ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ヴィッセル神戸』(’15 2nd 第17節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ヴィッセル神戸』(’15 2nd 第17節)

 11月22日の日曜日、J1リーグ・2ndステージの第17節。
 浦和レッズは、ヴィッセル神戸とホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は、前節、川崎フロンターレ相手との攻め合いの死闘の末に痛み分け。
 惜しくも勝ち点3を逃し、目標にしていた年間最多勝ち点の座は、限りなく遠のいてしまいました。
 しかし、可能性がある限り、あきらめずに全力を尽くしたいところ。
 まずは、この試合に勝つことです。

 対する神戸は、前節、松本山雅FCに後半ロスタイムの得点で劇的な勝利を収めました。
 攻撃陣が好調で、ここにきて上り調子のチームです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:加賀 永田 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 高木 武藤
 FW:李


 試合開始。
 浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、加賀君、永田君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に高木君、左に武藤君。1トップに李君。

 試合は早々に動きます。
 2分の浦和、相手のクリアを奪った阿部君が素早く右サイドの関根君に展開。
 関根君、最終ライン裏のスペースに抜け出してゴール前にグラウンダーのクロスを送ります。
 このボールに合わせたのは武藤君。
 相手ゴールキーパーの目の前で反転しながら右足のかかとに掛けます。
 鮮やかなヒールシュートが神戸ゴールに飛び込みました。1−0、浦和が先制します。

 これで勢いづいた浦和は、追い打ちをかけます。

 9分の浦和、右サイド、関根君からパスを受けた高木君。
 斜めに切り込みながら、絶妙のタイミングでスルーパスに反応したのは李君。
 高木君のつくったスペースにうまく使ってオフサイドギリギリで抜け出します。
 最後は、スライディングしながら左足でシュート。
 見事、ゴールに流し込みました。2−0、浦和がリードを広げます。

 こうなると、勢いが止まらない浦和。
 かさにかかって神戸に襲いかかります。

 13分の浦和、サイドチェンジのパスを受けた左サイドの宇賀神君が絶妙のスルーパスを李君に送ります。
 李君、このボールをフリックして前方の槙野君へつなぎます。
 最前線でポスト役となった槙野君、相手を引きつけてフォローした柏木君へ落とします。
 ゴール前中央、フリーでパスを受けた柏木君はダイレクトで右足シュート。
 難なくゴールを陥れました。3−0、浦和が一気に突き放します。

 神戸の最終ラインは3人。
 守備のとき、両ウイングバックが浦和の両ワイドをケアして5バックとなります。
 ボールを奪うと、素早くサイドに展開し、スピードと技術のある前線の3人(渡邉選手、森岡選手、石津選手)に託します。

 25分の神戸、安田選手がカウンターから左サイドを突破しセンターリング。
 渡邉選手がゴール前中央、ダイレクト右足で合わせます。
 ボールは枠をとらえましたが、西川君が横っ飛びのファインセーブ。ゴールを割らせません。

 しかしその直後、26分の神戸、カウンターから中央でワンツーのリターンパスを受けた石津選手がペナルティエリアの外から右足で強烈なミドルシュート。
 グラウンダーのボールが西川君の手をかすめて、ゴール左隅に飛び込みました。3−1、神戸がようやく一矢を報います。

 神戸は選手交代などで体勢を立て直し、浦和の攻勢をなんとか水際で防ぎます。
 ボールを保持して試合を主導権を握り続けた浦和でしたが、最後の部分で正確性を欠きます。追加点を奪うことはできません。

 結局、前半はそのまま3−1で浦和リードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が6本、神戸が2本。
 この数字通り、浦和が終始、ペースを握った45分でした。
 立ち上がり、神戸は最終ラインと前線の間が空いてしまい、中盤のプレスが機能しませんでした。
 浦和は、神戸守備陣のスキを見逃しませんでしたね。
 緩いマークを難なくかわし、テンポよくパスをつないで得点を重ねることができました。
 ただ、相手は智将・ネルシーニョ監督。
 策を練って、後半巻き返してくるでしょう。油断は禁物。
 浦和は、決して気持ちで受け身に回らないことです。
 逆に、カウンターから得点を決めてトドメを刺してしまいたいところ。

 後半開始。
 立ち上がりから、リードを許した神戸が前掛かりになり、攻撃的な姿勢を強めます。
 試合の流れを引き戻したい浦和は、選手交代のカードを切ります。
 59分、高木俊幸選手に代わってズラタン選手。

 ズラタンは1トップに入ります。
 李君が1列下がって、右シャドーへ。

 65分の神戸、左サイド、浦和の最終ラインに圧力をかけてボールを奪った森岡選手がドリブルで持ち込み、ゴールキーパーと1対1に。
 森岡選手、西川君の動きを見て、冷静に右足シュート。
 ボールはゴール右隅に吸い込まれました。2−3、神戸が追いすがります。

