ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第3節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第3節)

 3月22日の日曜日。全国的に穏やかな一日。曇りがちでしたが気温はこの時期にしては高く、体を動かしていると汗ばむくらいの陽気でした。

 この日、JリーグJ1の第3節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームでサンフレッチェ広島と、アウェイ・エディオンスタジアム広島にて対戦。

 前節、浦和はJ2からの昇格組のモンテディオ山形の挑戦を退け、開幕2連勝を飾りました。
 内容的には、まだまだ物足りないですが、しっかり勝ち点3を積み重ねているのは評価すべきでしょう。

 対するサンフレッチェ広島は、前節、同じく松本山雅FC相手にアウェイで白星を飾っています。
 こちらも開幕2連勝、勝負強さは今季も健在です。

 ちょっと気が早いですが、注目の“首位対決”となったこの一戦。それにふさわしい熱戦を期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:梅崎 柏木 阿部 橋本 石原 李
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもと同じ3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に梅崎君、左に橋本君。2シャドーは石原君と李君のコンビ。1トップに興梠君。

 広島は、守備のときはボランチの一角が最終ラインに入る変則4バック。
 攻撃のときは両WBまで最前線に上がり、5人が横並びになる形。
 浦和と瓜二つのフォーメーション。いわゆる、「ミラーゲーム」です。
 お互いに手の内を知り尽くしているため、難しい試合になりそうです。

 10分の広島、左サイド縦パスに抜け出した柏選手が、ペナルティエリア内に侵入し、マイナスのグラウンダーで折り返し。
 ゴール前中央で待ち構えていた森崎(浩)選手が左足ダイレクトでシュートを放ちますが、浦和ディフェンダーが触ってコーナーキックに逃れます。

 20分の浦和、広島ゴール前中央で石原君とパス交換をした森脇君が右足で強烈なミドルシュートを放ちます。
 ボールは枠をとらえましたが、相手ゴールキーパーが横っ飛びでこれを弾き出し、惜しくもゴールならず。

 広島は思ったほど前からプレッシャーを掛けてきません。
 浦和がボールを保持すると、しっかり引いてブロックをつくります。
 ただ、ボールを奪ったあとのカウンターは相変わらず鋭いですね。

 浦和はボールは支配するものの、前線でのコンビネーションがいまいちかみ合わず、フィニッシュまで持ち込めません。
 広島の守備の網に引っかかってカウンターをくらい、危ないシーンも何度かつくられました。

 43分の広島、佐藤選手が左サイド、茶島選手からスルーパスに反応し最終ラインの裏に抜け出してダイレクト左足でシュート。
 ボールは右ポストをわずかにかすめてゴールラインを割りました。

 前半はそのまま0-0、スコアレスで同点のまま折り返します。
 シュート数は、浦和が5本、広島が9本。
 シュート数だけでなく、決定機の数や内容からも、広島が優位に進めた前半。
 広島は、少し引き気味でカウンター狙いを徹底していました。
 とくに、左サイド(浦和の右サイド)の裏のスペースを執拗に突いてきましたね。
 浦和は相手のカウンターをきっちりケアしつつ、攻撃のミスを減らしてフィニッシュまでやり切るようにしたいところ。
 
 後半開始。
 攻撃のギアを上げたい浦和は、早めの選手交代で勝負をかけます。
 56分、李忠成選手に代わってズラタン選手。
 56分、石原直樹選手に代わって鈴木啓太選手。

 ズラタンは1トップの位置に、啓太はボランチの位置に入ります。
 一列下がった興梠君と一列上がった柏木君が2シャドーのコンビを組みます。

 61分の広島、左サイド柏選手からのグラウンダーのクロスを受けた青山選手が右足で強烈なシュートを放ちます。
 ボールは枠をとらえましたが、ここは西川君が左に跳んでブロック。ゴールを割らせません。

 ここで浦和は最後の交代カードを使います。
 64分、橋本和選手に代わって加賀健一選手が入ります。

 加賀君は右ストッパーに入ります。梅崎君が左WBに回り、森脇君が一列上がって右WBに入ります。

 65分の浦和、ゴール前中央でディフェンダーを背負ったズラタンが右足で強引にシュート。
 相手ディフェンダーに当たった山なりのボールが広島ゴールを襲いますが、相手ゴールキーパーがなんとか弾き出します。

 その後も、浦和がボールをキープして広島を自陣に押し込んだまま優位に試合を進めます。

 広島は、前半から徹底してカウンター狙い。
 しかし、その頼みのカウンターも疲れからか精度を欠いてチャンスすらつくれません。

 アディショナルタイムは3分。
 浦和は、最後まで人数を掛けて一方的に攻め続けるも、1点が遠く、そのままタイムアップ。
 0−0のスコアレスドローに終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 実力チーム同士、似たチーム同士の対戦は、痛み分けに終わりました。
 前半は広島、後半は浦和と試合の流れは変わりましたが、両チームともチャンスを生かせませんでした。
 
 浦和は過去2試合同様、前線で起点がつくれずに苦戦しました。

 広島は前半、あえて浦和にボールを持たせ、しっかりブロックをつくって守っていましたね。
 浦和に攻め疲れをさせたところを、一気に片を付けようという意図からでしょう。
 0-0で折り返した前半は、まさに広島の狙い通りの展開。

 広島に傾いていた流れを変えたのは、浦和の選手交代でした。
 ミシャは、後半早々に2枚の交代カードを切って、攻撃のテコ入れをします。
 前線の3枚、1トップと2シャドーをまるごと入れ替える荒療治が功を奏しました。

 とくに効いたのは、ズラタンを1トップに入れたことです。
 ズラタンは高い足元の技術と大きな体を生かして、最前線でボールをしっかり収めていました。

 浦和はそれまで広島の堅いマークに苦しんで、クサビのパスを通すことができませんでした。
 ズラタンを入れたことで攻撃のスイッチが入り、最終ラインを高い位置でキープして、浦和らしい攻撃の形が出せるようになりました。
 得点こそ奪うことはできませんでしたが、後半は終始、広島を押し込み、アウェイで価値ある勝ち点1を得ました。

 この日の広島のように、前半はあえてボールを持たせて、疲れの見え始めた後半に勝負をかけることが浦和対策の常套手段となりつつあります。
 いいときの浦和なら、それでもお構いなく相手の守備をこじ開けてゴールを奪って自分たちのペースで試合を進めることができます。
 しかし、今の浦和は選手間で意思の疎通があまりとれていないため、攻撃がちぐはぐになり、フィニッシュにいく前にボールを失い、カウンターをくらってピンチを招くことシーンが多く見られます。
 それでも、後半選手交代をきっかけに立て直すことができるのは、戦力が豊富で地力のあるチームである証拠ですね。

 オフの大量補強のいい面と悪い面がどちらも出る、今季の序盤戦を象徴する試合となりました。
 この試合を見る限り、選手もサポも、まだまだ我慢が必要な展開が続きそうですね。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次のリーグ戦は、日本代表戦の関係で2週間空き、浦和は松本山雅FCとホーム・埼スタで対戦します。
 この日勝ち点1を加えて、首位のまま気分よく中断期間に入ることができます。

 浦和の課題ははっきりしています。「戦術の徹底と選手間の意思の疎通」です。
 この中断期間を利用して、その部分を徹底的に鍛え上げて、生まれ変わった浦和のサッカーを見せてほしいです。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。