ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノスvs 浦和レッズ』(’16 1st 第6節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノスvs 浦和レッズ』(’16 1st 第6節)

 4月10日の日曜日、Jリーグ1stステージの第6節。
 浦和レッズは、横浜F・マリノスと、アウェイ・日産スタジアムでの対戦です。

 浦和は前節、ヴァンフォーレ甲府に快勝。リーグ戦3連勝を飾りました。
 対する横浜も、同じく3連勝中と勢いがあります。
 首位と4位、好調なチーム同士の対戦。
 1stステージを左右する重要な一戦です。それにふさわしい好ゲームを期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。
 GK:西川 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 李 武藤
 FW:興梠



 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右のストッパーに森脇君、左のストッパーに槙野君、センターに遠藤君。
 ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。 右のワイドに関根君、左のワイドに宇賀神君。
 右のシャドーに李君、左のシャドーに武藤君。
 1トップに興梠君。

 横浜の最終ラインは、4人。
 センターバック2人とボランチ2人で、中央を固めます。
 攻撃は、司令塔・中村選手を経由し、能力の高い前の3人を生かして、相手ゴール前に迫ります。

 お互いにマイボールを大事にしながら展開する、ゆっくりとした試合の入り方。
 立ち上がりから主導権を握ったのは、アウェイの浦和です。

 ボールへの寄せが速く、相手のパスミスを誘い、ボールを支配。
 ロングフィードから、サイドを起点に横浜ゴールを脅かします。
 数多くのチャンスを得た浦和。
 しかし、ゴール前に人数を掛けて守る横浜の守備に、ことごとく阻まれます。
 結局、前半は0−0、スコアレスで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が8本、横浜が1本。
 この数字通り、浦和が内容で圧倒した45分でした。
 浦和は、積極的な守備が機能していました。
 相手の攻撃のキーマン、中村選手やカイケ選手、マルティノス選手を封じることに成功しましたね。
 攻撃も、薄い相手のサイドを積極的に突いて、しっかり形を作っていました。
 あとは、最後の部分、ゴール前に立ちはだかる、ぶ厚い“青い壁”を打ち破るだけ。
 相手のカウンターをしっかりケアしつつ、選手交代のカードも効果的に使い、ゴールを奪いたいところです。

 後半開始。
 前半と同じく、浦和が主導権を握って攻め続けます。
 しかし、“青い壁”は相変わらず、ゴール前に立ちはだかり、浦和の攻撃を跳ね返し続けます。

 残り30分を切ったところで、浦和は1枚目の選手交代。
 62分、柏木陽介選手に代わって、青木拓矢選手。

 青木君は、そのままボランチの一角に入ります。
 このあたりから、中盤が間延びしてオープンな展開になり、ゴール前での応酬が激しさを増します。

 何としても点を取りたい浦和。立て続けに攻撃的なカード切り、勝負を掛けます。
 79分、宇賀神友弥選手に代わって、梅崎司選手。
 86分、武藤雄樹選手に代わって、駒井善成選手。

 梅崎君は左ワイドに、駒井君は左シャドーに。

 90分の浦和、右サイドでボールを受けた関根君がカットインし、そのまま左足で強烈なシュートを放ちます。
 ボールは枠をとらえましたが、相手ゴールキーパー、飯倉選手が横っ飛びでこれを弾き、惜しくもゴールならず。

 アディショナルタイム3分。
 最後の最後まで、圧倒的にボールを支配し、攻め続ける浦和。
 しかし、この日の横浜守備陣の集中力は途切れることはなく、そのままタイムアップ。
 結局、0−0のスコアレスドローで終わりました。


スポンサーリンク

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 意地とプライドを懸けた戦いは、お互いに譲らず。痛み分けに終わりました。
 試合通じてのシュート数は、浦和が15本に対し、横浜が5本。
 浦和が90分を通じてペースを握っていたことが、この数字からもわかります。

 両チームとも、相手のカウンターへの備えは万全。
 「守」から「攻」への切替えの意識が高く、引き締まったゲームでした。
 その中でも、しっかり攻撃の形作っていたのは、アウェイの浦和の方。
 いつ通りの攻撃スタイルが展開されましたが、最後の部分の精度を欠いて無得点。
 浦和からすると、勝ちたかった試合。勝ち点2を失ったといっていいでしょう。

 結果は残念でしたが、パフォーマンスで、横浜を大きく上回っていたのは、誰の目から見ても明らか。
 浦和の熟成された前線の連携は、堅守を誇る横浜相手にも、しっかり機能しました。

 攻撃において、両チームの差は歴然。最も大きな違いは、スイッチを入れられる選手の数。
 横浜は、中村選手に頼る部分が非常に大きかったです。
 中村選手さえ抑えておけば、横浜の攻撃力は、半減以下にすることができます。

 それに対し、浦和は、司令塔の柏木君以外にも、阿部君、遠藤君、槙野君などからも、クサビのパスを入れることができます。
 この日も、最終ラインから、両サイドへ精度のよいロングフィードが何回も通っていました。
 誰がボールを持っていても、受け手側が感じて、しっかり動き出せる。
 それが、浦和の攻撃の良さです。

 ラストパスやシュートに精度を欠いたのは、連戦の疲れから。
 コンディションからくる、一時的なもので、心配はいらないでしょう。
 むしろ、身を投げ出して防いだ、横浜の守備陣の奮闘を褒めるべき。
 なかでも、中澤選手の存在感は、他を圧倒するものがありました。
 また、中村選手は、攻撃だけでなく、守備でも、要所要所で好プレーを連発しました。さすがです。

 守備に関しては、ほぼ満点の出来でした。
 最も警戒していたのはセットプレー。とくに、中村選手の左足からのフリーキックです。
 しかし、浦和の守備陣は、直接狙える危険な位置でのファールせず、集中して守り切りました。

 守備の安定感は、昨季からもっとも上積みされた部分ですね。
 相手にシュートを打たせない、ファールを犯さない。
 今季浦和が身につけた「超攻撃的な守備」は、JリーグやACLのチャンピオンを狙ううえで欠かせない、大きな武器です。
 さらに磨きをかけていきたいですね。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 ACLの長距離移動をこなしながらの、過密日程のまっただ中。

 勝ち切れなかったとはいえ、強豪相手のアウェイでの引き分けは御の字。そう前向きにとらえたいです。

 次節は、来週の土曜日、ベガルタ仙台と、ホーム・埼スタでの一戦です。
 一週間しっかりコンディションを整えて、再び連勝街道を駆け上がりところ。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。