ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第8節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第8節)

 4月29日の水曜日。関東は、雲は多めでしたが、晴れの一日。
 ゴールデンウィークのスタートにふさわしい、気持ちのいい天候でした。

 この日、J1リーグ・1stステージの第8節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ナイトゲームでヴァンフォーレ甲府と、アウェイ・山梨中銀スタジアムにて対戦。

 浦和は、前節、名古屋グランパスを攻守ともに圧倒し、勝利を収めました。
 ホーム2連戦を連勝し、ここまで無敗。首位をきっちりとキープしています。

 対する甲府は、アウェイで川崎フロンターレに完敗。
 リーグ戦5連敗中で順位も最下位と苦しい状況が続いています。

 リーグの首位と最下位のチーム同士の対戦。
 今季の両チームの成績だけを見れば、浦和が圧倒的に有利です。
 しかし、必ずしも実力や過去のデータどおりに進まないのが、サッカーの面白さです。

 浦和が格の違いを見せつけることができるか。それとも、甲府が意地をみせ、大番狂わせを起こすのか。注目しましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 梅崎 武藤 高木
 FW:ズラタン


 試合開始。浦和のシステムは、いつもと同じ3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に梅崎君。シャドーは右に武藤君、左に高木君。1トップにズラタン。

 甲府は5人+4人の2ラインで守備のブロックを形成、ゴール前をがっちり固めます。
 攻撃は、ボールを奪ってから、スピードのある前線の選手に素早く預けるカウンターにすべてをかけます。

 案の定、立ち上がりから、浦和がボールを支配して試合を優位に進めます。
 大小多彩なパスを織り交ぜ、甲府陣に空いたわずかなスキを突いてゴールに迫ります。

 浦和は、中盤の守備もいいですね。
 ボールを奪われた後、素早くボール保持者を2、3人で囲んで激しくプレッシャーを掛け、相手に速攻を許しません。

 前半8分の浦和、左コーナーキックを得ます。キッカーは柏木君。
 左足から放たれたボールは、相手ゴールキーパーがわずかに触ってファーサイドに流れます。
 そのボールを武藤君が右足アウトサイドでダイレクトで合わせてシュート。
 しかしボールはわずかにバーの上。

 その後も圧倒的に攻めこむ浦和。
 しかし、相手の体を張った守備にも手こずり、得点を奪うことができません。

 42分の浦和、左サイド武藤君から大外を駆け上がった梅崎君にパス。
 梅崎君が深い位置からクロスを送り、ニアに飛び込んだズラタンがヘディングシュートを放ちます。
 しかし、ボールは右ポストの外に外れて得点ならず。

 そのまま0-0、両チーム無得点のまま折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が4本、甲府が2本。
 ボール保持率、内容でも圧倒した浦和でしたが得点は奪えず。
 ラストパスやシュート、最後のところの精度がいまいちでした。
 前半は無失点で耐え、後半ワンチャンスを生かして勝ち点を奪おうという甲府の思い通りの展開となりました。
 浦和は、今の攻撃のいいリズムを崩すことなく、確実にチャンスをモノにしたいところ。
 焦りは禁物です。

 後半開始。
 下位相手に取りこぼしの許されない浦和が、前半にも増して前がかりに攻め込みます。

 52分の浦和、左サイドで阿部君からパスを受けた高木君が中央に切り込んで、右足で强烈なミドルシュート。
 しかしボールは惜しくもバーを叩き、ゴールならず。

 その後も一方的な浦和のペース。
 攻めても攻めてもゴールを奪えないもどかしい展開が続きます。

 浦和は、いやな流れを断ち切ろうと、1枚目の選手交代のカードを切ります。

 63分、高木俊幸選手に代わって李忠成選手。
 李君はそのまま左シャドーに入ります。
 
 74分の浦和、柏木君が右サイド大外の関根君から横パスを受けます。
 フリーでボールを受けた柏木君は、逆サイドを駆け上がる梅崎君にスルーパスを通します。
 梅崎君が左足ダイレクトで合わせてゴールネットを揺らしました。1-0、浦和が待望の先制点を奪います。

 柏木君、左足アウトサイドでカーブをかけての芸術的なパス。
 ここしかない、というところにピンポイントで合わせました。素晴らしかったです。
 梅崎君もゴールキーパーの動きをよく見て、冷静にニアサイドを抜きました。
 ゴール前中央でディフェンダーを引きつけてつぶれ役となったズラタンの貢献も見逃せませんね。

 押せ押せの浦和。2枚目の選手交代のカードを切り、さらに点を取りにいきます。

 77分、梅崎司選手に代わって橋本和選手。
 橋本君はそのまま左ワイドに入ります。
 
 79分の浦和、相手ディフェンダーのトラップが大きくなったところを見逃さなかった関根君が猛然とチャージ。
 ボールを奪いドリブルを仕掛けようとしたところで相手の足が掛かり、ペナルティエリア内で倒されます。
 レフェリーの笛が鳴り、浦和がペナルティキックを獲得します。

