ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ』(’15 1st 第1節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ』(’15 1st 第1節)

 3月7日の土曜日。関東は朝から雨が降ったりやんだりのぐずついたお天気。気温も低く、真冬に戻ったかのような厳しい寒さの一日でした。
 この日、JリーグJ1の開幕戦、第1節が各地で行なわれています。

 いよいよ待ちに待った2015年シーズンの幕開け。
 実力伯仲の戦国リーグ。今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。楽しみです。

 浦和レッズは、ナイトゲームで湘南ベルマーレと、アウェイ・Shonan BMWスタジアム平塚にて対戦。
 浦和は昨季、一時は首位を独走したものの終盤のまさかの大失速。残り2節で逆転され、2位に終わりました。

 今季は、ミシャが指揮して4年目。結果が問われるシーズンです。
 オフには攻撃陣を中心に、他チームがうらやむ大補強もしました。もう言い訳はできません。
 悲願のJ制覇に向けて、選手たちの奮起に期待したいです。
 
 対する湘南ベルマーレは昨季J2を圧倒的強さで勝ち上がりました。
 全員攻撃・全員守備、人数をかけた鋭いカウンターには要注意です。
 失うもののない強みで、真正面からぶつかってくるでしょう。油断は禁物です。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 青木 阿部 宇賀神 石原 武藤 
 FW:興梠



 試合開始。浦和のシステムは、今季もこれまでの同様3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは青木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーは石原君と武藤君の新加入組のコンビ。1トップに興梠君。

 開始早々、浦和にビッグチャンス。
 3分、右サイドでロングフィードに武藤君が反応、裏に抜け出して中央に折り返します。
 このボールに興梠君が飛び込みダイレクトで左足シュートを放ちますが、ディフェンスに当ってゴールラインを割りました。

 湘南の守備はフラットな3バック。守備時には両WBも戻り、浦和の5人の攻撃陣にマンツーマンで対応します。
 ワイドに開いた最前線の3人を中心に、浦和のディフェンスラインに激しいプレッシャーを掛けてきます。

 23分の湘南、カウンターから左サイドを深くえぐり三竿選手がセンターリング。フリーの大槻選手が至近距離から强烈なシュートを放ちますが、槙野君が身を挺して弾き出します。
 浦和は、絶体絶命の大ピンチでしたが、九死に一生を得ました。

 湘南の攻撃は、鋭いだけでなく思い切りがいいですね。
 カウンターでは、ボール持ち上がる選手の後ろから選手が次々と湧き上がります。
 圧倒的な数的優位をつくって、攻め切る攻撃は迫力十分です。

 実際、浦和は湘南のカウンターを恐れて、前線への効果的なパスを出せなくなります。
 中盤でボールを支配するも、湘南の前掛かりの厳しいプレスに恐る恐るパスを回している感じです。

 先制点は、ホームの湘南。
 36分の湘南、右サイドを攻め込みセンターリング。ボールを受けたゴール前の大槻選手が森脇君に背後から抱え込まれて倒されます。
 きわどいプレーでしたが、主審の判定はファール。湘南にPKが与えられます。
 キッカーは遠藤選手。プレッシャーのかかる場面でしたが、右足で冷静にゴールネットを揺らしました。0−1、湘南が先制します。

 この失点で目が覚めた浦和もすぐさま反撃。
 41分、左サイドで武藤君がファールを受け、フリーキックのチャンスを得ます。
 キッカーの宇賀神君の右足でのセンターリングを興梠君が相手ディフェンスと競り合いながらバックヘッド。
 そのままゴールに吸い込まれました。1−1、浦和がすかさず同点に追いつきます。

 興梠君、ゴールを背にした難しいプレーでしたが、うまく先にボールに触りました。
 ゴールに対する感覚と、身体能力の高さは相変わらずですね。

 前半はそのまま1−1、同点のまま折り返します。
 シュート数は、浦和が4本、湘南が6本。
 ボールの支配率こそ浦和が上回ったものの、試合のペースは完全に湘南。

 浦和にボールをあえて、持たせて激しいプレスからボールを奪って、必殺のカウンターを繰り出す。
 湘南の戦術は、シンプルですが効果的に機能しました。
 浦和が攻撃がちぐはぐで湘南のディフェンスに圧力を掛けられなかったことも、火に油を注いでしまいました。

 浦和は、湘南にカウンターを繰り出させないためにも、パスの精度をさらに上げなければなりません。
 ピッチを広く使った連続攻撃で、湘南を自陣深くに追い込んだまま押し切ってしまいたいところ。

 後半開始。
 浦和はハーフタイムで1枚目の選手交代。
 HT、負傷の興梠慎三選手に代わって高木俊幸選手が入ります。
 高木君は2シャドーの一角へ。石原君が一列上がって1トップへ。

 後半は、立ち上がりから浦和のペース。
 選手たちのプレーが落ち着き、持ち味のパスワークにようやくリズムが出てきました。

 57分の浦和、湘南陣の左サイドでフリーキックを得ます。
 ゴールからかなり遠い位置でしたが、キッカーの高木君は直接シュートを狙います。
 強烈なボールが湘南ゴールを襲いますが、バーに弾かれて惜しくもゴールならず。

