ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『川崎フロンターレ vs 浦和レッズ』(’15 1st 第5節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『川崎フロンターレ vs 浦和レッズ』(’15 1st 第5節)

 4月12日の日曜日。関東は、久しぶりに朝から晴れ間が広がりました。春風が心地よい一日。

 この日、JリーグJ1の第5節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ナイトゲームで川崎フロンターレと、アウェイ・等々力陸上競技場にて対戦。

 前節、浦和は昇格組の松本山雅FCに格の違いを見せつけ、勝利しました。
 対する川崎フロンターレも、ホームでアルビレックス新潟相手に4得点を奪って快勝。調子は上向きです。

 リーグ戦での現在の順位は、浦和が首位で川崎が4位で、勝ち点差は「3」。
 この試合の結果によっては順位が入れ替わる可能性がある、優勝争いを占う上でも大事な一戦です。

 攻撃が持ち味のチーム同士によるJ屈指の好カード。
 両チームのプライドを賭けた熱い戦いに期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 石原 高木
 FW:ズラタン


 試合開始。浦和のシステムは、いつもと同じ3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。2シャドーは石原君と高木君のコンビ。1トップにズラタン。

 両チームとも慎重な立ち上がり。
 浦和は、相手ボールになると、素早く最終ラインに5人を並べてゴール前を固めます。
 川崎の強力な攻撃陣を警戒して、これまでよりも後ろに重心をかけた戦術をとっています。

 川崎はフラットな3バック。最終ラインを高く保ち、中盤で厳しいプレスを仕掛けます。
 ボールを奪うと、素早く破壊力のある2トップに縦パスを入れてカウンターを狙いにいきます。
 ゴール前に人数をかける浦和守備の狭い隙間を狙って果敢に縦パスを入れてきますね。

 時間が経つにつれて、「攻めの川崎」と「守備の浦和」という構図が鮮明になっていきます。
 浦和は、守備から攻撃の切り替えが遅く、前線までボールが届かずに攻撃の形ができない苦しい展開が続きます。

 32分、浦和は右からのコーナーキックを得ます。
 キッカーの高木君の右足から放たれたボールがファーサイドの槙野君の頭にドンピシャで合います。
 槙野君の強烈なヘディングシュートが川崎ゴールを襲いますが、クロスバーの上をわずかに越えていきました。

 そのすぐ後に、川崎が反撃。
 35分、車屋選手が左サイドをドリブルで突破、マークする選手を振り切り、ゴールライン際からグラウンダーで折り返します。
 ゴール前で待ち構えていたのは、森谷選手。
 森谷選手、右足インサイドでコースを狙って冷静にシュート。見事、ゴール左隅に流し込みました。0−1、川崎が先制です。
 浦和は守備の人数は十分そろっていましたが、集中力が途切れていたのでしょうか。
 簡単にカットインを許し、最後のシュートもフリーで打たれてしまいました。

 前半はそのまま0-1、川崎がリードして折り返します。
 シュート数は、浦和が4本、川崎が6本。
 スコアやシュート数が示すように、川崎ペースの前半。
 浦和は、これまでの戦いとは違い、長い時間守備を強いられる苦しい展開でした。
 守備から入る戦術でしたが、気持ちまで守りに入ってしまいましたね。

 リードを許した浦和は、ここまでのように相手の攻撃を人数かけて守るだけではいけません。
 攻撃のギアを上げて、自ら主導権をとって攻めこむ必要があります。
 選手交代を含めて、さらなる奮起を期待したいです。
 
 後半開始。
 前半とは打って変わり、浦和が積極的に前がかりに攻め込み、川崎がカウンター中心に応戦します。
 川崎は、前半にも増してリズムよくパスを回して、浦和のプレスをかいくぐります。

 浦和は、川崎の鋭いカウンターに手を焼いて、なかなか攻撃のリズムをつくることができません。
 攻めようという気持ちだけが空回りし、ジリジリするような展開が続きます。

