ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第14節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第14節)

 5月30日の土曜日。
 この日、J1リーグ・1stステージの第14節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ナイトゲームでサガン鳥栖と、アウェイ・ベストアメニティスタジアムにて対戦。

 浦和は、前節、宿敵・鹿島アントラーズを鮮やかな逆転で下しました。
 開幕からの無敗記録は「12」まで伸びています。

 対する鳥栖は、前節、アウェイで川崎フロンターレに点の取り合いの末に惜敗。
 痛い星を落としています。

 13節終了時点で、首位に立つ浦和と7位の鳥栖。
 両チームの勝ち点差は「11」ですが、そこまでの実力差はないでしょう。

 ホームでは圧倒的な強さを誇る鳥栖。しかも、浦和にとって“鬼門”といわれている場所です。
 厳しい戦いになることは覚悟しなければなりません。

 好対照なスタイルのサッカーを志向する両チーム。
 お互いの強みをぶつけ合う熱戦を期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 李 武藤
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に李君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 鳥栖は、4人―4人の2ラインを敷き、しっかりブロックを作って守ります。
 ボールを奪った後はサイドに展開し、高さとフィジカルに優れる2トップ(豊田選手、池田選手)をターゲットに早めのクロスを放り込んできます。

 序盤は、ホームの鳥栖のペース。
 前線から激しくプレッシャーを掛けて浦和のミスを誘い、カウンターから何度か決定機をつくります。

 22分、鳥栖の吉田選手が李選手を後ろから倒し、この試合2枚目のイエローカードを受けて、退場となります。
 一人少なくなった鳥栖は、前から圧力をかけることができなくなります。

 一方、浦和は普段通りに相手を自陣に押し込む展開となります。
「さあ、これから」と意気込んだ矢先に、思わぬ形で先制点を奪われます。

 31分の鳥栖、浦和陣左サイドでフリーキックを得ます。キッカーは、水沼選手。
 右足から放たれたボールは壁を越え、西川君が必死に伸ばした手をすり抜け、ゴール左上に飛び込みました。0−1、鳥栖が先制します。

 水沼選手、距離はかなりありましたが、ここしかないというコースにコントロールしましたね。ファインゴールでした。

 その後は、浦和がボールを支配しますが、チグハグな攻撃に終始します。
 結局、お互いにチャンスをつくることができないまま、0−1で鳥栖がリードして前半を折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が3本、鳥栖が3本。
 早い時間帯に相手が一人少なくなった浦和でしたが、それを活かす戦いができませんでした。
 逆に、鳥栖がセットプレーのワンチャンスを生かしました。

 鳥栖は、人数が少なくなってから、中盤を省略して前線にボールを放り込む“空中戦”を全面に押し出し、浦和のパスサッカーを封じ込めました。
 球際の守備もかなり厳しかったですね。数的不利を感じさせませんでした。

 浦和は、とにかく焦らないことです。
 相手のサッカーに合わせることなく、自分たちのやり方を貫けば、かならずチャンスが来ます。
 数的優位を活かし、これまで通り、粘り強く相手に圧力をかけ続けたいところ。

 後半開始。
 立ち上がりから、リードを許した浦和が前掛かりになり、鳥栖陣内に攻め続ける展開となります。

 47分の浦和、左サイド、阿部君が右足で放ったミドルシュートのこぼれ球が、武藤君の足元へ。
 武藤君、ワントラップして右足でシュート。
 ボールは左ポストを当たり、そのままゴールに吸い込まれました。1−1、浦和が同点に追いつきます。

 調子のいい選手には、チャンスが転がり込むものですね。
 見事に決め切った武藤君、ゴール前でのポジショニングの良さに加えて、決定力の高さも見せつけました。

 勢いづいた浦和。さらに追い打ちを掛けます。

 59分の浦和、鳥栖陣内右サイドで相手クリアを拾った柏木君。
 武藤君とのワン・ツーで抜け出し、再びゴール前の李君に預けて、自らゴール前に侵入します。
 柏木君、李君からのヘディングでのリターンをゴールキーパーと競り合いながら頭で押し込み、ネットを揺らしました。2−1、浦和が勝ち越します。

 柏木君、武藤君、それに李君。
 浦和の前線3人による見事なコンビネーションからの得点でした。
 堅い守りの中央を強引にこじ開ける、ある意味、浦和らしさが凝縮した攻撃でしたね。

 止まらない浦和の怒涛の攻撃。

 63分、右のスローインを柏木君が素早くリスタート。ボールを受けた関根君が中央の興梠君にグラウンダーのパスを送ります。
 後ろ向きでボールを受けた興梠君、トラップをしながらターンし、左足で強烈なミドルシュート。見事、ボールはゴール左隅に吸い込まれました。3−1、浦和が追加点を奪います。

 ボールがタッチラインを割り、戻りが遅かった鳥栖守備陣のスキを見事に突きました。
 興梠君、ボールを受けてからシュートまでの流れがとてもスムーズで素早かったです。
 さすがストライカーという美しいゴール。見事でした。

