ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 名古屋グランパス』(’14 第34節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 名古屋グランパス』(’14 第34節)

 12月6日の土曜日。関東は日中、澄み渡った青空が広がりました。

 空気は身を切るように冷たいです。12月に入り、いよいよ冬本番という感じですね。

 この日、JリーグJ1の第34節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、名古屋グランパスとデーゲームでホーム・埼玉スタジアム2002にて対戦。

 浦和は、前節、後半アディショナルタイムの失点でサガン鳥栖と引き分けました。

 その結果、勝ち点でガンバ大阪に並ばれ、得失点差で2位につけています。

 自力での優勝が消え、非常に厳しい状況に追い詰められた浦和。

 それでも、可能性がある限り、あきらめるわけにはいきません。

 この試合に勝つことに全力を尽くし、他会場の結果を待ちましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 青木 阿部 宇賀神 柏木 梅崎 
 FW:李


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは阿部君と青木君のコンビ。

 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と梅崎君。1トップに李君。

 試合は開始早々に動きます。

 2分の浦和、左からのコーナーキックを得ます。

 キッカーの柏木君の左足から放たれたボールが、ファーサイドで待ち構えていた槙野君へ。

 槙野君、マーカーをうまく抑えながら、フリーで強烈なヘディングシュートを放ちます。

 ボールはクロスバーに当たり真下に跳ね、そのままゴールイン。1-0、浦和が先制します。

 槙野君、気迫でゴールにねじ込みましたね。

 電光石火の先制点。この試合に懸けている選手たちの気持ちが表れた得点でした。

 名古屋の最終ラインは4人。闘莉王選手とボランチのダニルソン選手を中心にセンターを固めます。

 攻撃は、1トップの川又選手に預けてから、両サイドに散らしての速攻が狙い。

 9分の名古屋、小川選手が右足で強烈なシュートを放ちますが、クロスバーに弾かれて得点にはならず。

 点をとった序盤こそ、浦和がサイドからリズムよく攻め込んでいましたが、徐々に態勢を立て直した名古屋に押される展開となります。

 名古屋は、両サイドの攻撃的MF、永井選手と小川選手がサイドバックと連携しながら、鋭いアタックを繰り返します。

 浦和は、両WBとボランチが守備に追われる場面が多く、前線と最終ラインが分断して攻撃を組み立てられない苦しい状況が続きます。

 34分の名古屋、矢田選手がカウンターから右サイド、かなり遠い位置からミドルシュートを放ちますが、右ポストを直撃。

 浦和はまたしてもゴールマウスに救われ、命拾いをします。

 結局、前半は1−0、浦和リードで折り返し。

 得点こそ浦和がリードしていますが、決定機の数や内容では名古屋が上回った45分でした。

 闘莉王選手が陣取る名古屋のセンターは、さすがに堅いですね。

 その前にいるダニルソン選手も効いていました。

 浦和は中央でなかなか起点がつくれず、ボールを失っては名古屋の切れ味のあるサイドアタックを受けてしまいました。

 リードしているとはいえ、1点ではまったく安心できません。

 浦和の選手たちも、前節、いやというほど思い知ったことでしょう。

 1点を守り切るのではなく、2点目、3点目を取りにいく。

 その強い気持ちが、奇跡を呼びます。選手たちの奮起に期待したいです。

 後半開始。

 52分に名古屋のディフェンスのキーマン、闘莉王選手が負傷退場。

 ここから試合の流れが一気に浦和に傾きます。

 中央で起点をつくれるようになり、攻撃の幅が広がり、持ち前の波状攻撃を仕掛けるシーンが増えます。

 65分の浦和、負傷した宇賀神友弥選手に代わって関根貴大選手が入ります。

 右WBに関根君が入り、左WBに平川君が回ります。

 68分の浦和、カウンターから右サイドの関根君が抜け出し、ドリブルでゴール前に切れ込みます。

 最後は横パスを受けた逆サイドの阿部君が狙いすましたミドルシュートを放ちますが、わずかに左ポストの外。

 72分、名古屋の左サイドからのコーナーキック。

 キッカーの小川選手の左足クロスに中央の矢野選手がヘディングで合わせます。

