ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 大宮アルディージャ』(’14 第22節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 大宮アルディージャ』(’14 第22節)

 8月30日の土曜日。関東は曇りのち晴れ。

 残っていた雨も朝方にはやみ、この時期にしてはかなり涼しく過ごしやすい一日でした。

 この日、JリーグJ1の第22節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、ナイトゲームで大宮アルディージャとホーム・埼玉スタジアム2002で対戦しています。

 前節、FC東京との激しい打ち合いの末引き分け、勝ち点「1」を取り合う結果となりました。

 ナビスコ杯も合わせて今年3度目の「さいたまダービー」。しっかりと勝ち切って勢いをつけたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 梅崎 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、啓太と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と梅崎君。1トップに興梠君。

 大宮は最終ラインに5人を並べ、浦和の最前線の5人にマンマークをつけています。

 ワントップのムルジャ選手だけ残して9人で守備のブロックを形成し、しっかり守ってからのカウンター狙いを徹底します。

 立ち上がりからホームの浦和が、ボールを圧倒的に保持したまま試合を優位に進めます。

 サイドからのクロスやダイレクトパスから大宮陣を脅かし、決定機を何度も作りだします。

 守っても、ボールを取られたあとの切り替えが早く、大宮に速攻を許しません。

 浦和が圧倒的に攻めこみ、いつ入ってもおかしくない先制点が入ったのは33分。

 浦和、啓太のサイドチェンジのパスから左サイドの宇賀神君が抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロスを送ります。

 このボールに反応したのは、後ろから飛び込んだ梅崎君。

 スライディングしながら、右足ダイレクトでシュート。見事、ゴール左隅に沈めました。1−0、浦和が先制します。

 宇賀神君のターゲットはゴール前で待ち構えていた興梠君でしたが、そのボールを横取りするような感じで梅崎君がスライディングシュート。

 相手キーパーも意表を突かれたのではないでしょうか。
 
 浦和はさらに追い打ちをかけます。

 36分、カウンターから中央を持ち上がった梅崎君が左サイドの柏木君へスルーパス。

 柏木君、中を確認しながらダイレクト左足で浮き球のクロス。

 逆サイドに興梠君がフリーで待ち構えていました。

 ガラ空きとなったゴールにヘディングシュートを叩き込みました。2−0、浦和が突き放します。

 前線の3人のコンビネーションが完ぺきに機能した素晴らしい得点。

 梅崎君がボールを持ち上がると、柏木君と興梠君が左右にサーっと分かれて相手ディフェンスの裏のスペースに走りこむ。

 水が流れるようなスムーズな速攻に、大宮の守備陣は完全に振り回されていました。
 
 結局、前半は2−0のまま、浦和のリードで折り返します。

 前半のシュート数は浦和は9本。大宮は4本。

 内容・結果ともに浦和が圧倒した45分間。

 浦和は人につく大宮の守備を軽快なパスワークで翻弄しました。

 前線で流動的に選手が積極的に動き、できたスペースをうまく使うことができました。

 後半、点をとらなければならない大宮は前掛かりにくるでしょう。

 浦和の選手たちは気持ちで受けに回ることなく、どん欲に追加点を狙ってほしいです。

 後半開始。

 49分、浦和は左からのコーナーキックを獲得します。

 キッカーの柏木君の左足から放たれたボールは低い弾道でゴール中央へ。

 ターゲットはゴール中央の森脇君。

 マークにつく相手選手をうまく押さえながら、ヘディングシュートを豪快に突き刺しました。3−0、浦和が決定的な3点目を奪います。

 森脇君、厳しいマークで身動きがとれない中、よく頭から飛び込みました。

 60分、西川君のパントキックが直接、最前線の興梠君に通ります。

 単騎で大宮陣に侵入し、最後は相手マークに体勢を崩しながらもフォローした宇賀神君にバックパス。

 フリーでボールを受けた宇賀神君、左足で冷静にゴールに沈めました。4−0、浦和がダメを押します。

 その直後、ズラタン選手が左からのクロスに右足でシュート。

 ボールは枠をとらえましたが、西川君が体に当てて弾き出しました。

 この日一番のピンチも西川君を中心とした浦和の鉄壁の守りは崩れませんでした。

 ここから浦和は主力選手を休ませる余裕の選手交代。

 63分、梅崎司選手に代わって李忠成選手。
 69分、鈴木啓太選手に代わって青木拓矢選手。
 73分、興梠慎三選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。

 李君がワントップに、青木君がボランチに、マルシオは2シャドーの一角にそれぞれ入ります。

 大量得点で気分的に落ち着いてしまった浦和は、大宮の必死の攻撃に守勢に回ることが多くなります。

 それでも大宮には決定的なシーンをほとんどつくらせません。

 逆にカウンターから何度か追加点のチャンスをうかがう場面をつくりました。

 アディショナルタイムの4分間も大宮の反撃を難なくしのいでタイムアップ。

 試合は4−0で浦和の勝利に終わりました。



 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 スコア、内容ともに浦和の完勝といえる試合。

 大宮はマンツーマンのマークで、浦和の攻撃の自由を奪おうという意図の守備でした。

 浦和は、大宮の想定をはるかに上回るパフォーマンスをみせてくれました。

 ポジションチェンジやダイレクトパスを多用して、局面局面でうまく数的優位をつくりだしました。

 1対1の球際での攻防も浦和が圧倒していました。攻守の切り替えの早さも素晴らしかったです。

 課題だった、先制点をとった後の追加点がすぐに取れたことも心理的に大きかったですね。

 守っても、相手の攻撃のキーマンである家長選手に決定的な仕事をさせず、前線の長身の外国人選手もディフェンダー陣が体を張った対応で封じ込めました。

 ダービーで、しかも2試合連続の大量4得点に加えて2試合ぶりの無失点での快勝。

 自分たちのサッカーに自信を持つという意味でとても大きな試合だったのではないでしょうか。

 浦和はこの日の勝利で、優勝争いにおいて勝ち点で頭ひとつリードすることができました。

 3年目となるミシャ・サッカーは戦術理解度を増しています。

 夏場の連戦も選手をやりくりしながら乗り切り、怪我人も復帰して、これ以上ないチーム状態に仕上がっています。

 9月以降の戦いが本当に楽しみになってきましたね。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節はナビスコ杯の試合があるため2週間後。浦和は清水エスパルスとアウェイで対戦します。

 リーグ戦も残り3分の1です。

 暑い夏もそろそろ終わり、これからが本当の意味での戦いといえます。

 これまで積み上げてきたことを見失わず、さらに完成度を高めて来るべき勝負に備えてほしいです。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。