ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 横浜F・マリノス』(’15 1st 第6節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 横浜F・マリノス』(’15 1st 第6節)

 4月18日の土曜日。関東は、朝から気持ちのいい青空が広がりました。
 吹く風も心地よく、「春らんまん」という言葉がふさわしい爽やかな一日。

 この日、J1リーグ1stステージの第6節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームで横浜F・マリノスと、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦。

 前節、浦和は、川崎フロンターレ相手に終了間際に追いついてアウェイで引き分け、貴重な勝ち点「1」を手にしました。
 対する横浜も、後半ロスタイムに劇的な同点弾を決めて、ベガルタ仙台と引き分けました。

 同じように苦しみながらも、土壇場で勝ち点をもぎ取った両チーム。
 この試合もしっかりものにして、勢いに乗るのはどちらか。注目しましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 梅崎 武藤
 FW:ズラタン


 試合開始。浦和のシステムは、いつもと同じ3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に武藤君、左に梅崎君。1トップにズラタン。

 横浜は最終ラインに4人のディフェンスを並べています。
 中盤ではかなり激しくプレッシャーをかけていますね。
 攻撃では、相手ボールを奪ってから素早くスピードのある前線の選手につなぎ、カウンターを狙う戦術を徹底しています。

 10分の浦和、左サイドからオーバラップした槙野君がカットインし、ゴール前のズラタンのパス。
 ズラタン、ワントラップから右足で强烈なグラウンダーのシュートを放ちますが、ボールは左ポストのわずか外。

 立ち上がりから、ホームの浦和がボールを支配し、優位に試合を進めます。
 ボールを奪うと素早くサイドに展開し、攻撃の起点をつくり、リズムよく横浜陣に攻め込みます。
 
 28分の横浜、カウンターから右サイドのアデミウソン選手が抜け出し、中央へグラウンダーのクロス。
 フリーで待ち構えていた伊藤選手が右足ダイレクトでシュートを放ちます。
 この絶体絶命のピンチは西川君が横っ飛びして防ぎ、ことなきを得ます。

 しかし34分、横浜が自陣でボールを奪ってカウンターを発動。三門選手がドリブルで持ち上がり、そのままスルーパスを放ちます。
 伊藤選手が反応して裏のスペースに抜け出し、トラップから右足でシュート。
 西川君が反応して必死に体に当てましたが、無情にもそのままゴールイン。0−1、横浜が先制します。

 浦和のディフェンスは、伊藤選手の裏に飛び出す動きについていけませんでした。
 トラップからシュートにもっていく動きはストライカーとしての能力の高さを感じさせました。
 三門選手のスルーパスも素晴らしかったです。

 42分の浦和、左サイドでキープした柏木君が大外を駆け上がった宇賀神君へパス。
 宇賀神君はダイレクトで中央へクロス、武藤君がワントラップして右足シュートを放ちます。
 このボールは右ポストに弾かれますが、こぼれ球に自ら反応した武藤君が左足で冷静に押し込みました。1−1、浦和が同点に追いつきます。

 武藤君、トラップして浮いたボールを地面に着く前にシュートを打った判断の良さが光りました。
 思わぬタイミングでのシュートに相手ゴールキーパーは意表を突かれたでしょう。
 シュートを打った後も、気を抜かずにしっかりゴール前に詰めていたのはさすがですね。

 キープしながら味方選手の上がりを待った柏木君のタメをつくる動き、宇賀神君のクロスの質、どちらも素晴らしかったです。

 武藤君は、これが移籍後初ゴールです。
 これからさらに得点を量産してくれるでしょう。

 追いついた浦和の勢いは止まりません。
 45+1分、左サイドを持ち上がった槙野君からパスを受けた宇賀神君がダイレクトでグラウンダーのクロス。
 ボールを受けたファーサイドのズラタンが、ワントラップから右足シュート。
 このシュートは相手ゴールキーパーの好守で弾かれますが、そのこぼれ球を右サイドの関根君が素早く拾ってゴールライン際からマイナスの折り返し。
 中央で待ち構えていた梅崎君がフリーで飛び込み、ヘディングシュートを叩きつけます。
 ボールは見事、ワンバウンドしてゴールに飛び込ました。2−1、浦和が逆転に成功します。

 浦和らしい、ピッチを幅広く使った連続攻撃からの得点。
 左右から揺さぶられた横浜の守備陣はついていくことができず、梅崎君にフリーでシュートを打たせてしまいました。
 梅崎君もこれが今シーズン初得点。このゴールをきっかけに乗っていてほしいですね。
 
 前半はそのまま2-1、浦和がリードして折り返します。
 シュート数は、浦和が9本、横浜が6本。
 予想に反して、お互いの攻撃の持ち味を出しあい見応えのある前半でした。
 横浜の守備は、センターバック2枚とボランチの2枚で中央を固めて、浦和のクサビのパスを奪う狙いですね。
 先制点は、まさにその形から生まれたものです。

