ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2015年  »  【Jリーグ観戦記】『ガンバ大阪 vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第14節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ガンバ大阪 vs 浦和レッズ』(’15 2nd 第14節)

 10月17日の土曜日、J1リーグ・2ndステージの第14節。
 浦和レッズは、ガンバ大阪と、アウェイ・万博記念公園陸上競技場にて対戦。

 浦和は前節、サガン鳥栖と痛み分け、連勝が止まりました。
 年間最多勝ち点、2ndステージ制覇に向けてこれ以上の足踏みは許されません。

 対する大阪は、前節、川崎フロンターレとの点の取り合いに痛い星を落としました。
 チャンピオンシップ出場へ向けて、崖っぷちに立たされています。

 昨季のJリーグチャンピオンと今季1stステージのチャンピオンの一戦。
 お互いの意地とプライドがぶつかり合う熱戦を期待しましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:森脇 那須 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 梅崎 武藤
 FW:興梠


 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に梅崎君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 試合は早々に動きます。
 7分の大阪、中央の赤嶺選手の落としたボールを、右サイドの阿部選手が左足でゴール前へクロス。
 オーバーラップした遠藤選手へのパスでしたが、遠藤選手は触れることなく、そのままゴール左隅に吸い込まれました。0−1、大阪が先制します。

 遠藤選手の動きがフェイクになり、西川君が反応できませんでしたね。

 大阪の最終ラインは4バック。フラットに並んで、中央を固めます。
 攻撃は、中盤の司令塔、遠藤選手を経由し、多彩な攻撃を仕掛けてきます。

 浦和は先制されて目を覚まします。
 ボール支配率を高め、試合を優位に進めます。
 柏木君を中心に、幅広い攻撃を仕掛けてチャンスをつくりますが、大阪の堅い守備に阻まれ、得点までは至りません。

 逆に先制した大阪は、重心を後ろ目にして、左サイドの宇佐美選手のドリブル突破を中心に、カウンターで反撃します。

 両チーム、中盤で激しく潰し合い、決め手がないまま時間が過ぎていきます。

 結局、前半はそのまま0−1。大阪のリードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が6本、大阪が3本。
 この数字通り、浦和が押し気味に試合を進めた45分でした。
 しかし、得点は大阪がリード。
 大一番、しかもアウェイということで、少し硬くなってしましたね。
 最後のパスやシュートの精度が今ひとつでした。
 守備は、失点のシーン以外、大阪の攻撃をほぼ抑え込んでいました。
 あとは、点を取るだけです。
 交代出場の選手を含めた、攻撃陣の奮起に期待したいです。

 後半開始。
 ハーフタイムで、浦和は1枚目の選手交代のカードを切ります。
 HT、関根貴大選手に代わって高木俊幸選手が入ります。
 高木君は、右のシャドーに入ります。
 梅崎君が、右のワイドへ。

 このカンフル剤が効いて、浦和が立ち上がりから前掛かりに攻め込みます。
 高木君が入って活性化した右サイドを中心に、大阪ゴールに迫ります。

 しかし、得点を取ったのは大阪の方でした。
 59分の大阪、浦和陣内中央少し遠目の位置でファールを受け、フリーキックのチャンスを得ます。
 キッカーは遠藤選手。右足で浮き球のクロスを中央へ送ります。
 このボールに、途中出場の長沢選手が反応し、裏のスペースに抜け出して頭で合わせます。
 長沢選手、ゴールキーパーの位置を冷静に確認して、ヘディングシュート。
 ボールは、枠をとらえて左サイドネットを揺らしました。0−2、大阪が突き放します。

 点差が広がって苦しくなった浦和は、攻撃的なカードを切り、テコ入れを図ります。
 68分、武藤雄樹選手に代わってズラタン選手。
 ズラタンは1トップに入ります。
 興梠君が左シャドーへ。

 前掛かりになって、攻め込もうとしますが、この日の浦和の攻撃はぎくしゃくしたまま。
 出し手と受け手の意思の疎通が取れず、パスが大事なところで通りません。

 75分の大阪、右サイド遠藤選手からのクロスを受けた長沢選手が、ゴールキーパーと1対1となります。
 しかし、ここは西川君が身を挺してシュートをブロックして、事なきを得ます。