 タイミングよく叩きつけたボールは枠をとらえますが、西川君が横に跳んで左手一本でかき出します。

 しかし、そのこぼれ球を狙っていたのは牟田選手が、カバーに入った槙野君より一瞬早くボールに触り、ゴールに蹴りこみました。1−1、名古屋が同点に追いつきます。

 浦和は、前節に引き続き、またしてもセットプレーからの失点です。

 点を取るしかなくなった浦和は、すぐさま選手交代。

 74分、青木拓矢選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。

 柏木君をボランチに下げる超攻撃的なオプションを採用します。

 82分の名古屋、カウンターから左サイドを突破、中央の川又選手がフリーでダイビングヘッド。

 しかし、ボールは右ポストをかすめてゴールラインを割りました。

 86分、浦和は最後の交代カードを切ります。

 平川忠亮選手に代わって鈴木啓太選手。

 89分の名古屋、右サイド浦和陣内でパスをカットし、左サイドへ展開。

 ボールを受けた永井選手がドリブルで独走し、そのまま右足を振り切りました。1−2、名古屋が逆転に成功します。

 浦和は完全に前掛かりになっていたので、この形での失点は仕方ないですね。

 永井選手のシュートも素晴らしかったです。

 アディショナルタイムは5分。

 浦和は、最後の力を振り絞って反撃しますが、名古屋の堅い守りをなかなか崩すことができません。
 
 90+3分の浦和、李君の左足シュートが枠をとらえますが、相手ゴールキーパーが弾いて惜しくもゴールならず。

 結局、1−2で名古屋の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 今季を締めくくる最終戦は、主導権が行ったり来たりのハラハラドキドキのエキサイティングな試合。

 幸先よく開始直後に先制点を奪った浦和でしたが、その後に攻撃のリズムが悪くなってしまいました。

「勝たなければならない」という気持ちが、選手たちの意識の重心をほんの少し後ろに向かわせてしまいましたね。

 優勝争いという極度のプレッシャーがそうさせるのでしょう。

 先制してから名古屋ペースの時間帯が多かったですが、浦和にも決定的なチャンスはいくつもありました。

 とくに後半、闘莉王選手が負傷退場したあとは、いつ浦和が追加点を奪ってもおかしくない状況。

 ここで2点目をとれなかったことが、最大の敗因となってしまいました。

 今季の浦和は序盤戦から、先に点を奪ったあとに落ち着いてしまい、2点目がなかなかとれずに苦戦するという試合が目につきました。

 中盤戦までは、守備陣の頑張りによって覆い隠されていましたが、守備の集中力が落ちてきた終盤戦に徐々に目立つようになりました。

 そして興梠君の負傷離脱により、大事な最終盤に解決されていなかった問題が一気に吹き出した格好です。

 西川君を守護神として迎えた今季、守備力については目を見張る成長を見せてくれました。

 選手層は厚くなり、攻撃の組み立てなどミシャのサッカーの戦術に対する理解度も大きく向上しました。

 それでも優勝に手が届かなかった理由を挙げるならば、『勝負どころでの決定力』ということになるでしょう。

「ここで決めれば、相手に与えるダメージが大きい」

「ここで決めれば、相手は立ち直れない」

 そういう場面で決めきれず、相手に合わせてペースを落としてしまう、精神的な甘さが優勝を逃した最大の理由です。

 中盤まで大きな勝ち点差をつけて独走しながらも、最後に失速しての2位。

 主力選手を怪我や病気で欠くというアクシデントもありましたが、それは他のチームにもあること。言い訳にはなりませんね。

 優勝するための実力が不足していた。ただそれだけのことです。

 本当に悔しいですが、この悔しさをバネにメンタルの部分を鍛え直し、来季こそ、悲願のリーグ優勝を勝ち取ってほしいです。

 スタジアムに足を運んだ皆さん、お疲れ様でした。

 そして、優勝という夢をシーズンの最後の最後まで見せてくれた浦和の選手、スタッフの皆さんには感謝したいです。

 本当にありがとう! お疲れ様でした。

 惜しくも夢は叶うことはありませんでしたが、この苦い経験は、来季の終盤に必ず生きてきます。

 これまで積み重ねてきたサッカーに上積みをし、さらなる進化を遂げた、新しい浦和を見せてくれることを期待します。

 監督がミシャに代わって4年目の来季こそは、夢を夢のまま終わらせず、実現するシーズンに。

 Jの頂点、そして、アジアの頂点へ再び!

 2015年も、選手、スタッフ、サポ一丸となって、駆け抜けましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。