ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs FC東京』(’15 1st 第12節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs FC東京』(’15 1st 第12節)

 5月16日の土曜日。関東は、一日曇り空。
 午前中には残っていた雨も午後にはやみ、風が涼しく比較的過ごしやすい一日になりました。

 この日、J1リーグ・1stステージの第12節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームでFC東京と、ホーム・埼玉スタジアム2002にて対戦。

 浦和は、前節、ベガルタ仙台との壮絶な打ち合いを引き分け、アウェイで貴重な勝ち点1を獲得しました。
 開幕からの無敗記録も「10」まで伸び、首位をひた走ります。

 対する東京は、前節、鹿島アントラーズとの接戦を落とし、痛い黒星を喫しました。
 リーグ戦での連勝は、4でストップ。順位も2位のまま、半歩後退です。

 両チーム勝ち点差は「1」。浦和はACLの日程の都合上、消化試合が1試合少ないです。

 今季の優勝を占う、中盤戦の大きなヤマ場です。
 そんな試合にふさわしい、緊張感のあるハイレベルな戦いを期待しましょう。
 
 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 李 武藤
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に李君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 試合は早々に動きます。

 5分の浦和、中央でボールを受けた興梠君が左サイドの宇賀神君にパス。
 宇賀神君、ワントラップして最終ラインと相手ゴールキーパーの間のスペースに絶妙な左足クロスを送ります。
 このボールに李君が飛び込み、右足でコースを変えてゴールネットを揺らしました。1-0、浦和が先制します。

 李君、オフサイドぎりぎりの飛び出からの見事なゴール。
 つねに裏のスペースを狙って動いている李君らしい得点でした。

 東京の最終ラインは4人がフラットに並ぶ形。
 選手間の距離を短く保って中央を厚くし、サイドの攻撃にはライン全体がスライドして対応します。

 東京は、最終ライン前にアンカーを1人置いていますが、両サイドのスペースが埋めきれません。
 浦和がその東京守備の弱点をしっかり突きます。
 ロングフィードやサイドチェンジを多用し、素早くサイドに展開してチャンスを量産します。

 混乱気味の東京は、選手交代とシステム変更でこれに対応します。
 28分、三田啓貴選手に代わって高橋秀人選手。

 高橋選手はボランチに入り、アンカー1人からボランチ2人のシステムに変更。

 この選手交代で、東京はやっと落ち着きを取り戻します。
 その後は一進一退の攻防、激しい中盤でのプレスの掛け合いとなります。

 42分の浦和、中央の興梠君がクサビとなり左サイドの宇賀神君に落とします。
 宇賀神君、中を確認してファーサイドにクロスボールを送ります。
 このボールに関根君が詰めたのは関根君。
 右足ダイレクトのシュートが相手ゴールキーパーのニアサイドを抜いてゴールに突き刺さりました。
 2−0、浦和が突き放します。

 関根君、ボールの弾み際を叩く難しいシュートでしたが、上からかぶせてうまくコントロールしましたね。
 ナイスシュートでした。
 宇賀神君、ゴール前中央には浦和の選手が3人詰めていましたが、そこを狙わずにファーサイドにフリーでいた関根君にクロスを送りました。
 周りがよく見えていましたね。素晴らしいアシストでした。

 結局、前半は2−0で浦和がリードして折り返します。
 シュート数は、浦和が7本、東京が1本。
 この数字が示す通り、浦和が圧倒した前半。
 サイドでの攻防で優位に立った浦和が、決定機を確実にものにしました。
 東京は、浦和のサイド攻撃に相当手を焼いていましたね。
 システムを変更して対応しましたが、浦和の攻撃を防ぎきれませんでした。

 後半は、点を取らなければならない東京が前掛かりに攻めてくるでしょう。
 浦和は、前半以上に攻撃から守備への切り替えを速くして対応する必要があります。
 逆に、得意のカウンターから勝負を決めてしまいたいところです。

 後半開始。

 47分の浦和、右サイドを突破した関根君が、ゴールライン際からグラウンダーのクロス。
 ニアサイドに詰めていた武藤君が右足ダイレクトで合わせます。
 狙いすましたシュートはゴール左隅に吸い込まれました。3−0、浦和がダメ押しの3点目を奪います。