 78分の浦和、柏木君の至近距離から強烈な右足ボレーシュートを放ちますが、相手ゴールキーパーの好守に阻まれます。

 浦和は最後の選手交代のカードを切ります。
 89分、梅崎司選手に代わって青木拓矢選手が入ります。

 アディショナルタイムは3分。

 90+1分の浦和、右サイドの森脇君がゴール前に右足クロスを送ります。
 このボールにファーサイドの槙野君がダイレクトで折り返します。
 ゴール前に詰めていたズラタンが合わせます。
 ズラタン、右足で強烈なシュートを大阪ゴールに突き刺しました。

 さらに最後の力を振り絞って反撃をする浦和。
 90+3分の浦和、右サイド、森脇君の左足クロスにゴール前のズラタンが頭で合わせます。
 強烈なヘディングシュートが大阪ゴールを襲いますが、ボールは無情にもクロスバーを叩きます。
 さらに跳ね返りのボールを自ら押し込もうとしますが、わずかにクロスバーの上を越えていき、万事休す。
 タイムアップの笛が鳴り、1−2で大阪の勝利に終わりました。


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が21本。大阪が7本。
 浦和は、相手の3倍のシュートを放ちながらも、奪ったのは1点のみ。
 決定力不足に泣き、シーズン終盤の大事な一戦を落としました。

 優勝を争うチーム同士の直接対決でしたが、内容的には物足りないものでした。
 大事な試合ほど凡戦になることが多いといいますが、その見本のような試合。

 両チームともミスが多く、攻撃の組み立てに苦労しました。
 お互いに相手のカウンターを警戒しすぎて、攻撃に迫力を感じません。
 へっぴり腰でパンチを打ち合うボクシングのようでした。

 特に大阪は、先制点を取ってから守備重視の姿勢が顕著でした。
 なりふり構わず、勝ち点3を取りにきましたね。リーグ連覇への執念を感じました。

 浦和の選手たちは、大事な試合で少しナーバスになっていました。
 2週間のインターバルがあったにもかかわらず、全体的に動きが固かったです。
 いつもの流れるようなパスワークがなかなか出せませんでした。
 後半、徐々に動きがよくなり、コンビネーションからチャンスをつくることができるようになりましたが、時すでに遅し。
 あと一歩が及びませんでした。

 勝敗を分けたポイントは、やはり先制点でした。
 浦和は、前半の早い時間帯に失点をしたことで、相手に引いて守る余裕を与えてしまいましたね。
 この日の浦和には、能力の高い大阪の守備陣を崩すのは、難しいミッションでした。

 重要な試合に対する重圧と早々の失点で、落ち着きを失った浦和。
 対照的に、大阪は押されながらも冷静に試合をコントロールしていました。
 その象徴が、司令塔の遠藤選手です。
 この大一番でも気負うことなく、いつも通りの飄々としたプレーぶりでチームを鼓舞しました。
 得点こそなかったものの、大阪の2点を“アシスト”する大車輪の活躍。
 まさに、チームの大黒柱といえる存在感でした。

 遠藤選手は、この試合がJ1通算500試合のメモリアルゲーム。
 数々の修羅場を乗り越えてきた経験が、この土壇場で生きましたね。
「違い」をつくれる選手がいるか、いないか。
 そのわずかな差が、勝敗を分けた一戦でした。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、来週の土曜日、FC東京とアウェイで対戦します。
 この試合も、今節同様、優勝を占う大事な一戦です。
 この日の敗戦は忘れて、フレッシュな気持ちで臨んで、勝ち点3をもぎ取ってほしいです。

 浦和は、決して悲観するほどの内容ではないです。
 この試合では決定力不足が響いて勝ち点を奪うことができませんでした。
 ただ、決して相手に力負けしたわけではありません。

 心身ともにスタミナを使いきり、急失速した昨季までとは違います。
 最後まで全力で駆け抜けるだけの余力を十分に残したまま、終盤戦を戦えています。
 チーム力が上がっている証ですね。

 残る大きな課題は、選手たちの精神面です。
「勝ちたい」という気持ちが強すぎるゆえのぎこちなさが、チームのリズムを悪くしています。
 この試合でも、失点を恐れるあまり、思い切りのよい攻撃が影を潜めてしまいました。

 点を取るためには、もっと自分たちからアクションをとる必要があります。
 両サイドのドリブルでの仕掛け、相手ゴール前でのダイレクトパスでの崩しなど、まだまだ物足りないです。

 高ぶる気持ちを抑えて、いかに平常心で戦うことができるか。
 選手たちにとっては、「心・技・体」の「心」を試される残り3試合。
 ハードルは高いですが、乗り越えてくれることを信じています。

 選手、スタッフ、サボが一丸となって、悲願の年間王者に向けて突き進んでいきましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。