ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ヴァンフォーレ甲府』(’15 2nd 第5節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ヴァンフォーレ甲府』(’15 2nd 第5節)

 7月29日の水曜日。立っているだけで汗が吹き出てくる、まるで、サウナにでも入ったかのような蒸し暑さの一日でした。

 この日、J1リーグ・2ndステージの第5節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ナイトゲームでヴァンフォーレ甲府と、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦。

 浦和は、前節、名古屋グランパスとの接戦を落とし2連敗。
 長らく守ってきた、シーズン通算での勝ち点1位の座からも転落してしまいました。
 内容は悪くないけれど勝てない、そんな悪い流れを、ホームの大観衆の前で断ち切りたいところ。

 対する甲府は、前節、同じ昇格組の松本山雅FCに惜敗し、連勝を逃しています。
 監督交代後、持ち前の堅守が復活して上り調子です。油断は禁物ですね。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:岡本 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 高木 武藤
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、岡本君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に高木君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 甲府の守備は、5人並ぶ最終ラインの上に4人の中盤が横一線に並びます。
 まず、しっかり引いてブロックを作って守る、典型的なリトリート・サッカー。
 攻撃は、1トップのバレー選手にロングボールを当てて、サイドに展開する速攻が中心。
 
 序盤、お互いにボールが足につかず、落ち着かない展開となります。
 
 16分の浦和、中央でパスを受けた高木君が右に切り込みながら、コースを空けて左足ミドルシュートを放ちます。
 少し遠目でしたが、強烈なボールがゴールを襲いますが、クロスバーを直撃。絶好の先制チャンスを逃します。

 このプレーを境に、浦和が持ち前のパスワークを発揮し始め、試合の主導権を握り始めます。
 長短のパスを織り交ぜ、ガチガチに固めた甲府ゴールに迫るシーンが多くなります。

 38分の浦和、甲府ゴール前、相手のヘディングでのクリアが小さくなったところを右サイド、岡本君が拾います。
 岡本君、ワンバウンドしたボールを胸トラップで落とし、そのまま左足でシュートを狙います。
 これを防ごうと、相手ディフェンダーがスライディングを仕掛け、岡本君はペナルティエリア内で吹き飛ばされます。

 このプレーに対してレフェリーは、足の裏を見せてタックルをしたと判断し、ファールの判定。
 素早くペナルティスポットを指し示し、浦和がペナルティキックを獲得します。

 キッカーは、キャプテンの阿部君。
 ゴールキーパーの動きを冷静に見て、右足で右ポスト際に沈めました。1-0、浦和が先制します。

 その後も、浦和がボールを支配して、甲府陣内に攻め込む展開が続きますが、追加点を奪うまでには至らす。

 1-0、浦和がリードして前半を折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が4本、甲府が3本。
 浦和は、甲府のドン引きサッカーに苦しめられて、なかなかシュートを打たせてもらえませんでした。
 とはいえ、浦和の選手たちには想定内の状況だったのでしょう。
 慌てず騒がず、強引な攻めを控えて、試合をコントロールしていました。
 先制点が早い時間帯に入ったのは、ラッキーでしたね。

 後半も前半同様、我慢比べの展開となるでしょう。
 浦和は、相手を焦らすような試合運びを徹底すること。
 そして、相手が前掛かりにくるスキを突いて追加点を狙いたいですね。
 
 後半開始。
 前半の流れを引き継ぎ、浦和がボールを支配し、甲府を自陣に押し込む展開が続きます。
 何度もチャンスをつくり、決定機も何度かありましたが、得点には至りません。

 じりじりする展開が続き、時間が経過していきます。
 64分の浦和、スルーパスに反応した興梠君が最終ラインの裏に抜け出します。
 興梠君、ゴールキーパーと1対1になりシュートを放ちますが、好守に阻まれブロックされます。

 甲府が、そのプレーの直後、カウンターで反撃。
 65分の甲府、ゴールキーパーが弾いたボールが起点となります。
 ボールを受けた下田選手が自陣からロングフィード、左サイドに待ち構えていた伊東選手に通ります。
 伊東選手、スピードを生かしてゴール前中央にカットイン。
 最後は、マーカーの岡本君を振り切って、右足で狙いすましたグラウンダーのシュート。
 ボールは、必死に伸ばした西川君の左手をかすめて、ゴール左隅に飛び込みました。1−1、甲府が同点に追いつきます。