 浦和は、横浜のストロングポイントである中央をあえて外し、サイドからの攻めを多用しています。
 この作戦が功を奏しましたね。サイドで圧倒した浦和がきっちり2得点を奪い逆転しました。
 いつになく攻撃に勢いのある浦和。このまま後半も守りに入ることなく、攻め切りたいところ。
 
 後半開始。
 試合は、前半から変わらず浦和のベース。
 前がかりにくる横浜のパスを奪って素早くサイドに展開、横浜ゴールを脅かします。

 52分の横浜、ゴール前でポストになった伊藤選手がワンタッチで落としたボールをアデミウソン選手が拾って西川君と1対1に。
 アデミウソン選手は西川君の動きを見て冷静に右足シュートを放ちます。
 ボールは西川君の足の下を抜け、無人のゴールへ転がります。
 誰もが失点を覚悟したそのとき、カバーに入った阿部君がゴールラインギリギリで右足に当ててクリア。なんとかゴールの外に弾き出します。
 浦和は絶体絶命のピンチでしたが、キャプテンのスーパープレーで間一髪で救われます。

 追加点を奪いにいく浦和は、立て続けに選手を投入します。
 77分、梅崎司選手に代わって高木俊幸選手。
 82分、ズラタンに代わって李忠成選手。
 高木君は左のシャドーに、李君はワントップに、それぞれ入ります。
 
 フレッシュな選手を前線に投入した浦和は、積極的にプレスをかけてカウンターを狙い続けます。

 87分、関根貴大選手に代わって加賀健一選手が入ります。
 加賀君は右ストッパーに入り、森脇君が一列上がって右ワイドに入ります。

 残り時間が少なくなったところで守備を固めて、試合を締めにかかる浦和。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、横浜の最後の反撃を体を張った守備でしのぎ切り、タイムアップ。
 2−1で浦和の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 両チームの攻撃意識が強く、ゴール前でのスリリングなシーンが多かったこの試合。
 白熱した熱戦を制したのは、決定機を確実にものにした浦和でした。

 試合の流れを決めたのは、サイドでの攻防。
 横浜は強力な2枚のセンターバックを中心に、ゴール前で起点を作らせない守備を徹底していました。
 それに対して浦和は、中央を無理にこじ開けようとせず、手薄となったサイドを意識的に突くことで主導権を握りました。

 浦和のサイド攻撃が機能したのは、1トップとしてゴール前で体を張り続けたズラタンの活躍があってこそ。
 相手の徹底マークに遭いながらも、しっかりボールを収めてターゲットマンとしての役割をきっちりこなしたのはさすがです。
 また、ズラタンが両サイドに流れることで空いた中央のスペースに後ろの選手が飛び込んでチャンスをつくる場面も多く見られました。
 浦和の前線の動きがかなり流動的だったため、横浜の守備もかなり戸惑っていましたね。

 攻撃陣の頑張りが目立ったこの試合。そのなかでも関根君の存在は一際光っていました。
 ワイドに開いた位置から裏のスペースを狙い続け、ドリブルで相手ゴールへ切れ込んでいく様は圧巻でした。
 右のシャドーに入った武藤君とのコンビも絶妙。
 お互いにスペースを消し合うことなく、良さを引き出し合ってチャンスを量産していました。
 相手のサイドアタッカーを自陣に釘付けにし守備に追わせた、見えない貢献も大きいですね。

 これまで浦和のサイド攻撃は、左に偏る傾向がありました。
 関根君が右ワイドに入る今季は、右からの攻撃の頻度が明らかに増えています。
 左右バランスのとれた攻撃が可能となり、相手はマークを絞りきれずに対応が難しいでしょう。
 突破力のあるサイド攻撃は、浦和の生命線です。さらに磨きをかけていってほしいです。

 一方、真ん中の1トップと2シャドーのコンビネーションはまだまだ。
 シャドーのポジションが試合ごとに変わる現状もあり、一朝一夕に改善される部分ではないのでしょう。
 1トップのズラタンが機能し始めた今、彼を中心に誰を組み合わせるのがいいのか、そろそろ“最適解”がほしいところです。

 流れの中からの2得点、しかも攻撃的な選手が決めた得点で見事な逆転で勝利を収めました。
 内容的には、今季一番といえる試合。
 これまで個人の能力に頼っていた攻撃が、ようやく組織として機能し始めた感じ。
 これからの戦いに期待を抱かせる勝利でしたね。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 次節は、水曜日にACL(ホーム・水原三星戦)を挟み、週末に名古屋グランパスとホーム・埼スタで対戦します。
 首位の座を譲ることなく、ゴールデンウィーク連戦を乗り切り、このまま優勝まで突っ走りたいところ。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。