ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’14 第33節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’14 第33節)

 11月29日の土曜日。関東ではかなりしっかりした雨が降りましたが、西へいくほど天気は回復し、九州は晴れ。

 全国的に、この時期としては気温が高めの1日でした。

 この日、JリーグJ1の第33節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、サガン鳥栖とデーゲームでアウェイ・ベストアメニティスタジアムにて対戦。

 浦和は、前節、2位につけるガンバ大阪との天王山に敗れて痛い星を落としました。

 対する鳥栖は、ここ2試合連勝して調子を上げてきています。

 首位の浦和と勝ち点差「5」の4位につけ、優勝への希望をつないでします。

 浦和は、鳥栖のアウェイ戦はここ2年、完敗を喫している“鬼門”です。

 しかし、ここまできたらそんなことはいってられませんね。

 過去は過去、ぜひとも勝ち点「3」を持って帰りたいところ。

 どちらも優勝のために負けられない試合。力の入った熱戦を期待したいです。
 
 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 青木 阿部 宇賀神 柏木 梅崎 
 FW:李


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは阿部君と青木君のコンビ。

 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と梅崎君。1トップに李君。

 3分の浦和、右からのクロスを李君が頭で逆サイドに流したボールを宇賀神君がダイレクト右足で強烈なミドルシュートを放ちますが、惜しくもバーを叩きます。

 鳥栖の最終ラインの4人とボランチの2人でブロックをつくって中央の守備を固めます。

 攻撃では、持ち味の手数をかけないシンプルな攻めを徹底しています。

 サイドから速攻を仕掛けて、早いタイミングから長身の1トップ豊田選手をターゲットにどんどん放り込んできます。

 立ち上がりから、アウェイの浦和がペースを握ります。

 高い位置を取ろうとする鳥栖のSBの裏のスペースを有効に使って、チャンスをつくり出します。

 33分の浦和、ハーフウェイラインあたりでロングフィードのボールに反応した李君が相手ディフェンダーと入れ替わって抜け出します。

 さらに1人をフェイントで交わしてドリブルで突進、カバーに入ったディフェンダーと競り合いながら左足でシュートを放ちますが、わずかに左ポストの外に外れます。

 試合が進むとともに、鳥栖が徐々に盛り返します。

 ダイナミックな縦への攻撃の繰り返しが、浦和の守備陣へのボディーブローとなります。

 鳥栖の圧力を受けて、浦和の重心が後ろに下がり、守から攻への切替が遅くなります。

 40分の鳥栖、右からのスローインの流れから菊池選手の強烈な右足ミドルシュートが枠をとらえます。

 しかし、このボールは西川君がしっかりとキャッチ。ことなきを得ます。

 結局、前半は0−0、スコアレスで折り返します。

 前半のシュート数は浦和は3本、鳥栖も3本。

 内容もほぼ互角といってもいいでしょう。

 お互いの持ち味を出し合った、密度の高い45分でした。

 浦和は、ボールを支配し、サイドを起点に相手ゴールに迫りました。

 相手の最終ラインの背後をうまく突いてチャンスをつくりましたが、最後の精度を欠き無得点。

 鳥栖も数は少ないながらも、時折みせるカウンターは鋭いものがありました。

 左右から繰り出される正確なクロスに、前線の選手が体ごと飛び込んでいく。

 わかっているのに止めるのが難しい、そんな怖さが鳥栖の攻撃にはあります。

 お互いに守備の集中を切らさない緊迫した戦い。

 ミスをしたほうが負け。一瞬のスキが勝敗を分ける、そんな試合になりそうですね。

 後半開始。

 開始早々、浦和にビッグチャンスが訪れます。

 46分、右サイドを突破した森脇君がドリブルで最終ラインを突破、深い位置からマイナスに折り返します。

 逆サイドまで流れたボールを宇賀神君がシュートを打つと見せかけて、中央の李君にパス。

 フリーで受けた李君が左足でシュートを放ちますが、わずかにバーの上を超えていきました。

 51分の鳥栖、豊田選手が頭で落としたボールが池田選手の足元へ。

 池田選手が至近距離から右足でシュートを放ちますが、ボールはバーを越えていきました。

 65分、勝たなければならない浦和が2枚同時に選手交代のカードを切ります。

 梅崎司選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。平川忠亮選手に代わって関根貴大選手。

 マルシオは2シャドーの一角に、関根君は左WBへ入り、宇賀神君が右WBへ回ります。

 あくまでも点をとりにいくミシャ。

 その指揮官の思いが選手たちに伝わったのか、その直後、浦和に待望の先制点が入ります。

 68分、右サイドから斜めに走りこんだ李君が、ロングフィードに反応して最終ライン裏のスペースへ抜け出します。

 ペナルティエリアに入ったところで、相手ディフェンダーの後ろからのスライディングで倒されます。

