ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ベガルタ仙台』(’16 1st 第7節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ベガルタ仙台』(’16 1st 第7節)

 4月16日の土曜日、Jリーグ1stステージの第7節。
 浦和レッズは、ベガルタ仙台と、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。
 浦和は前節、横浜F・マリノスの堅守を崩すことができず、スコアレスの引き分けに終わりました。
 この日の相手も、伝統的に堅守速攻が持ち味の仙台。
 前節の教訓を活かし、ぜひとも勝ち点3を奪ってほしいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 李 武藤
 FW:興梠



 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは、右に森脇君、センターに遠藤君、左に槙野君。
 ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。ワイドは、右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは、右に李君、左に武藤君。
 1トップは、興梠君。

 仙台はフラットな4バック。
 中盤の5人とともに、2ラインを敷き、ブロックを形成します。
 ボールを奪うと、カウンター1本。1トップのロペス選手を軸に、手数を掛けずに攻撃します。
 
 立ち上がりから、圧倒的にボールを支配し、主導権を握ったホームの浦和。
 ピッチを広く使い、波状攻撃を仕掛け、仙台ゴールに迫ります。

 浦和は、攻守の切り替えが素早いです。
 相手ボールになっても、マークを外すことなく、仙台が速攻に持ち込むことを許しません。
 浦和は、興梠君や李君を中心に、数多くのシュートチャンスを獲得しますが、仙台の体を張った守備に、水際で阻まれます。

 結局、前半は0−0、スコアレスで折り返します。
 前半のシュート数は、浦和が6本、仙台が3本。
 浦和の獲得したコーナーキックは実に9本。
 この数字通り、浦和の一方的な展開となった45分でした。
 浦和は、この日も、積極的な守備が機能していましたね。
 攻撃でも、ボールサイドに寄る仙台守備の弱点を突き、対角のロングパスを多用して、サイドからの攻撃を繰り返してチャンスを量産できました。
 攻守において、ほぼ狙い通りのサッカーができた浦和。足りなかったのは、唯一、ゴールだけ。
 前節の二の舞いにならないよう、攻撃陣の奮起に期待したいです。

 後半開始。
 前半と同じく、浦和が主導権を握って攻め続ける展開。

 48分の浦和、右サイドを突破した関根君が、ゴールライン際からセンターリング。
 中央の興梠君が合わせますが、相手ゴールキーパーの好守に阻まれます。

 51分の浦和、左サイドの槙野君がマーカーを振りきって最終ラインを突破。中央にクロスを送ります。
 このボールにニアサイドで飛び込んだのは、李君。
 マーカーを交わして、フリーになり、強烈なヘディングシュートを放ちます。
 ボールは、見事、ゴールネットに突き刺さりました。1−0、浦和が先制します。

 しかし、仙台もすぐさま反撃します。
 54分、左サイド、ロペス選手のヒールパスを受けた三田選手がドリブルで中央に切れ込みます。
 ディフェンダーと競り合いながらも、シュートコースを探し、右足を振り抜きます。
 グラウンダーのボールが西川君の伸ばした手をかすめて、ゴールに飛び込みました。1−1、仙台が同点に追いつきます。

 残り20分を切ったところで、浦和は1枚目の選手交代。
 62分、宇賀神友弥選手に代わって、梅崎司選手。
 梅崎君は、そのまま左ワイドに入ります。

 74分の浦和、仙台陣中央深い位置で相手ボールを奪った阿部君。すぐさま前線へ左足でスルーパスを送ります。
 このパスに反応した興梠君。見事なトラップから相手ゴールキーパをかわし、冷静に左足でシュート。無人のゴールに流し込みました。2−1、浦和が突き放します。

 さらに追い打ちを掛ける浦和。

 76分、左サイドを突破した梅崎君が戻りながらゴール前を確認してから狙いすましたセンターリングを送ります。
 合わせたのは、ニアサイドに飛び込んだ武藤君の頭。
 フリーで強烈なヘディングシュートをゴーネットに突き刺しました。3−1、浦和がダメ押しの1点を奪います。