 同点に追いつかれた浦和は、弱り目にたたり目。
 岡本君がこのプレーで、右肩を痛めて負傷退場となります。
 浦和は、急きょ1枚目の選手交代のカードを切ります。

 67分、岡本拓也選手に代わって青木拓矢選手。
 青木君は、ボランチの一角に。
 阿部君は、一列下がって3バックのセンターへ。那須君は、右ストッパーへ。

 何が何でも点を奪いたい浦和は、攻撃的なカードを2枚立て続けに切ります。

 73分、柏木陽介選手に代わってズラタン選手。
 77分、興梠慎三選手に代わって梅崎司選手。

 ズラタンは、1トップに。梅崎君は、左シャドーに。
 武藤君は、一列下がってボランチの一角へ。

 浦和は、超攻撃的なオプションを使って、なりふり構わないパワープレー。
 失点のリスクを負って点を取りにいきます。

 アディショナルタイムは4分。

 90+1分の浦和、武藤君から梅崎君、ズラタン、槙野君とダイレクトで素早いパスがつながります。
 槙野君がダイレクト右足でシュートを打ちますが、相手ゴールキーパーが何とか触り、クロスバーの上に逃れます。

 攻め続ける浦和ですが、最後まで甲府の厚い壁を崩せず、そのままタイムアップ。
 1-1の引き分けに終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 “我慢比べ大会”となった真夏の夜の死闘は、どちらも譲らずドロー。勝ち点1を分けあいました。
 試合通じてのシュート数は、浦和は17本、甲府は11本。
 
 後半は、前半と打って変わって、オープンな打ち合いとなったことが、この数字からもわかります。
 甲府のチャンスは、ほぼカウンターからの攻撃のみ。
 前半リードして折り返した浦和としては、できるだけ長い時間、ラインを押し上げてコンパクトな陣形を保つことがポイントでした。
 その上で、相手に圧力をかけ続け、受けるカウンターの回数自体を減らしてリスク管理を徹底したかったところです。

 しかし、浦和の想定通りに試合は進んだのは、60分くらいまで。
 それ以降は、全体的に運動量が落ち、中盤でのプレスがかからない苦しい展開。
 結果、相手の狙いであるカウンター合戦に持ち込まれてしまいました。

 打ち合いになっても、相手以上にゴールを決めきることができれば、問題が表面化することもないのでしょう。
 しかし、ここ数試合を見る限り、状況は厳しいと言わざるをえません。
 
 2敗2分けと勝ち星がないここ4試合で、得点はわずかに「3」。
 この試合での得点は、ペナルティキックによるもの。
 さらに残りの2点は、どちらもクロスが相手に当って入った幸運な得点。
 意図した攻撃の中から、自分たちのシュートで奪った得点がまったくないのは問題です。

 暑さ、疲れ、相手の守備的な戦術・・・・
 原因を探せば、いくらでも出てきます。
 しかし、それらを割り引いても、今の決定力不足は酷すぎますね。
 厳しいですが、それが現在の浦和の実力なのでしょう。

 この地獄のような暑さの中でも、ボールを支配して攻め続けるサッカーを貫く。
 その揺るがない信念は素晴らしいもので、支持されるべきもの。

 しかし、サッカーは点を取り合うスボーツです。
 美しさや内容を競い合うものではありません。
 どんなに素晴らしいサッカーを展開しても、最後の部分、シュートを決めないことには勝つことはできません。
 点が取れないサッカー、勝てないサッカーは、賞賛されることもないし、人々の記憶に残ることもありません。

「サッカーは点を取るスボーツ」
 浦和の選手たちは、その原点に立ち返り、気持ちを引き締め直してほしいです。

 規律を守った美しいサッカーももちろん大事ですが、「自分が決めてやる!」という強引さもときには必要なのでは。
 甲府の選手たちがなりふり構わず、勝負にこだわる姿勢を前面に押し出していたので、余計に浦和の選手たちの“お行儀のよさ”目立った印象です。

 サッカーに限らず、勝負ごとは、最後はメンタルな部分で決まります。
 勝ち点への執念、得点への執念という面で、甲府の方が優っていたということ。
 ホームでの引き分けという、悔しすぎる結果は、妥当なものでした。
 
 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は2週間後の水曜日、アルビレックス新潟とアウェイで対戦します。
 この中断期間を有効に使って、再び、目の覚めるような「強い浦和」のサッカーを見せてほしいです。

 高い志を持てば、必ず高い壁にぶち当たります。
 今の浦和は、まさにそのような状況です。
 ここで逃げずに、乗り越えるかどうかで、浦和の将来が決まるといっても過言ではないでしょう。
 まさに正念場です。

 監督、選手は、いろいろ試行錯誤し、結果が出るまで挑戦し続ける。
 サポは、そんな選手たちを見守り続ける。
 例年以上に、忍耐力が問われる“勝負の夏”です。

 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。