ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 名古屋グランパス』(’16 1st 第9節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 名古屋グランパス』(’16 1st 第9節)

 4月29日の金曜日、昭和の日。Jリーグ1stステージの第9節。
 浦和レッズは、名古屋グランパスと、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は前節、川崎フロンターレとの激戦を制し、リーグ戦2連勝。
 攻撃陣が絶好調。現在、リーグ戦無敗、首位に立っています。
 対する名古屋は、序盤、監督が替わった影響から出遅れましたが、前節、新潟に競り勝って上り調子です。
 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 梅崎 李 武藤
 FW:興梠



 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは、右に森脇君、センターに遠藤君、左に槙野君。
 ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。ワイドは、右に関根君、左に梅崎君。シャドーは、右に李君、左に武藤君。
 1トップは、興梠君。

 名古屋はフラットな4バック。
 ボールを奪った後は素早くサイドへ展開。最前線に陣取る長身のシモビッチ選手をターゲットに速攻を仕掛けます。

 立ち上がりから、ホームの浦和がボールを支配し、ゲームをコントロールします。
 強い追い風の影響からか、浦和のパスに乱れが生じることが多くなり、名古屋にカウンターのチャンスをしばしば与えてしまいます。
 それでも、今季、ここまで猛威を奮っている浦和の攻撃的な守備は、この日も健在です。
 ボールへの寄せが速く、名古屋に攻撃の形をほとんど作られません。

 25分の浦和、興梠君からのパスを受けた左サイド梅崎君がダイレクトで折り返します。
 このボールをゴール前中央、フリーで受けた柏木君がワントラップして、反転しながら右足を振り抜きます。シュートはジャストミートせず、ふわっとしたボールに。
 しかし、ボールが飛んだコースがラッキーで、相手ゴールキーパーの武田選手が手を伸ばしてなんとかボールに触れましたが、止めきれず、そのままゴールマウスに飛び込みました。1−0、浦和が先制します。

 先制しても、攻撃の手を緩めない浦和。
 32分の浦和、左サイド李君のヒールパスから梅崎君が強烈な右足シュートを放ちます。
 しかし、ボールはクロスバーを叩いて、惜しくもゴールならず。

 35分の浦和、カウンターから李君のスルーパスから抜け出した興梠君が完全に抜け出して独走。相手ゴールキーパーと1対1に。
 右サイドに流れた興梠君、左に切り返しながらシュートコースをこじ開けようとしますが打ちきれず、追加点の絶好のチャンスを逃します。

 39分の名古屋、右サイドでパスを受けたシモビッチ選手が胸でワントラップしてワンバウンドしたボールを右足で叩きます。
 かなり距離はありましたが、強い向かい風でドライブのかかった強烈なボールが浦和ゴールを襲います。
 意表を突かれた西川君、ゴール右隅に突き刺さりました。1−1、名古屋が同点に追いつきます。

 結局、前半は1−1の同点で折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が7本、名古屋が2本。
 浦和は、強い追い風の影響で、攻撃の起点となる最終ラインからのロングフィードのパスがなかなか通らずに、攻撃の組み立てに苦戦しましたね。
 それでも徐々に対応して、チャンスを作り出すことができましたが、決定力を欠いて、1点のみ。
 一方の守備は、相変わらずの安定感でした。
 名古屋のシュートをたった1本に抑えこみましたが、その1本が失点につながりました。
 シモビッチ選手のシュートは完璧でした。「仕方がない」と、気持ちを切り替えることが大切です。
 後半、前半同様の攻守の切替えの速いサッカーを展開し、チャンスを確実にものにしたいところ。

 後半開始。
 前半と同じく、浦和が主導権を握って試合をリードします。

 ホームで勝ち点3を確保したい浦和は、いつもより早めの選手交代で勝負をかけます。

 53分、梅崎司選手に代わって、駒井善成選手。
 駒井君は、右ワイドに入ります。関根君は左ワイドに回ります。

 すると、このミシャ采配が見事に的中し、直後に結果に結びつきます。

 56分の浦和、左サイド関根君が森脇君とのワンツーパスで裏に抜け出し、ゴールライン際からグラウンダーの折り返しをします。 このボールに反応したのが、ファーサイドに詰めていた李君。
 タイミングを合わせて後ろに下がりながら、鮮やかな左足のボレー。
 グラウンダーのボールがゴール左隅に吸い込まれました。2−1、浦和が勝ち越します。

 気落ちした名古屋に、さらに追い打ちをかける浦和。

 62分、相手ゴール前でボールを奪い返した柏木君が素早く興梠君に預けます。
 興梠君、鋭いカットインでペナルティエリア内に侵入、中央から右斜めに切り裂き、右足で強烈なシュート。見事、ゴールネットを揺らしました。3−1、浦和が突き放します。

