ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第12節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第12節)

 9月26日の土曜日、J1リーグ・2ndステージの第12節。
 浦和レッズは、鹿島アントラーズと、アウェイ・県立カシマサッカースタジアムにて対戦。

 浦和は、前節、清水エスパルスを相手に得点を積み重ねて快勝。
 リーグ戦2連勝とエンジンがかかってきました。
 年間最多勝ち点争いでも、再び首位に浮上しました。

 対する鹿島は、前節、ヴァンフォーレ甲府相手に競り勝ちました。
 ここ8試合で7勝(1敗)、失点はわずかに「6」と好調をキープしています。
 伝統の勝負強さが完全に復活してきましたね。手強い相手です。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 槙野 宇賀神 
 MF:関根 柏木 武藤 阿部 梅崎 高木
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、槙野君、宇賀神君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に梅崎君。シャドーは右に高木君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 試合は開始早々に動きます。
 3分の鹿島、金崎選手とのパス交換で左サイドを突破したカイオ選手が、左足でマイナスのクロス。
 このボールに中央のスペースに侵入した遠藤選手が、ダイレクトで左足を合わせます。
 狙いすましたシュートは、ゴール左隅に飛び込みました。0−1、鹿島が先制点を奪います。

 しかし、浦和もすぐに反撃。
 6分の浦和、左サイド裏のスペースに抜け出した宇賀神君に、武藤君から絶妙なスルーパス。
 宇賀神君、ダイレクト左足でセンターリング。このボールに飛び込んだのはファーサイドの高木君。
 左足でなんなく押し込み、ゴールを決めました。1−1、浦和が同点に追いつきます。

 鹿島はフラットな4バック。ラインの位置を高く設定し、4−4−2のコンパクトな陣形を築きます。
 ボールを奪うと、ボランチの小笠原選手と柴崎選手を起点に、流れるようなパスサッカーで浦和ゴールに迫ります。

 立ち上がりから、ホームの鹿島が押し気味に試合を進めます。
 鹿島の中盤でのプレスが厳しく、浦和は本来のパスワークを発揮できません。
 中盤でボールを失っては、弱点の両ワイドの後ろのスペースを執拗に狙われます。

 鹿島にゴールネットを揺らされ、「あわや」の場面も何度かありましたが、相手のファールやオフサイドの笛に救われます。

 防戦一方の浦和に、容赦なく攻め込んでくる鹿島。
 43分の鹿島、右サイドを突破した金崎選手がフリーになり右足で強烈なシュートを放ちます。
 しかし、西川君が右手1本でこれを弾き出し、ゴールを防ぎます。

 前半は、1−1のまま同点で折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が3本、鹿島が12本。
 この数字通り、鹿島が終始、試合を優位に進めた45分でした。
 浦和は、鹿島の出足の鋭い守備にパスの精度が乱れ、リズムがつかめないままでした。
 攻撃の起点となる前線への縦パスをことごとく封じられ、手も足も出ない状況。
 それでも、1対1のイーブンで前半を終えることができたのは、ラッキーでした。
 後半は、鹿島の厳しいプレスを支えている、高い最終ラインの位置も、徐々に下がるでしょう。
 前半同様、耐えるべきときは耐えて、必ず来るチャンスを確実にものにしてほしいです。
 切り札として投入される交代選手の活躍にも期待しましょう。

 後半開始。
 浦和は、ハーフタイムで2枚の選手交代のカードを切ります。
 梅崎司選手に代わってズラタン選手。
 高木俊幸選手に代わって青木拓矢選手。

 ズラタンは1トップに。青木君はボランチの一角に。
 阿部君が一列下がって、3バックの中央へ。槙野君が左ストッパーへ。
 宇賀神君が左ワイドへ。興梠君が一列下がって、右シャドーへ。

 さすがミシャですね。打つ手が早いです。
 2枚替えで勝負をかけた浦和でしたが、流れを変えるまでには至りません。
 鹿島の流れるようなカウンター攻撃に苦しめられます。