 レフェリーの判定はファール。浦和がPKを獲得します。

 キッカーは、キャプテンの阿部君。

 プレッシャーのかかる場面でしたが、冷静に右足でゴール右隅に沈めました。1-0、浦和が先制します。

 この試合、味方がボールを持つたびに、相手の最終ラインの裏を狙う動きを繰り返していた李君。

 その献身的な動きが、この大事な場面でようやく実を結びました。

 この緊迫する場面でPKを決めた阿部君、さすがです。

 過去に多くの修羅場をくぐり抜けてきた経験がものをいいましたね。

 プレーでも精神面でも、なくてはならない存在。本当に頼りになるキャプテンです。

 このプレーで鳥栖の菊池選手が一発退場となり、浦和は、残り時間を1人多い状態で戦うことになります。

 浦和は数的優位を生かしてボールをキーブし、圧倒的に攻め続けます。

 決定機を何度もつくりましたが、鳥栖の体を張った守備にゴールを割ることはできません。

 残り時間10分を切ったところで、浦和は最後の交代カードを切ります。

 83分、宇賀神友弥選手に代わって永田充選手。

 長身の永田君を入れて、鳥栖のストロングポイントである「高さ」を封じる意図です。

 浦和は、ロングボールを放り込んでくる相手のパワープレーをはね返しつつ、数的優位を生かしてボールをキープして試合を閉めにかかります。

 このまま浦和がプラン通りに逃げ切るかと思われたアディショナルタイムにドラマが生まれます。

 90+4分、鳥栖は左コーナーキックを獲得します。

 キッカーの蹴ったボールが中央の小林選手の頭にピタリ。

 狙いすましたヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれました。1−1、鳥栖が土壇場で同点に追いつきます。

 ヘディングの強い選手がそろえた鳥栖のセットプレーは、浦和の選手たちは最も警戒をしていたはずですが、最後の最後にやられてしまいました。

 鳥栖がゴールキーパーの林選手まで参加させて執念でもぎとった同点ゴール。見事でした。

 その直後、試合終了のホイッスルが鳴り、結局、1−1の引き分けに終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 お互いに持てる力を出し切った熱戦は、痛み分けのドロー。

 両チームの選手たちのこの試合に賭ける気持ちが伝わるナイスファイトでした。

 ロングパスを主体に空中戦に持ち込もうとする鳥栖。あくまでパスをつないでゴールを目指す浦和。

 志向するサッカーのスタイルが正反対なため、やりにくさはあったでしょう。

 それでもお互いの良さを出し合った、見ごたえのある内容でした。

 浦和は、過去2年痛い目にあってきた鳥栖をしっかり研究していましたね。

 相手のエース豊田選手を那須君中心に徹底マーク、決定的な仕事をさせずに封じ込めました。

 攻めても、ラインコントロールが甘い鳥栖の守備の弱点を見事に突いて得点を奪うことに成功します。

 浦和は、主力選手を何名か欠いてベストのパフォーマンスを見せることができないなかでも、プラン通りに試合を進めていきました。

 残り数十秒、最後のワンプレーが本当に悔やまれます。

 しかしそれ以上に悔やまれるのが、数々の決定機を外し続けたこと。

 とくに先制点を奪った後、10人になって気落ちした相手に決めきれなかったことが勝ち切れなかった最大の原因です。

 1点リードで相手が1人少ないシチュエーションとなり、「もう大丈夫」と選手たちの気持ちが少しゆるんでしまったのでしょう。

 その甘さが命取りとなりました。

 優勝を狙うには、引き分けという結果は残念ですが、内容的には、この1年のチームの成長が感じられるものでした。

 昨季、同じ33節での対戦では鳥栖に完敗でした。

 浦和は、長いシーズンの戦いで体力的にも精神的にもスタミナを切らせてしまい、ミスを連発してカウンターから失点を重ねた苦い思い出があります。
 
 この日の浦和は、鳥栖のロングボールにも粘り強く対応し、集中を切らすことなく走り続けました。

 層が厚くなり、戦術理解もさらに深まったことで、選手たちがいつでも自分たちのサッカーをやり切れる自信を身につけたことが大きいですね。

 今季は今まで以上に、ベンチメンバーを含めた18人全員で戦っているという印象が強いですが、それを象徴する試合といえるかもしれません。
 
 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだ皆さん、本当にお疲れ様でした。

 浦和はこの引き分けで、ガンバ大阪と勝ち点で並びましたが、得失点差で2位転落となりました。

 自力での優勝は消えましたが、優勝の灯が消えたわけではありません。

 最終節は、ホームで名古屋グランパスとの対戦です。

 今季を締めくくる集大成となる大事な試合。

 最終的な順位はどうあれ、浦和らしいサッカーをやり切って、勝って今年を締めくくりましょう。

 あきらめない気持ちが奇跡を生みます。

「人事を尽くして天命を待つ」

 可能性がある限り、ベストを尽くすだけです。

 閉じかけた優勝への扉を再びこじ開けるためには、下を向いている時間はありません。

 選手、スタッフ、サポが一丸となって、最後の最後まで全力を尽くしましょう!

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。