 残り10分を切ったところで、浦和はフレッシュな選手を次々と繰り出し、逃げ切りを図ります。
 82分、興梠慎三選手に代わって、石原克哉選手。
 89分、関根貴大選手に代わって、駒井善成選手。

 石川君は右シャドーに、駒井君は右ワイドに。
 李君が1トップに入ります。

 アディショナルタイムは4分。
 最後の最後まで、集中力を切らさずに、相手ボールにプレッシャーを掛け続けた浦和。
 仙台に反撃らしい反撃を与えることなく、そのままタイムアップ。3−1で浦和の勝利に終わりました。



スポンサーリンク

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆


 試合通じてのシュート数は、浦和が20本に対し、仙台が4本。
 スコアだけでなく、内容でも、浦和が仙台を凌駕していたことがわかります。

 しかし、この数字以上にすごいのが、コーナーキックの本数。浦和が獲得した本数は17本(仙台は1本)。
 浦和が90分を通じて、仙台陣内でプレーし、相手のディフェンスラインに圧力を掛け続けた証拠ですね。
 前半は何とか持ちこたえた仙台の守備陣でしたが、体力的、精神的により厳しくなる後半、崩れました。

 浦和の取った得点は、いずれも流れの中からの素晴らしいものでした。
 最前線の3人がそろい踏み、取るべき人が取ったという意味でも、とても意味のある得点です。

 3得点という結果に目がいきがちですが、それを生み出したのは、安定感を増した守備です。
 この日の浦和は、いつにも増した高い集中力で、仙台の攻撃を封じました。
 最終ラインを高く、コンパクトな中盤を保って、相手ボールになった瞬間にプレッシャーを掛ける。
 浦和の目指す、超攻撃的な守備が、この日は90分間途切れることはありませんでした。

 柏木君、阿部君のラインコントロールとスペースを埋める動き。
 槙野君、森脇君のファールをすることなく、ボールを奪う技術力の高さ。
 遠藤君の危機管理能力やカバーリング能力の高さ。

 それらが融合した鉄壁の守備でした。
 その中でもとくに光っていたのが、守護神・西川君の「前への意識」です。
 ラインの裏を狙った仙台のロングパスにことごとく反応、未然にピンチを防ぎました。

 ゴールキーパーがゴールエリアから飛び出してボールを処理するのは、とても勇気がいることでしょう。
 それを当たり前のように、躊躇なく、しかも、確実にこなしてしまうのが西川君の凄さ。
 浦和が、あれだけ最終ラインを高く設定し、ハーフコート・ゲームのようなゲームを展開できたのは、間違いなく、西川君の存在があってのこと。
 自分の足技に絶対の自信を持っているのでしょう。本当に頼りになります。

 浦和のスタイルは、攻撃的なポゼッションサッカー。
 華やかな攻撃陣に注目が集まりますが、それを支えているのは、西川君を中心とした鉄壁の守備です。

 相手陣内でプレッシャーを掛けて、ボールを奪い、すぐさまカウンターを発動して得点した浦和の2点目。
 これは、まさに今季の浦和を象徴する得点と言えます。

「失点しなければ、必ず点を取ってくれる」
「点を取るまで必ず失点を防いでくれる」

 攻撃陣と守備陣の間に、そんな強固な信頼関係ができあがっています。
 チームの一体感が感じられる、とてもいい雰囲気ですね。

 ちょっとやそっとじゃ止まらない、そんな芯のある強さを感じられる、今の浦和。
 どんなサッカーを見せてくれるのか、これからますます楽しみです。

 次のシドニー戦で攻撃の軸になると思われる、ズラタンを温存しての勝利。
 長距離移動もある今後の連戦のスケジュールを考えても、大きな勝ち点3です。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 次節は、来週の日曜日、ACL(アウェイ・シドニーFC戦)をミッドウィークに挟んで、川崎フロンターレと、アウェイでの一戦です。
 攻撃陣が好調で、現在リーグ首位に立つ強豪。
 その川崎相手に、今季リニューアルした浦和の超攻撃的守備がどこまで通じるのか、興味深いですね。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。