ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第16節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』(’15 1st 第16節)

 6月20日の土曜日。全国的に梅雨の晴れ間が広がり、日差しが爽やかな過ごしやすい一日となりました。
 この日、J1リーグ・1stステージの第16節が各地で行なわれ、浦和レッズは、デーゲームでヴィッセル神戸と、アウェイ・ノエビアスタジアム神戸にて対戦しています。

 浦和は、前節、ホームで清水エスパルスと対戦し、苦しみながらも勝利を収めました。
 開幕から続いている不敗記録は「15」。首位を独走しています。

 対する神戸は、前節、ガンバ大阪相手に決め手を欠いてスコアレスドロー。
 現在の順位は12位、ホームで浦和を叩き、巻き返しを図りたいところ。

 浦和は、この試合、引き分け以上で文句なしの1stステージ優勝となります。
 “鬼門”といわれる神戸の地で、決めることができるか。注目しましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 梅崎 武藤
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、永田君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に梅崎君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 神戸は、フラットな3バック。
 守備のときには、両ウイングバックが戻って5バックとなり、浦和の前線の5人にマンツーマン気味につきます。
 ボールを奪ってからは、素早くサイドに展開して、決定力のある2トップに合わせてきます。

 両チーム、相手の高いディフェンスラインの裏を狙おうと、速攻を仕掛け合います。
 一瞬も気を抜くことができない緊迫した展開が続きます。

 27分の浦和、自陣で相手ボールを奪った槙野君がドリブルで突進、相手を引きつけて左サイドに待ち構えていた武藤君にパス。
 武藤君、ゴール前を確認し、グラウンダーのセンターリングを送ります。
 中央の興梠君がスルーしてファーサイドに抜けたボールに詰めていたのは梅崎君。
 梅崎君、スライディングしながら右足に当てたボールは左ポストを叩いて、そのままゴールマウスに吸い込まれました。1-0、浦和が先制です。

 浦和らしい、ピッチを広く使った、複数の選手が絡んでの攻撃でした。

 武藤君のパスは、おそらく興梠君を狙ったものでした。
 梅崎君はファーサイドにボールがこぼれてくることを予想して、しっかり詰めていましたね。
 シャドーのお手本のような動きからの見事な得点でした。

 興梠君は、おそらくパスを受けた時、後ろの梅崎君の動きは見えていなかったと思います。
 しかし、自分がつくったファーサイドのスペースに誰かが飛び込んでくれると信じて、スルーを選択したのでしょう。
 興梠君の頭脳的なファインプレーでした。

 リードを許した神戸も、すぐに反撃します。

 32分の神戸、小川選手がペドロジュニオール選手とのワンツーで中央突破し、右足で強烈なシュートを放ちます。
 しかし、バーに阻まれて得点ならず。

 38分の神戸、右からのコーナーキック。
 増川選手が強烈なヘディングシュートを放ちますが、これも右ポストを叩いてゴールならず。

 1−0、浦和がリードして前半を折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が8本、神戸が4本。
 浦和は、スコア、シュート数こそ神戸を上回りましたが、互角といえる内容でした。
 むしろ、決定機の数では、神戸が上回っていましたね。

 同じようなシステムで戦う両チームですから、マッチアップする相手がはっきり決まっています。
 局面での1対1で優位に立ち、相手のディフェンスラインを押し下げ、主導権を握りたいですね。
 気持ちで守りに入らずに、追加点を奪って勝負を決めてしまいたいところです

 後半開始。

 前半同様、中盤でボールを奪って速攻を仕掛け合う展開。
 リードをしている浦和は、若干、重心を後ろにおいて、カウンターに狙いを絞っています。
 逆に神戸は、前半にも増して、アグレッシブに前から圧力を掛けてきます。

 71分、浦和は選手交代のカードを2枚同時に切ります。

 梅崎司選手に代わってズラタン選手。
 柏木陽介選手に代わって青木拓矢選手。

 ズラタンは、1トップへ。青木君は、ボランチの一角へ。
 興梠君が一列下がって、右のシャドーへ。

 盤石な“勝ちパターン”に持ち込んだ浦和に、まさかのトラブル発生。
 
 75分、宇賀神君が2枚目のイエローカードを受けて退場となり、浦和は残り時間を10人で戦うことを強いられます。

 ミシャは、すかさず最後の選手交代カードを使ってこのトラブルに対応。
 77分、興梠慎三選手に代わって橋本和選手を投入、宇賀神君の抜けた左サイドの穴を埋めます。

 一人多くなって力づいた神戸は、息を吹き返します。

 84分の神戸、左サイドを突破した相馬選手がゴール前に左足でクロスを送ります。
 このボールに合わせたのが、中央の渡邉選手。
 渡邉選手、ドンピシャのタイミングでジャンプし、強烈なヘディングシュート。
 ボールは、ゴールネットに突き刺さりました。1−1、神戸が同点に追いつきます。

