ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ベガルタ仙台』(’15 2nd 第8節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ベガルタ仙台』(’15 2nd 第8節)

 8月22日の土曜日、J1リーグ・2ndステージの第8節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ベガルタ仙台と、ホーム・埼玉スタジアム2002で対戦。

 浦和は、前節、湘南ベルマーレとの我慢比べを制し、2連勝を飾りました。
 対する仙台は、前節、鹿島アントラーズと打ち合いの末、惜敗しています。

 浦和は、年間最多勝ち点を目指す戦い。
 仙台は、J1残留を目指す戦い。

 目標とするところは違いますが、勝利が喉から手が出るほどほしい両チーム。
 現実に勝ち点3を手にするのは、どちらでしょうか。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 柏木 阿部 宇賀神 武藤 梅崎
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に平川君、左に宇賀神君。シャドーは右に梅崎君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 仙台は最終ラインに5人を並べ、浦和の前線の5人をしっかりマークしています。
 パスの受け手を封じて攻撃の起点を作らせない守備です。
 攻撃は、梁選手を経由して素早く前線へボールを運ぶ速攻が狙い。

 10分の浦和、ペナルティエリアすぐ外の中央、柏木君がバックチャージでファールを受けます。
 絶好の位置でのフリーキック。キッカーは柏木君。
 左足から放たれたボールは、美しい弧を描きながら仙台守備陣の黄色い壁を越えて、ゴール右隅に吸い込まれました。
 1-0、浦和が先制します。

 23分の仙台、右サイドでポスト役となった金園選手がフォローした梁選手に落とします。
 梁選手、中央の野沢選手にボールを預けて斜めに走り込み、ゴール前のスペースへ侵入します。
 野沢選手からの折り返しのスルーパスを受けた梁選手、ゴールキーパーと1対1となり、左足でシュート。
 体勢を崩しながらも、冷静にゴール右隅に沈めました。
 1−1、仙台がすかさず追いつきます。

 立ち上がりから、浦和がボールを支配して主導権を握り、仙台ゴールに迫ります。
 仙台の守備陣は体を張った守りで、それに対抗します。

 31分の浦和、ゴール前中央、興梠君がゴール前で阿部君からのスルーパスを受けます。
 興梠君、見事なトラップからの鋭い切り返しでマーカーを振り切り、ゴールキーパーと1対1に。
 右足で強烈なシュートを放ちますが、六反選手の好守にあって惜しくもゴールならず。

 37分の浦和、右サイドで柏木君からのフィードを受けた梅崎君がダイレクトで中央の興梠君へ浮き球のパス。
 興梠君、ヘディングでダイレクトでゴール前のスペースへ落とします。
 このボールに反応したのは、武藤君。
 裏に飛び出し、相手ディフェンダーと競り合いながらも右足を伸ばしてダイレクトで合わせます。
 ループ気味のボールは、ゴールキーパーの頭上を越え、見事、ゴールネットを揺らしました。
 2−1、浦和が再び突き放します。

 武藤君、区切りの今季10点目は、嬉しい古巣への恩返し弾。
 武藤君らしい、鮮やかなスペースへの飛び出しからの得点でした。

 前半は、2−1で浦和リードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が5本、仙台が3本。
 5バックで守備重視の仙台相手になかなか攻め手が見つからなかった浦和。
 それでも、しっかり2点を決めたのは、成長の証ですね。
 同人数の守備陣を崩すには、フリックなどのダイレクトのプレーで相手マーカーをはがすことが必要となります。
 2点目のシーンは、まさにそのような展開からでしたね。
 後半も、そのようなシーンがたくさん見られることを期待しましょう。

 後半開始。
 前半同様、浦和がボールを保持して主導権を握る展開は変わらず。
 ただ、リードを許している仙台は、前線からの圧力を強めて前掛かりの姿勢を見せ、両チームの球際をめぐる攻防は激しさを増しています。