 2点差となって余裕の出た浦和は、立て続けに3枚の選手交代のカードを切ります。

 69分、興梠慎三選手に代わってズラタン選手。
 74分、関根貴大選手に代わって梅崎司選手。
 76分、李忠成選手に代わって高木俊幸選手。

 ズラタンは、ワントップに。梅崎君は、右ワイドに。
 高木君が左のシャドーに入り、武藤君は右のシャドーに回ります。

 その直後の77分、浦和は、相手のゴールキックを那須君が直接ヘディングで前線にフィード。
 このボールがディフェンスライン裏を狙っていたズラタンへの絶好のパスになります。
 ズラタン、マークする相手を体で押さえ込みながらドリブルで突破。
 最後は、右足でゴールキーパーのニアサイドを射抜きました。4−1、浦和が突き放します。

 すでに戦意喪失気味の相手に、浦和は攻撃の手を緩めません。

 84分の浦和、自陣からのカウンター。
 ポスト役となったズラタンの落としから梅崎君が右サイドを抜け出し、そのままドリブルで独走。最後は右足で強烈なシュートを放ちます。
 ボールはゴールキーパーのニアサイドを抜き、そのままゴールに突き刺さりました。5−1、浦和がダメ押しの1点を奪います。

 梅崎君の突破力が存分に生かされた、狙い通りの得点です。
 シュートはゴールキーパーに触られましたが、球威が勝りました。
 気迫でねじ込んだ、という感じですね。素晴らしいゴールでした。

 88分の浦和、右サイドの武藤君がファーサイドの柏木君へクロスを送りますが、相手ディフェンダーが途中でカットします。
 しかし、そのボールがゴール前中央に陣取るズラタンの足元へこぼれます。
 ズラタン、細かいステップで相手ディフェンダーとゴールキーパーを翻弄し、右足で狙いすましたシュート。
 見事、ゴールネットを揺らしました。6−1、浦和がトドメを刺します。

 途中出場で2得点と、大活躍のズラタン。
 1点目は、裏への飛び出しの鋭さと相手に当たり負けしない体の強さ。
 2点目は、足元の技術の高さとゴール前での冷静さ。
 どちらも圧倒的な個の強さを見せつけた得点シーンでした。
 周囲との連携がさらに高まれば、その破壊力はさらに増すでしょう。楽しみです。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は貪欲にゴールを狙いますが、鳥栖も体を張って必死に守り、これ以上のゴールは許しません。
 そのまま、レフェリーの長い笛が鳴り、試合終了。
 6−1、浦和の圧勝に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 小雨が降る中行われた一戦は、予想外の大差をつけた浦和の勝利で幕を閉じました。

 先制点は奪われたものの、後半早々に追いつき、その後は浦和のゴールショー。
 後半だけで6ゴールを奪う、絵に描いたようなワンサイドゲームでした。

 この試合トータルのシュート数は、浦和は14本、鳥栖は3本。
 浦和は、後半だけで11本のシュートの雨を浴びせたことになります。
 逆に鳥栖は、後半はシュートなし。
 この数字からも、浦和が一方的に攻め込んでいたことがわかります。

 浦和は、一人多い優位な状況になりながらも、1点リードを許して前半を折り返す展開。
 後半は守りを固めてくるであろう相手に相当手を焼くのでは・・・・という不安がよぎります。

 しかし、今の浦和にそんな心配は無用でしたね。
 後半開始早々から、エンジン全開で鳥栖ゴールに襲いかかり、瞬く間に相手を呑み込みました。
 前半は、球際の強さをみせ、なんとか耐えていた鳥栖守備陣でしたが、持ちこたえることはできませんでした。

 浦和は、後半開始直後に同点に追いつけたことが大きかったですね。
 あの1点が相手に与えたダメージは、相当だったでしょう。
 両チームの精神的、体力的なスタミナを考えれば、その後の展開は必然だったのかもしれません。

 まさに、激しい濁流がダムを丸ごと押し流したというイメージ。
 固い壁の表面に生じた小さな亀裂を足がかりに、一気の攻撃で“決壊”に追い込みました。

 浦和が奪った最後の3点は、いずれも途中出場の選手が挙げたもの。
 チーム全体に、フレッシュな選手を使って点を取ろうという意思統一がはっきりある証拠ですね。
 なにより、途中出場の選手たちの「結果を出してやる!」という意気込みが半端ないです。
 彼らの活躍は、スタメンの選手にとって大きな刺激になります。

 激しいポジション争いが、全体のレベルアップにつながる。
 そんな好循環がチームの成長をうながし、今の浦和の好調さを支えています。
 
 相手チームからみれば、体力的に最もきつい時間帯に、スタメンと遜色ない選手が、高いモチベーションを保って次々とピッチに送られてくるのですから、これほど嫌なことはないでしょう。

 浦和の「必勝パターン」は盤石。簡単には、崩れそうにありません。
 これからの戦いにも、大いに期待したいです。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 またしても“鬼門”を突破し、優勝への視界がさらに開けてきました。
 次節は、ミッドウィーク(水曜日)に柏レイソルとアウェイで戦います。
 今季のACLでベスト8に勝ち残っている勝負強いチームが相手ですが、あまり意識する必要はないでしょう。

 今の浦和には、どんな相手にも、自分たちのサッカーをして勝ち切るだけの強さがあります。
 この試合でも浦和スタイルを貫き、勝ち点3を持ち帰りたいですね。

 選手・スタッフ・サポが一丸となって優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。