 助走をつける空間もなく、ほとんどその場でのジャンプからのヘディングシュート。
 渡邉選手の身体能力の高さを改めて思い知らされたゴールでした。

 アディショナルタイムは6分。
 追いついたホームの神戸が逆転を狙って前掛かりに、浦和ゴールに迫ります。
 防戦一方の浦和。

 ここで、スタジアムの浦和サポから「We are REDs」の大合唱が鳴り響きます。
 さらに、「Pride of URAWA」のロングコール。
 サポの歌声が、体を張ってゴール前を固める浦和の選手たちを強烈に鼓舞します。

 試合はこのままタイムアップ。スコアは動かず、結局、1−1の引き分けに終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 似たようなシステムの両チームによる、ミラーゲームは、お互いに決めてを欠いてドロー。
 浦和は、前半にリードを奪い、その後も試合をしっかりコントロールしていました。
 しかし、一つのプレーによって計算が狂って失点を許し、勝ち点2を失う結果となりました。

 浦和は、細かく素早いパスワーク中心。
 神戸は、個人の高い個人技を活かした突破が中心。
 特長こそ違いますが、相手の高いディフェンスラインの裏って速攻を仕掛け合う、スリリングな展開。

 特に、浦和の右サイド(神戸の左サイド)をめぐる攻防は、見応えがありましたね。
 関根君と安田選手、度々見られたワンオンワンは、意地と意地とのぶつかり合い。
 まさに1対1の真剣勝負の醍醐味を味わうことができました。

 関根君は、安田選手に突破に振り切られることが何度かありましたが、粘り強く対応しました。
 一方、攻撃面ではほとんど見せ場をつくることができず。
 いつもより、守備に意識の重点を置いたプレーぶりという印象でした。

 浦和の失点は、その右サイドから。
 安田選手に代わって投入された相馬選手のアシストからの渡邉選手のヘディング。
 関根君は、安田選手とのマッチアップで精神的にも、肉体的にもギリギリだったのでしょう。
 ベテランの相馬選手にうまくあしらわれて、クロスを上げられてしまいました。

 守備面でのスキル向上と、どんな状況でも90分耐え切れるスタミナ作りは、今後の課題です。
 これから試合を通じて身につけて、もう一段上の選手になってほしいです。

 もし、宇賀神君の退場がなければ、浦和としても何らかの手を打てたでしょうが、後の祭りです。
 それよりも、浦和に生まれたわずかなほころびを見逃さなかったネルシーニョ采配を褒めるべきなのかもしれません。

 今節は引き分けには終わりましたが、最終節を残して浦和の1stステージ優勝が決まりました。
 第16節終了時点で、11勝5分の勝ち点「38」。
 開幕から16戦無敗、2位に勝ち点差5の大差をつけての優勝。
 誰も文句のつけようのない圧倒的な成績ですね。

 昨季、終盤での失速でリーグ優勝を逃した悔しさが生んだタイトルといってもいいでしょう。
 ミシャが監督に就任して4年目、ようやくその成果が結果として実を結びました。
 選手の皆さん、スタッフの皆さん、本当におめでとうございます。

 浦和にとっては、07年にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で優勝して以来、本当に久しぶりのタイトルです。
 このタイトルをきっかけに、「常勝軍団」への道を歩んでほしいですね。

 ただ、今季の最終目標は、あくまで年間王者になることです。
 シーズンを通して最多勝ち点を獲得し、そのままチャンピオンシップでも勝利する。
 そして、名実ともに「最強チーム」であることを証明するまで、長い戦いは続きます。

 1stステージ優勝は、あくまで通過点に過ぎません。
 お祝い気分は、この日だけ。翌日からは、次のステップに向けて、また一戦一戦集中して戦っていきたいですね。

 スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、来週末(土曜日)にアルビレックス新潟とホーム・埼スタで対戦します。
 1stステージ優勝を引っ提げての凱旋試合。下手な試合はできません。
 しっかり勝って、1stステージを締めくくりたいですね。

 選手・スタッフ・サポが一丸となって、次なる目標に向かって突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。