 浦和は、次々と選手交代を行い、疲れの見えた選手をフレッシュな選手と入れ替えます。
 
 64分、梅崎司選手に代わって李忠成選手。
 65分、柏木陽介選手に代わって青木拓矢選手。
 73分、興梠慎三選手に代わってズラタン選手。

 李君は、右シャドーに。青木君は、ボランチの一角に。ズラタンは、1トップに。

 75分の浦和、右からのコーナーキックを獲得します。
 キッカーは武藤君。右足から放たれたボールは、中央のズラタンの頭にドンピシャリ。
 ズラタン、後ろに下がりながら強烈なヘディングシュートをゴールに突き刺しました。
 3−1、浦和が貴重な追加点を奪います。

 リードしている浦和は、前掛かりにくる仙台の勢いをうまく利用していますね。
 得意のカウンター攻撃が効果的に機能して、数多くのチャンスをつくり出します。

 88分の仙台、左サイドを崩したロペス選手がセンターリング。
 ゴール前で混戦からのこぼれ球を拾った梁選手が左足でシュートを放ちますが、わずかに右ポストの外に外れます。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、仙台の反撃を余裕をもって交わし、そのままタイムアップ。
 3−1、浦和が勝利を手にしました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が13本。仙台が7本。
 このデータ通り、ホームの浦和が終始、主導権を握って攻め続けてそのまま押し切ったゲームでした。

 仙台は、最終ラインに人数をかけて守り、ボールを奪ってからの速攻にすべてを懸けていました。
 ただ、浦和の方も、仙台側の意図を認識し、しっかり対応することができましたね。

 試合を通じて、自分たちが攻撃しているときのリスク管理を怠ることはなかったです。
 平川君、宇賀神君の両ワイドは、戻りが速く、自分が上がった裏のスペースをしっかりケアしていました。
 1トップの金園選手をマークした那須君が中心の最終ラインの守備もほぼ盤石。
 失点のシーン以外、前線に攻撃の起点を作らせることはほとんどありませんでした。
 選手全員が、集中して試合に臨めていた証拠ですね。

 何よりも嬉しかったのは、強い浦和の“必勝パターン”が戻ってきたことです。

 前半は相手の出方をうかがいつつ、ボールを保持して圧力を掛け続ける。
 相手が疲れから足が止まる残り30分過ぎに、切り札を次々と投入し、一気に勝負をつける。

 無敗で突っ走った1stステージを思い出させるような快勝劇でした。

 複数の選手がダイレクトでパスをつなぎ、相手の守備をこじ開けて奪った2点目は、浦和らしさが凝縮されていましたね。
 このようなプレーが出るということは、チームとしての状態が上向いている証拠です。

 1試合3得点。そして、2点差以上の勝利。
 どちらも6月27日の新潟戦(1st 17節)以来、ほぼ2ヶ月ぶりのことです。

 過酷な猛暑と、過密なスケジュールに苦しんできた浦和でしたが、ようやく息を吹き返しました。
 ここまで、主力の選手たちを適度に休ませ、ローテーションして起用してきた努力が実を結んだ形です。

 過去2シーズン、浦和が終盤に失速した最大の原因は、夏場に蓄積された疲労によるダメージでした。
 ミシャも、それは十分認識していますね。
 昨オフの大量補強で獲得した選手たちもフルに活用して、チームとしてのパフォーマンスを落とさないよう、細心の注意を払っています。
 コンディションの落ちた選手や怪我をした選手を早めに休ませる。
 そんな余裕がチームのなかにあり、それが今季の好成績につながっています。

 内容はともかく、一番暑さの厳しいこの時期に3連勝。
 ミシャも、この結果には手応えを感じているのではないでしょうか。
 浦和は、かつてないほどの余力を保ったまま、シーズン終盤を迎えることができそうです。

「今年の浦和は一味も二味も違う」
 対戦チームにそう思わせるくらいの圧倒的強さを示しながら、最後まで駆け抜けてほしいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は一週間後の土曜日、横浜F・マリノスとアウェイで対戦します。
 夏休み最後のリーグ戦。
 ぜひ、勝利で締めくくり、チャンピオンシップを見据えた9月以降の試合に弾みをつけたいところ。

 年間勝ち点1位はもちろん、2ndステージの優勝もまだまだ狙える位置にいます。
 穫れるタイトルはすべてとって、名実ともに「最強・浦和」を高らかに宣言したいですね。

 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。