1、同点で折り返します。

 前半のシュート数は浦和が8本に対し、徳島が1本。

 この数字が物語るように、内容では浦和が圧倒した45分間でした。

 ただ、スコアは1対1のイーブンです。

 徳島は、雨をうまく味方につけてワンチャンスをものにしましたね。想定通りの前半だったのかもしれません。

 浦和は、圧倒的に押し込みながらも最後の最後で決めきれずにチャンスを逃した場面が多かったです。

 浦和が獲得したコーナーキックの数は、じつに11本。いかに相手を押し込んでいたかを物語る数字です。

 ピッチコンディションの影響で、いつものテンポのいいパスワークがまったく通用しません。

 そのなかで、いかに点を取って勝ち切るのか。

 浦和の選手たちは、難しい課題を突きつけられましたね。

 ここは何としても自分たちの手で突破口を開いて、得点を重ねてほしいです。

 後半開始。

 陣地が入れ替わっても、浦和が主導権を握る展開は変わりません。

 試合が動いたのは、後半15分過ぎでした。

 63分の浦和、徳島陣内のやや遠い位置でフリーキックを獲得します。

 キッカーの柏木君が左足から放たれたボールは、ゴール前の李君へ。

 李君、相手ディフェンダーを背負いながら、右肩トラップで相手ディフェンス裏に落とします。

 このボールに反応したのは、ディフェンダーの那須君でした。

 右サイドから裏のスペースにスルッと入り込んだ那須君、ボールの落ち際を右足ダイレクトで叩きます。

 狙いすましたボールはゴールの天井に突き刺さりました。2−1、浦和が逆転に成功します。

 浦和らしい、素晴らしい連携からの得点でした。

 李君はボールを受けたとき、おそらく那須君の姿は確認できていなかったと思います。

 それでも、「誰かが走りこんでくれる」と信じて、裏のスペースに落としたのでしょう。

 そのあたりのセンスと技術の高さは、本当に素晴らしいです。

 那須君も、よくあの場面で裏のスペースに走りこんでいましたね。

 フォワード並のゴールへの嗅覚です。見事でした。

 本当にここぞという大事な場面で決めてくれますね。頼りになる選手です。

 リードを奪った浦和は、選手交代のカードを2枚同時に切ります。

 64分、平川忠亮選手に代わって梅崎司選手。鈴木啓太選手に代わって青木拓矢選手。

 梅崎君はそのまま右WBへ、青木君はボランチへ。

 フレッシュな選手を中盤に補強して勢いを増した浦和は、徳島を一方的に押し込み、追加点を狙います。

 しかし、徳島の体を張った守備もあって得点には至らず、時間だけが過ぎていきます。

 残り時間が少なくなると、浦和はボールキープに軸足を移し、そのまま試合を閉めにいきます。

 アディショナルタイムは3分。

 最後の交代カードも使い、時間を稼ぎながら難なく逃げ切ります。

 そのまま試合終了。2−1で浦和の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 大雨の中の白熱した一戦は、ホームの浦和が首位の意地でなんとか競り勝ちました。

 浦和にとっては、自分たちの得意とするパスサッカーを封じられたなかの厳しい戦いでした。

 細かいパス回しや大きなサイドチェンジのパスといった武器をすべて取り上げられ、取っ組み合いの決闘となったこの試合。

 勝負を決めたのは、「セットプレー」という浦和に唯一残された武器でした。

 柏木君の精度のいいプレスキックは、この最悪のピッチコンディションでも健在でした。

 彼の左足が浦和を窮地から救い出してくれました。

 得点シーンだけでなく、90分間走り続け、ボールをキープして攻撃の起点として獅子奮迅(ししふんじん)の活躍でした。

 一流の選手は、どんな環境でも、与えられた仕事をきっちりこなす。

 柏木君は、それを身をもって示してくれましたね。

 柏木君に限らず、浦和の選手たちはこの悪天候の中、自分の力のすべてを出し切ってくれました。

 ピッチコンディションや天候などの条件が厳しくなるほど、力の差が表れるといいます。

 この試合は、浦和の選手たちの技術やメンタルの高さが際立たせてくれました。

 優勝に値するチームに、また一歩近づきましたね。

 相手チームに加え“雨”という難敵も、見事にはねのけて手にした勝利。

 負けた直後の試合ということも含めて、その価値は計り知れないものがあります。

 シーズン終了後には、「この試合がターニングポイントだった」と振り返るかもしれません。

 それくらい重要な一戦でした。

 選手の皆さん、大雨の中、スタジアムまで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、アウェイでベガルタ仙台との戦いです。

 またしても、残留争いをしているチームとの対戦ですね。

 相手も必死ですから、難しい戦いになります。

 死にものぐるいで向かってくる相手に、こちらも気持ちで負けないこと。

 チーム、サボが一丸となり、勝ち点「3」を持ち帰りましょう!
 