 キッカーを任されたのはズラタン。
 右足で蹴りこんだボールは相手ゴールキーパーが横っ飛びして弾きますが、そのボールが再びズラタンの足元へ。
 ズラタンはこれを冷静に押し込みました。2−0、浦和が追加点を奪います。

 関根君は、相手のスキを見逃さずに狙っていました。
 彼の積極的な守備の意識が貴重な追加点を呼び込みました。
 ズラタンも、一度は防がれましたが、慌てずに詰めましたね。さすがです。

 浦和は最後の選手交代を行ない、試合を閉めます。

 84分、関根貴大選手に代わって平川忠亮選手。
 平川君は右ワイドに入ります。

 アディショナルタイムは3分。
 ホームでなんとか一矢を報いたい甲府が最後の反撃に出ます。
 90+2分、カウンターからのスルーパスに抜け出した阿部翔平選手がゴールキーパーと1対1となります。
 甲府のこの日一番の絶好機でしたが、西川君の高い壁が立ちふさがります。
 大ピンチでも動じず、相手の動きを冷静に読んで、シュートを左足に当てて防ぎます。

 その後は、甲府の攻撃を危なげなくかわした浦和が逃げ切り、そのままタイムアップ。
 2−0で浦和の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 手を変え品を変え、攻め続けた浦和。それを体を張った守備で防ぎ続けた甲府。
 我慢比べとなった一戦は、浦和が終盤に地力を見せて勝利をつかみました。

 スコアこそ、2−0の快勝でしたが、浦和が先制点を奪うまでは、甲府の描いていた筋書き通りの展開。
 攻め続けながらもスコアレスで引き分けた、昨季の対戦の記憶が頭をよぎったサポも多いでしょう。

 その流れを断ち切ったのは、先制点を呼び込んだ柏木君の一本のパス。
 大事な場面、たった一つのプレーですべてを変えてしまいました。
 まさに、“浦和の太陽”の面目躍如ですね。

 今季は、ボランチでプレーしているため、下がった位置でのちらし役に徹することが多かった柏木君。
 前線で決定的なシーンに絡む場面は、昨季よりも少なくなりましたが、やはり、決めるべきところではきっちり決めますね。本当に頼りになる存在です。

 リーグ戦でここ3試合、失点を許していた守備もこの日は盤石。
 攻撃から守備への切り替えが早く、パスの出しどころをつぶすことで、甲府の攻撃を未然に防ぐことが出来ました。
 いくつかあった甲府の決定機も、守護神・西川君がシャットアウト。
 相手と1対1になっても慌てて動かずに、仁王立ちして相手のシュートコースをふさぐ様子は圧巻の一言。
 正確な前線へのフィードも含めて、日本を代表するゴールキーパーであることを改めて見せつける活躍ぶりでした。

 浦和はこれでリーグ戦開幕から8戦して負けなし。チームの開幕無敗記録に並びました。
 前回は初のリーグ優勝に輝いた2006年に達成しています。
 縁起のいい記録ですから、このまま継続して優勝まで突き進んでほしいです。

 浦和が負けない大きな理由のひとつは、忍耐強くなったこと。
 前半、同点もしくはビハインドを負って折り返し、後半の、しかも終盤になって逆転、同点に持ち込む試合が多いです。
 浦和と対戦する相手は、この日の甲府のように、徹底した守備的戦術をとって揺さぶりをかけてくることが多いです。
 それに対して、浦和の選手たちからは、攻め続けて点がとれなくても、「90分のどこかで取れればいい」という精神的な余裕を感じられます。

 実際、試合終盤に逆転、同点に持ち込む試合が多いですね。
 自分たちのやっているサッカーに対する自信の表れでしょう。
 昨季、先制しながらも、終盤に追いつかれて勝ち点を取りこぼし、優勝を逃した苦い経験も生きています。

 立ち上がりから、相手に圧力をかけ続けて相手を守備に追わせ、相手が精神的、体力的に落ちる終盤にスキを突いて勝負を決める。

 浦和は、勝者のメンタリティを持った、強い大人のチームに成長しましたね。
 これからも、選手間の連携をさらに高めながら、このサッカーを成熟させてほしいです。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、いよいよ勝ち点1差で2位につけるガンバ大阪との直接対決です。
 中2日空けた土曜日にホーム埼スタでの決戦。
 浦和が本当に優勝するにふさわしいチームになったのか、その試金石となる重要な試合です。
 選手たちには、コンディションをしっかり整えて、ベストのパフォーマンスを見せてほしいです。
 選手・スタッフ・サポが一体となり、この優勝に向けた最大の難関を突破しましょう!

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。