 湘南は、前半のオーバーペースが影響しているのでしょうか。
 前線からのプレスが効かなくなり、自陣に押し込まれる場面が目立つようになります。

 ここが勝負どころと見たミシャが2枚目の選手交代のカードを切ります。
 70分、平川忠亮選手に代わって関根貴大選手。
 関根君はそのまま右WBへ。

 75分の浦和、右サイドに流れた森脇君から逆サイドにグラウンダーの横パスを、石原君がスルー。
 逆サイドに流れたボールを後ろからフォローした宇賀神君が右足ダイレクトで強烈なシュート。
 見事、ゴール逆側のサイドネットに突き刺さりました。2−1、浦和が逆転に成功します。

 森脇君はパスはおそらく石原君へのものでした。
 石原君は後ろから駆け上がってきていた宇賀神君の動きを確認していたのでしょう。
 石原君の素晴らしい判断が生んだ得点でした。
 宇賀神君のシュートも、しっかり狙いを定めたコントロールショット。見事でした。

 さらに追い打ちを掛ける浦和。
 77分、青木君の右サイドからのクロスがファーサイド、ゴール前に残っていた那須君の頭にピタリと合いました。
 那須君、しっかり狙い定めてヘディングシュート、見事ゴールネットを揺らしました。3−1、浦和が突き放します。

 これまで何度もチームのピンチを救ってきた那須君のヘッド。
 この大事なシーズン初戦でも炸裂しました。本当にここぞというときに頼りになる選手です。

 アディショナルタイムは4分。
 スタジアムの浦和サボからは、「Pride of URAWA」の大合唱が始まります。
 湘南は、最後の力を振り絞って反撃しますが、浦和がしのぎ切りそのままタイムアップ。
 3−1で浦和の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 どちらにとっても今季を占う大事な一戦は、浦和がJ1先輩の意地をみせて勝利を収めました。
 前半は湘南、後半は浦和。前後半で試合の流れがガラッと変わりました。

 勝敗を分けたポイントはハーフタイムでの浦和の選手交代でした。
 得点を奪ったセットプレーでゴールキーパーと接触した影響で負傷した興梠君が交代を余儀なくされます。
 前線のターゲットを失った浦和は、システムを変更して3トップ気味にします。
 シャドーの二人(武藤君、高木君)がワイドに開いたことで、両WBが少し下り目のポジションをとるようになりました。
 湘南の守備は、このシステム変更に対応しきれず、宇賀神君と関根君が自由に動き回ることができました。
 興梠君の代わりに入った高木君も、清水で慣れ親しんだウイングの位置に入って、いいアクセントになっていました。
 パンチ力のある思い切りのいいシュートも魅力です。

 興梠君がいなくなって戸惑ったのは、むしろ湘南の方だったのかもしれませんね。
 潰すべきターゲットがなくなり数的優位をつくれず、両サイドで1対1を仕掛けられて防戦一方になりました。
 浦和は、まさに「怪我の功名」のような勝ち点3を手にしました。

 スコアこそ2点差の快勝でしたが、内容的にはほとんど差はありませんでした。
 湘南が前半の決定機のどれかを決めていれば、勝者と敗者が入れ替わっていたでしょう。
 それだけきわどい勝負でした。

 浦和が苦戦した最大の原因は、攻撃時の連携の悪さです。
 前線の選手が大幅に入れ替わったこともあり、昨季の後半に見られた流れるようなパスワークも、ダイレクトプレーで相手の守備を切り裂く場面もまったく見ることができませんでした。
 パスの入れどころに困りあたふたしているところを湘南に狙われてしまいました。
 前線からの激しいプレスにかかり、ボールを失ってはカウンターをくらう始末。

 そんな状況でも個人の力だけで逆転してしまうのはこのチームの凄さです。
 ここにチームとしての意思の疎通が図れるようになれば、鬼に金棒ですね。

 とはいっても、今季から加入した選手が浦和の戦術になじむまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
 しばらくはこの試合のように、セットプレーや個人の打開力に頼らなければならない試合が多くなるでしょう。
 それでもしぶとく勝ち点を積み重ねていくことが、優勝を狙う上で不可欠になります。

 試合を通じて戦術の徹底をしながら、勝利を重ねていく。
 浦和の選手たちは、この難しい作業をこなしながらシーズンの序盤戦を戦わなければならないということですね。
 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の予選も重なり、ハードなスケジュールの前半戦。
 選手の起用方法も含めて、ミシャの手腕も問われます。

 選手の皆さん、真冬のような寒さの中スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次は、いよいよホーム開幕戦です。同じく昇格組のモンテディオ山形を埼スタに迎えての一戦。
 今季から2ステージ制となり、短期決戦となりました。これまで以上に勢いが大事になります。
 連勝で波に乗り、スタートダッシュを仕掛けてそのままゴールまで突っ走りたいですね。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
▲ Page Top
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。