ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノス vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第9節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノス vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第9節)

 8月29日の土曜日、J1リーグ・2ndステージの第9節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、横浜F・マリノスと、アウェイ・日産スタジアムで対戦。

 浦和は、前節、ベガルタ仙台に快勝し、3連勝を飾りました。
 対する横浜は、前節、サガン鳥栖に競り勝って、こちらも3連勝です。

 連勝を続けている好調なチーム同士の対戦。
 勝ち点を積み上げ、連勝を伸ばすのは、どちらのチームでしょうか。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 梅崎 武藤
 FW:興梠




 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に梅崎君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 横浜の最終ラインは4人、フラットに並びます。
 中央をしっかり固めて、浦和に攻撃の起点を作らせない守備。
 ボールを奪うと、中村選手が起点となり、突破力のある前線の選手を活かした速攻を仕掛けます。

 立ち上がりから、横浜のペース。
 横浜は、積極的な守備から、浦和のパスをカットしてカウンターを仕掛け、何度か決定機をつくりましたが、浦和の守備陣も体を張った守備で対応し、ゴールを割らせません。
 
 28分の横浜、ペナルティエリアすぐ外の中央、中村選手がファールを受け、フリーキックのチャンスを得ます。

 フリーキックのキッカーは中村選手。
 左足から放たれたボールは、壁のすぐ上を越えながら鋭く落ち、ゴール右隅に吸い込まれました。1-0、横浜が先制します。

 33分の横浜、右サイドに流れてボールを受けた伊藤選手がゴール前にクロス。
 このパスがスペースに走りこんだ齋藤選手に通り、ゴールキーパーと1対1となります。
 齋藤選手、右足でワントラップし、西川君の動きを見て左足でシュート。
 ゴール右隅に冷静に沈めました。0−2、横浜が追加点を奪います。

 45分の横浜、右サイドでボールを受けた中村選手が、左足でクロスを送り、伊藤選手がヘディングシュートを狙います。
 このボールは、西川君がかろうじて触り、クロスバーの上に弾き出します。

 前半は、2−0で横浜リードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が2本、横浜が10本。
 このデータが示す通り、横浜が浦和を圧倒した45分でした。

 横浜は、守備が素晴らしかったです。
 浦和の攻撃のスイッチとなる縦パスをことごとく封じていました。
 攻撃の起点をつくれない浦和は、焦りからパスのリズムが悪くなり、相手にボールを奪われては、カウンターを受けてしまいました。

 浦和は、サイドからの攻撃がほとんどありませんでしたね。
 横浜に、あれだけ中央を固められているのなら、もっとサイドを起点に攻撃を組立ててもいいのではないでしょうか。
 とくに、出場停止明けで元気な関根君には、期待したいですね。

 後半開始
 ハーフタイムで、浦和は早くも1枚目の選手交代。
 HT、宇賀神友弥選手に代わってズラタン選手。
 ズラタンは、ワントップに。梅崎君は、左ワイドへ。興梠君は、右シャドーへ。

 立ち上がりから、リードを許している浦和が、前掛かりに攻め込む展開。
 ピッチを広く使った、本来の浦和のサッカーが繰り広げられるようになります。

 59分の横浜、中村選手からパスを受けたアデミウソン選手が右サイドを突破し、マイナスのグラウンダーのクロスを送ります。
 このパスを受けた齋藤選手、ワントラップし、左足を振り抜きます。
 ボールは見事、ゴール右隅に吸い込まれました。0−3、横浜が突き放します。

 64分の横浜、左からのコーナーキック。
 キッカーの中村選手が放ったボールは、ゴール前中央に後ろから飛び込んだファビオ選手の頭にドンピシャで合います。
 ファビオ選手、強烈なヘディングシュートを叩き込み、ゴールネットを揺らしました。0−4、横浜がダメを押します。

 浦和は、2枚目の選手交代。
 65分、興梠慎三選手に代わって青木拓矢選手。
 青木君は、ボランチの一角に。柏木君が、右シャドーに。

 攻撃的なオプションを使って、諦めずに点を取りにいく浦和。
 しかし、中央を分厚く守る横浜の守備を崩すまでには至りません。

 アディショナルタイムは5分。
 浦和は、最後の選手交代。
 90+分、関根貴大選手に代わって高木俊幸選手。

 浦和は、最後の力を振り絞って得点を狙いますが、青い壁を崩すことはできず、そのままタイムアップ。
 0−4、横浜が勝利を手にしました。

 


☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が14本。横浜が11本。
 0−4というスコアが示す通り、横浜がすべてにおいて、浦和を圧倒した、ワンサイドゲームでした。

 守っては、センターバック2枚とボランチ2枚で強力なボックスをつくって中央を固め、浦和の攻撃を跳ね返し続けました。

 攻めては、やはり、中村選手。圧倒的な存在感を放っていましたね。
 先制点となった直接フリーキックは、見事という他ない、スーパーゴールでした。
 それ以外でも、司令塔としてピッチを縦横無尽に駆け回り、前線にパスを配給し続けました。

 一方で、浦和の心臓部、柏木君はプレーの精度がいまいちで、低調なプレーに終始しました。
 両チームの要である、この2人のレフティーの出来が、そのままこの試合の結果となって現れてしまいましたね。

 浦和は、とにかく、パスミスが多過ぎました。
 前線にボールが収まらず、攻撃の糸口がつかめないまま、いたずらに時間を潰してしまいました。

 後半、ズラタンを前線に入れ、興梠君と2トップに近い形にして、強引に中央で起点をつくり、主導権を握りかけました。
 しかし、その時間帯にも得点を奪うことができず、横浜に3点目を奪われ、試合を決められてしまいました。

 横浜の浦和対策は、はっきりしていました。
 浦和に攻撃の起点となるクサビのパスを入れさせないこと。

 センターバックの2人がターゲットとなる興梠君を徹底マーク。
 前線な選手たちが、柏木君を始め、パスの出し手にプレッシャーを掛け、ボランチが縦パスのインターセプトとシャドーの飛び出しをケア。
 サイドバックがつねにワイドの選手をマークし、バスが通ってもカットインを許さないよう、粘り強く対応する。

 浦和は、横浜の術中にはまって、いつものサッカーを見失い、自滅した格好です。
 まさに、「完敗」という言葉がふさわしいゲームになってしまいました。

 対戦相手は、浦和対策として、浦和の前線の人数と同じ5人を最終ラインに並べるシステム(3バック+左右のウイングバック)を採用するチームが比較的多いです。

 ただ、浦和が実際に苦戦しているのは、この日の横浜のように、4バックで、中央の守りを固めてくるチームが多い気がします。

 ワントップの選手にクサビのパスが入らなければ、浦和の攻撃の威力は半減する。
 モンバエルツ監督も、そう考えて、この試合に臨んだに違いありません。

 今後、浦和と対戦するチームは、この日の横浜の戦術を参考にしてくるでしょう。
 浦和としても、この敗戦を糧として、対策を練る必要があります。
 ミシャの戦略家としての手腕に期待したいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、ナビスコ杯準決勝2試合を挟み、二週間後の金曜日、柏レイソルとホームで対戦します。
 この日のワンサイドゲームだと、逆に、後を引かないのではないでしょうか。
 気持ちをしっかり切り替えて、自分たちのサッカーを思い出し、勝負の9月以降の戦いに向かってほしいです。

 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。