 55分の鹿島、左からのコーナーキック、金崎選手のヘディングシュートがクロスバーを叩きます。

 押され続けた浦和でしたが、思わぬ形で勝ち越し点が転がり込みます。
 72分の浦和、左サイドを突破した宇賀神君が相手陣の深い位置からセンターリング。
 相手ゴールキーパーが直接キャッチしようとしましたが、ファンブル。
 ボールは興梠君のちょうど足元へ。
 興梠君、ダイレクトで右足を一閃、見事ゴールマウスの天井に突き刺しました。2−1、浦和が勝ち越しに成功します。

 浦和は、3人目の選手交代のカードを切ります。
 77分、興梠慎三選手に代わって李忠成選手。
 李君は、そのまま右シャドーに入ります。

 リードを許した鹿島は、さらに前掛かりに攻め込みます。

 79分の鹿島、左からのコーナーキックにカイオ選手がダイレクト右足で合わせ、強烈なボレーシュートを放ちます。
 しかし、ここも西川君がしっかり反応してボールを弾き出し、ゴールを許しません。
 
 アディショナルタイムは5分。
 スタジアムの浦和サポからは「Pride of URAWA」の大合唱も始まります。

 90+1分の鹿島、左からのコーナーキックのチャンスに西選手がヘディングシュート。
 ボールは枠に飛びますが、またしても西川君。右手一本で弾き出し、ことなきを得ます。

 浦和は、体を張った守備で鹿島の捨て身の反撃をしのぎきり、そのままタイムアップ。
 2-1、浦和が勝利しました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合を通じてのシュート数は、浦和が10本。鹿島が27本。
 内容では、浦和の約3倍のシュートを打った鹿島が圧倒しました。
 しかし、勝ったのは終始押され続けたアウェイの浦和の方。
 少ないチャンスを確実にものにして、見事な逆転勝ちを収めました。

 浦和の勝利の立役者は、何といってもゴールキーパーの西川君です。
 鹿島が雨のように降らせたシュートをことごとくセーブし、最少失点に抑えました。
 まさに、“守護神”という言葉がぴったりの圧倒的な存在感を示してくれました。

 鹿島は対照的に、ゴールキーパーのキャッチミスから、痛恨の失点。
 両チームのゴールキーパーのパフォーマンスが、勝敗に直結したゲームでした。

 敗れたとはいえ、鹿島は浦和のサッカーを研究し、素晴らしいサッカーを展開しました。
 つねに高い最終ラインを維持し、中盤をコンパクトにしてのプレッシング・サッカー。
 複数の選手がボールホルダーに圧力を掛けることで、浦和のパスワークを分断しました。

 特に効いていたのが、ボランチの小笠原選手。
 浦和の攻撃のキーマン、柏木君を徹底的に抑えこみました。
 ボールを奪ったあとも、長短効果的なパスを放って、速攻の起点として機能していました。

 鹿島の両サイドバックの果敢なオーバーラップも、迫力がありましたね。
 両サイドハーフだけでなく、両サイドバックまでも前線まで上がったことで、浦和の両ワイドとシャドーの2人がかなり自陣に押し込まれた形になりました。
 浦和の攻撃が、思うように機能しなかったのは、鹿島に両サイドの主導権を渡したことも要因のひとつです。

 浦和は、内容では圧倒されながらも、勝ち点3を得ることができました。
 2ndステージの優勝や年間最多勝ち点を狙う上では、大きな勝利です。

 浦和の選手たちは本当に忍耐強く戦ってくれました。
 どこかで緊張の糸が切れてもおかしくないタフな試合でしたが、最後まで集中力を保って戦い切りました。
 この精神面での逞しさは、昨季までは感じることができなかったものです。
 劣勢の試合でいかに勝ち点を獲得するかは、優勝を狙うために大切な要素です。
 この日の浦和の勝利は、真の“勝者のメンタリティ”を身につけ、優勝に値するチームにまで成長した証といえるかもしれません。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、一週間後の土曜日、サガン鳥栖とホーム・埼スタで対戦します。
 リーグ戦の残りは5試合。相手は強豪ばかり。
 本当の戦いがいよいよ始まります。
 ここまできたら、問われるのは内容より、結果です。
 最後に息切れをして優勝を逃した昨季の苦い経験を活かし、頂点まで一気に走りきってほしいです。

 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。