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
スポンサーサイト

【Jリーグ観戦記】『徳島ヴォルティス vs 浦和レッズ』(’14 第16節)

 7月23日の水曜日。関東は曇りがちでしたが蒸し暑い天気。

 子どもたちの夏休みが始まり、梅雨が明けました。いよいよ夏本番という感じですね。

 この日、JリーグJ1の第16節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ナイトゲームで徳島ヴォルティスとアウェイ・ポカリスエットスタジアムで対戦しています。

 前節、浦和は難敵のアルビレックス新潟をホームで下しています。

 公式戦10試合連続で負けなし。
 浦和はその勢いのまま、最下位に沈む徳島を押し切りたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 青木 阿部 宇賀神 梅崎 柏木   
 FW:興梠

 前節と同じメンバーです。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、青木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーは、柏木君と梅崎君。1トップは、興梠君。

 徳島は3人の最終ラインに1トップ、両翼にWBを配置する形。

 システム的にがっぷり四つに組む両チーム。マッチアップする選手同士の攻防が勝敗に大きく影響しそうです。

 14分の浦和、徳島陣左サイドで梅崎君が倒されてフリーキックを得ます。

 キッカーの柏木君の左足から放たれたボールは、ファーサイドに待ち構える槙野君へ。

 槙野君、マークする相手選手に競り勝ち、倒れこみながら左足を伸ばしてダイレクトでシュート。

 見事、ゴールネットを揺らしました。1-0、浦和が先制です。

 今や浦和の一番のストロングポイントとなっているセットプレーでの得点。

 またもや柏木君の左足が起点となりました。本当に精度の高いプレスキックです。

 中央の那須君をうまくおとりにつかいながら、ファーサイドの槙野君へ。その判断も素晴らしいです。

 槙野君も、目の前でバウンドする難しいボールをよくコントロールし、ダイレクトで蹴りこみましたね。

 先制点を取っても、浦和は攻撃の手を緩めません。
 
 ワンタッチ、ツータッチでテンポよくパスを回しながら、徳島の守備に圧力をかけ続けます。

 39分の浦和、左サイドからのコーナーキックに槙野君がヘッドで合わせますが、相手ゴールキーパーが横っ飛びで防ぎ惜しくもゴールならず。

 前半は、1-0で浦和がリードしたまま終了します。

 前半のシュート数は浦和と徳島ともに4本。

 浦和の獲得したコーナーキックの数は7本(徳島は0)。徳島ゴールに圧力を掛け続けた証拠ですね。

 最前線の興梠君にクサビのパスがよく通り、攻撃の起点として機能していました。
 そのおかげでディフェンスラインを押し上げることができ、いつもの攻撃的なサッカーができています。
 
 浦和は後半もこのいい流れを続けて追加点を奪いたいところです。

 後半開始。

 浦和が主導権を握る展開は前半と変わらず。

 浦和は素早い攻守の切り替えで中盤を支配し、徳島を自陣に押し込み続けます。

 57分の浦和、左サイドのセンターライン付近で相手ボールを奪った梅崎君がドリブルで持ち込みスルーパス。

 このパスに反応したのは興梠君。

 ディフェンスラインの裏に抜け出し、左足ダイレクトでゴールネットに突き刺しました。2−0、浦和が突き放します。

 梅崎君、中央に切れ込みながらも興梠君の動きをよく見て、絶妙なスルーパスを送りましたね。
 
 興梠君も、フリーだったとはいえ落ち着いて冷静に決めました。

 2点のビハインドを負った徳島は、長身選手を前線に入れ、単純にゴール前にクロスを入れる作戦に出ます。

 浦和は、それに対応するように立て続けに選手交代のカードを切ります。

 70分、平川忠亮選手に代わって永田充選手。
 74分、梅崎司選手に代わって李忠成選手。
 79分、柏木陽介選手に代わって関口訓充選手。

 森脇君が一列上がって右WBへ。永田君が右ストッパーへ入り、李君と関口君が2シャドーに入ります。

 ディフェンスに一枚高さを加え、中盤の運動量を増やして相手にクロスを上げさせないというミシャの考え。

 相変わらず、手堅いです。

 浦和は、前線のメンバーがごっそり入れ替わった影響で攻撃の組み立てができなくなります。

 それでも中盤でしっかりパスをつなぎ、徳島にも攻撃らしい攻撃をさせません。

 スコアは動きませんが、時間は着実に減り続けます。

 後半のアディショナルタイムは4分。

 浦和は、徳島の必死の粘りも何なく封じ込めてタイムアップの笛が鳴りました。

 2-0で浦和の勝利で終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 高温多湿の気候、前節から中3日でのアウェイでの戦い。

 厳しい条件がいくつも重なったなか、浦和は、着実に勝ち点「3」をもぎとることができました。

 完成の域に入ってきた感のあるチーム戦術はもとより、個々の選手のプレーの質で徳島を圧倒した完勝といえるでしょう。

 浦和はこの日のシャットアウトで、7試合連続無失点のJリーグ新記録を達成しました。

 守備陣の頑張りはもちろん、労を惜しまずにプレスをかけ続けた前線の選手の貢献も忘れてはいけません。

 昨季までの浦和の守備は、セットプレーとカウンターからの失点が非常に多かったです。

 それらの課題をひとつひとつ克服した結果が、今季の失点の少なさにつながっています。

 夏場の連戦は、内容よりも結果です。

 ここでどれだけ勝ち点を上積みできるかが最終的な順位を決めるといっても過言ではありません。

 いかに効率よく、体力の消耗を抑えてコンディションを保ちつづけることができるか。
 
 この日の浦和は、理想的な展開で勝ち点を積み上げることができたといえるでしょう。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運ばれた方々、本当にお疲れ様でした。

 次節は、埼スタに戻って宿敵・鹿島アントラーズとの一戦。再び中3日での戦いとなります。

 厳しい夏の連戦を乗り切れば、優勝への視界も一気に開けてきます。

 ここが勝負どころです。

 チームもサポも一丸となり、全力で「勝負の夏」を駆け抜けましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。