 65分、右サイドで細かいパスつないで駒井君からマイナスのリターンを受けた柏木君が左の興梠君へパス。
 興梠君、中央へゴールと平行にドリブルしながら相手ディフェンダーを引きつけ、武藤君へパス。
 ほぼ中央でフリーで待ち構えていた武藤君、狙いすまして右足でダイレクトシュート。グラウンダーのボールがゴール左隅に吸い込まれました。4−1、浦和がダメ押しの1点を奪います。

 完全に意気消沈した名古屋相手に、浦和の選手たちは気持ちよくパスを回して、自分たちのサッカーを展開します。
 セーフティリードを保った浦和は、次々とフレッシュな選手を投入。

 73分、柏木陽介選手に代わって、伊藤涼太郎選手。
 83分、興梠慎三選手に代わって、青木拓矢選手。

 伊藤君は、左のシャドーに。青木君は、ボランチの一角に。
 李君が1トップに、武藤君が右のシャドーの位置に、それぞれ回ります。

 アディショナルタイムは4分。
 カウンターも効果的に活用し、前掛かりになる名古屋の反撃をいなしながら、時間を消費します。
 レフェリーの長い笛が鳴り、そのままタイムアップ。4−1で浦和の勝利に終わりました。


スポンサーリンク

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が14本に対し、名古屋が5本。
 この数字の通り、スコアだけでなく、内容でも首位の浦和が名古屋を圧倒し、貫禄を示したゲーム。

 前半、ボールを保持しながら圧力を掛け続け、相手の体力と精神力を奪う。
 後半、相手の疲れが見えてきたところを見極め、勝負を仕掛けて仕留める。
 浦和の選手たちは、注文通りの“横綱相撲”を見せてくれました。

 この試合では、ミシャの選手起用の采配がズバリ的中。
 決勝点となる2点目、李君の得点を生み出しました。
 名古屋の守備は高さがあり、正面からの攻撃には強いが、横からの揺さぶりには弱い。
 前半の戦いから、そう判断したミシャは、駒井君を右ワイドに投入。関根君を左ワイドにコンバートしました。

 両翼からドリブルで仕掛けてを左右に振り回し、名古屋守備陣に穴を開ける。
 ミシャの狙い通り、関根君が左サイドを破って、中央で李君がフリーでシュートを打つことができました。
 関根君の突破からのクロス、李君の芸術的で正確なボレーシュートは見事でしたね。
 浦和の選手たちの技術的な高さを、まざまざと見せつけてくれました。

 それに加えて、周りの選手たちの動きも光りました。
 流れの中で左サイドに残り、そのまま攻撃に参加して、関根君とのワンツーパスを完成させた森脇君。
 ニアサイドでディフェンダー2人を引き連れて潰れ役となった興梠君。 交代選手も含め、すべての選手が、自分が何をするべきかを把握し、それを忠実に実行している。
 ミシャ・サッカーの理解がチームに浸透していることを示してくれた、象徴的なシーンでした。

 守備陣は、この日も大奮闘。名古屋に攻撃らしい攻撃をほとんどさせませんでした。
 最後尾の西川君の出番は、いつもより少なめ。それだけ、ラインの裏を取られたり、シュートを打たれるシーンが少なかったということ。
 浦和の目指す、「攻撃的な守備」がしっかり機能していました。

 とくに光っていたのが、遠藤君。この試合最大の功労者といっていいでしょう。
 危険なスペースを見つける危機察知能力、クサビのパスなどのフィードの正確性。
 遠藤君のディフェンダーとしてのオールマイティな才能は、この試合でも十分に発揮されていました。

 それに加えて、この日は、相手の1トップ・シモビッチ選手の対応もこなし、対人プレーの強さも見せてくれました。
 体格が二回りくらい違う相手と果敢にやり合う姿は、頼もしさを感じましたね。
 相手の強い当たりにも動じることなく粘り強く対応。無理にボールを取りにいかず、阿部君や槙野君のサポートを待つ。 それを90分間徹底できた、メンタルの強さはさすがです。
 普通にヘディングで競り合っても勝てない。それよりも、体を預けて、相手に自由にプレーさせない。
 そんな遠藤君の執念が、後半の大量得点を呼び込んだといってもいいかもしれません。

 攻守がしっかり噛み合い、スキのない戦い方で3連勝。首位をがっちりキープです。
 この調子で、1stステージを一気に駆け抜けたいですね。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 次節は、間にACL(ホーム、浦項戦)を挟み、週末の日曜日、大宮アルディージャと、アウェイでの「さいたまダービー」です。
 厳しいスケジュールですが、長距離の移動がありません。
 ACLもすでにグループリーグ突破を決めていますから、気分的にだいぶ楽でしょう。
 疲労やケガなどをしっかりケアして、最高のコンディションで試合に臨んでほしいです。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。