 62分、浦和にアクシデント発生。
 相手との競り合いで左膝を痛めた石原君が負傷退場となります。

 62分、石原直樹選手に代わって武藤雄樹選手。

 浦和は、立て続けに2枚目の選手交代のカードを切ります。

 68分、高木俊幸選手に代わって梅崎司選手。
 武藤君と梅崎君はそのまま2シャドーのコンビを組みます。

 フレッシュな攻撃的な選手を入れて、必死に反撃を試みる浦和。
 このあたりから、ようやく最終ラインを高く保って分厚い攻撃を仕掛ける、いつもの浦和らしいサッカーが見られるようになります。
 押せ押せの浦和。勢いに乗って川崎ゴールを目指します。

 浦和は、残り時間もわずかとなったところで最後の選手交代。
 88分、関根貴大選手に代わって李忠成選手。

 スタンドの浦和サポからは、「We are REDs!」の大合唱。
 そのサポの熱い気持ちに選手たちが応えます。

 89分の浦和、川崎陣の右サイドでフリーキックを得ます。
 キッカーの柏木君は、川崎のディフェンスラインの裏に速いボールを送り込みます。
 そのクロスに、ニアサイドで飛び込んだのはズラタンでした。
 相手マークを振り切り、裏のスペースに抜け出したズラタンが、ゴール右隅に強烈なヘディングシュートを叩き込みました。1−1、浦和が土壇場で同点に追いつきます。

 ズラタンは、相手マークを振り切ってフリーになる動きが素晴らしかったです。
 コントロールされたヘディングシュートも見事でした。

 柏木君も、ゴールキーパーと相手ディフェンスの間のスペースを狙った絶妙のクロス。さすがですね。

 アディショナルタイムは5分。
 勝ち点「3」がほしい両チームは最後まで死力を尽くして攻め合いましたが、どちらもゴールまであと一歩届かず。
 そのままタイムアップ、結局、1−1の引き分けに終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 Jを代表する強豪同士の対戦は、勝ち点「1」ずつを取り合った痛み分け。
 得点こそ、お互いに1点ずつでしたが、随所にレベルの高いプレーが飛び出す好ゲームとなりました。

 試合は、最後の数分を除いては、ほぼ川崎の狙い通りの展開。
 前半に先制点を奪い、その後は質の高いパスワークで浦和のプレスを翻弄し続けました。

 浦和は、前線で起点がつくれず、攻撃のスイッチがなかなか入りませんでした。
 前線の連携の悪さは相変わらず。3人目の動きがなく、単発で終わってしまう攻撃が多くて物足りなさを感じました。
 ボールを失うことを恐れて、安全な足元を狙ったパスを選択する場面が目立ちました。
 人が流動的に動き、縦パスをどんどん狙ってくる川崎と比べると、その差は歴然でした。

 前線のメンバーをほぼ固定して戦う川崎と、毎試合メンバーを入れ替えながら試行錯誤している浦和。
 戦術の理解度において大きな差があるのは、ある意味、仕方がないことです。

 ただ、チャレンジする姿勢においても、川崎に大きく水を開けられていたのは、「悔しい」のひと言です。

 失点シーンは、関根君のマークの甘さを川崎に突かれたものでした。
 関根君にはこの苦い経験を教訓にし、今後のプレーに活かしてほしいです。

 ただ、攻撃面に関しては、関根君のドリブルは効いていましたね。
 とくに、川崎に押し込まれた前半に関しては、右サイドで孤軍奮闘していた姿が印象的でした。
 他の選手も、見習ってほしいところです。

 浦和にとっては、押し込まれながらもアウェイでもぎ取った勝ち点「1」は、とても大きな価値を持ちます。
 どんなに劣勢でも我慢に我慢を重ねて、最後に追いつく粘り強さは、昨季の浦和にはなかったものです。
 長いシーズン、うまくいく日だけではありません。
 この日のような試合でどれだけ勝ち点を伸ばすことができるかが、最終的な順位を大きく左右します。
 これからも、泥臭く、勝ち点を一つひとつ積み重ねていってほしいです。
 
 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、今週末に横浜F・マリノスとホーム・埼スタで対戦します。
 この試合からゴールデンウィークが終わるまで、週2回のハードスケジュールが続きます。
 優勝に向けての最初の関門。コンディションを整えて、チーム一丸となって乗り越えてほしいです。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。