 関根君の突破力と武藤君の裏に抜けるスピードが重なり合った見事な得点。
 まさに“電光石火”の早業でした。

 この1点は、「これから!」と意気込んでいた東京の選手たちに大きなダメージを与えます。
 点差が3点になったことで、イライラするような場面が目立つようになります。
 
 一方の浦和は余裕の選手交代。
 65分、興梠慎三選手に代わって梅崎司選手。
 68分、森脇良太選手に代わって青木拓矢選手。

 梅崎君はシャドーの右へ。青木君はボランチの一角へ。
 李君が一列上がってワントップへ。阿部君が一列下がって右ストッパーへ。

 74分の東京、左サイド太田選手のクロスに途中出場の前田選手が中央でヘディングシュート。
 ボールは西川君の手をかすめてゴール右隅に決まりました。3−1、東京がようやく反撃します。

 この得点で息を吹き返しかけた東京でしたが、浦和がその反撃ムードに水を差します。

 76分の浦和、右サイド相手陣内でボールを奪った梅崎君が中央に切り込んで、コースを狙ったシュート。
 ボールは左ポストに当ってゴールに吸い込まれました。4−1、浦和が再び3点差とします。

 梅崎君、東京ディフェンダーの不用意なプレーを見逃しませんでしたね。
 果敢にチェックをしてボールを奪いました。さすがです。
 相手ゴールキーパーの位置を確認しながらの冷静なシュートも見事でした。

 浦和は最後の選手交代のカードを使って試合を閉めにいきます。
 80分、宇賀神友弥選手に代わって橋本和選手。

 橋本君は、そのまま左ワイドに入ります。

 再び3点差となり、浦和は、東京にボールを持たせてカウンターを狙う省エネモードのサッカーに完全に切り替えます。
 点差を縮めたい東京は前掛かりにはなるものの、集中力が切れてミスを連発してチャンスすらつくれません。

 アディショナルタイムは4分。
 大量リードを守られた浦和は、東京の攻撃をうまくかわしながら試合をコントロールし、試合終了。
 4−1、浦和の勝利となりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 今季の優勝を争う大一番は、ホームで攻守に相手を圧倒した浦和の完勝に終わりました。

 勝敗を分けたのは立ち上がり。
 開始5分で奪った浦和の先制点がこの試合のターニングポイントでした。

 浦和は、システム的にギャップが生じてできた両サイドの守備の穴を見極めて、徹底的にその弱点を突きました。
 相手に立ち直らせる間を与えずに決め切ったあたりに、今の浦和の強さを感じます。

 4得点はすべて流れの中から、しかもすべて違う選手が挙げたもの。
 サイド攻撃を中心に、ヴァリエーションに富んだ素晴らしい得点ばかりでした。

 1失点はしたものの、守備も素晴らしかったです。
 攻撃から守備への切り替えは相変わらず速く、相手の狙っていたカウンターをほぼ完璧に封じました。
 ここまで選手をローテーションしながらやりくりして、選手たちの疲労を最小限に抑えた成果が出ていますね。

 新しく入った選手たちがなじんで、戦術に多くのオプションが持てるようになったことも大きいです。
 チーム内での激しいポジション争いも、選手たちのモチベーションを上げている大きな要因となっています。
 昨オフの大量補強がここにきてようやく実を結びました。

 攻守の歯車が完全に噛み合った今の浦和。
 監督就任4年目にして、とうとうミシャ・サッカーが花開きましたね。
 あとは「タイトル」という結果を残すだけです。

 浦和はこの日の勝利でホーム戦6連勝。開幕からの無敗記録も「11」に伸びました。
 1試合少ない状態で、2位に勝ち点差4をつける独走状態で突っ走っています。

 眼下のライバルを次々と撃破し、悲願の優勝に向けて視界はさらに開けてきました。
 こうなると、怖いのは油断や慢心だけです。
 勝ち点で大きな差があっても気持ちを緩めず、これまで通り目の前にある一戦一戦を全力で戦ってほしいです。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、週末土曜日に鹿島アントラーズとホーム・埼スタでの戦いです。
 またまた強敵との対戦ですが、気を引き締め直すには絶好の相手です。
 ライバルに強い浦和のサッカーを見せつけて、勝ち点3を勝ち取ってほしいです。

 ファーストステージも残り5節となりました。ここからが本番です。
 選手・スタッフ・サポが一丸となって優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。