 1点差まで詰められ、尻に火がついた浦和。
 2枚目の選手交代のカードを切って流れを変えます。
 71分、武藤雄樹選手に代わって青木拓矢選手。

 青木君は、ボランチの一角に入ります。
 柏木君が、一列上がって左シャドーへ。

 その直後、加賀君が相手との接触で足を痛めて負傷退場を余儀なくされます。

 浦和は、やむなく最後の選手交代。
 75分、加賀健一選手に代わって梅崎司選手。
 梅崎君は、左シャドーに。
 柏木君が、再びボランチへ。阿部君が一列下がって右ストッパーへ。

 77分の浦和、右サイド相手陣でボールを奪ってショートカウンターを発動。
 李君がドリブルで持ち上がりスルーパスを放ちます。
 このボールに、オーバーラップした青木君が反応し、右足シュート。
 見事、ゴール左隅に沈めました。4−2,浦和が再び突き放します。

 再び2点差となって気落ちした神戸に、浦和がたたみ掛けます。

 84分の浦和、中央でズラタンが相手ディフェンダーと競り合いながらもボールをキープし、後ろからフォローした柏木君にパス。
 柏木君、ドリブルで持ち上がりながら、右サイドを駆け上がる李君へサイドチェンジ。
 パスを受けた李君、ゴール前を確認してグラウンダーのセンターリング。
 このボールに梅崎君が右足で合わせてシュート。
 難なくゴールに突き刺しました。5−2、浦和がダメ押しの1点を奪います。

 アディショナルタイムは4分。
 すでに安全圏に逃げ込んでいる浦和は、自陣でパスを回して神戸をいなしながら時間をつぶします。
 そして、試合終了のホイッスル。5−2で浦和の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 合わせて7ゴールが飛び出した乱戦は、浦和が貫禄を示して大差で勝利。
 今季限りでの引退を表明した啓太の花道を、見事に白星で飾りました。

 試合通じてのシュート数は、浦和が11本。神戸が6本。
 久しぶりにホーム最終戦を白星で飾った浦和。
 結果としては申し分のない試合でしたが、内容的にはかなり課題の残るものでした。

 とくにゴールキーパーも含めた最終ラインの不安定さは、今後の戦いに向けての最大の不安材料です。
 失点場面以外にも、守備陣の連携の悪さから、決定機をつくられる場面がしばしばありました。
 この試合では、神戸の決定力不足に助けられ、2失点だけですみました。
 しかし、チャンピオンシップではそうもいかないでしょう。
 早急な対策が望まれます。
 怪我で今節出場できなかった、那須君と森脇君の状態も気になりますね。

 守備の不安定さは、攻撃にも影響を及ぼしました。
 最終ラインを高く保ったまま、前線に人数をかけて迫力のある攻撃は、見られずじまいでした。
 それでも大量点を奪えたのは、プレーの精度が良かったから。
 少ない人数で少ない決定機を確実にものにすることができました。
 11本のシュートで5得点、ものすごい効率の良さですね。

 ホームでの最終戦。シーズン最多勝ち点のかかった試合。
 5万人を超す大観衆。啓太の浦和での最後のリーグ戦。

 さまざまな要因が、選手たちの気持ちに火をつけ、集中力を高めたのでしょう。
 立ち上がり怒涛の3得点は、この試合に賭ける選手の想いがボールに乗り移ったかのようでした。

 神戸の守備のまずさにも、大いに助けられましたね。
 最終ラインに人数をかけたはいいけれど、浦和の1トップを抑えきれずに攻撃の起点を簡単に作られていました。
 ラインの統率もとれていなかったのでオフサイドもとれず、浦和の選手たちに簡単に裏のスペースに入り込まれました。
 さらに、前線と最終ラインの間は人数が少なくスカスカでした。
 浦和の中盤は、簡単にパスを回して攻撃を組み立てることができましたね。
 司令塔の柏木君も、この試合では思う存分ピッチを駆け回り、抜群の存在感を発揮しました。

 浦和の5得点は、いずれも流れの中でのもの。
 絡んだ選手の特長が活かされた、素晴らしいゴールばかりでした。
 得点者がすべて違うのも、どこからでも点がとれる浦和の良さです。
 武藤君、李君、柏木君、梅崎君。
 決めるべき人がしっかり決めて、気分よく“最後の決戦”に臨むことができますね。
 チャンピオンシップでも、期待したいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次はいよいよチャンピオンシップ準決勝、1週間後の土曜日、宿敵・ガンバ大阪とホーム・埼スタで対戦します。
 負けたらそこで終わり。一発勝負の大事な戦いです。
 大阪とは、今季のリーグ戦の戦績は1勝1敗の五分。
 実力の拮抗したチーム同士の白熱の一戦となることは間違いありません。
 ホームアドバンテージを活かして大阪を倒し、広島が待ち受ける「頂上決戦」への切符を手にしましょう。

 ここまできたら、あとは「気持ち」の勝負です。
 自分たちのサッカーができれば、絶対に勝てる。
 浦和の誇りを胸に、最後まで浦和のスタイルを貫き通したいですね。

 選手たちは、最高のコンディション、モチベーションで試合に臨むこと。
 サポは、その選手たちを最後まで全力で応援すること。

 自分たちのサッカーができれば、絶対に勝てる。
 浦和の誇りを胸に、最後まで浦和のスタイルを貫き通してほしいです。
 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。