ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『大宮アルディージャ vs 浦和レッズ』(’16 1st 第11節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『大宮アルディージャ vs 浦和レッズ』(’16 1st 第11節)

 5月8日の日曜日。Jリーグ1stステージの第11節。
 浦和レッズは、大宮アルディージャと、アウェイ・NACK5スタジアム大宮での対戦です。

 浦和は前節、名古屋グランパスを攻守ともに圧倒して完勝。リーグ戦3連勝中で現在、首位に立っています。
 対する大宮も、前節、同じ昇格組のアビスパ福岡に競り勝って好調を維持、5位につけています。

 2年ぶりの「さいたまダービー」、お互いのプライドを賭けた熱戦を期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 梅崎 李 武藤
 FW:興梠



 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは、右に森脇君、センターに遠藤君、左に槙野君。
 ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。ワイドは、右に関根君、左に梅崎君。シャドーは、右に李君、左に武藤君。
 1トップは、興梠君。

 大宮はフラットな4バック。両ボランチとともに、選手間の距離を密に、ゴール前中央を固めます。
 ボールを奪った後は素早くサイドへ展開して速攻。司令塔・家長選手を経由して多彩な攻撃を仕掛けます。

 立ち上がりから、アウェイの浦和がボールを支配し、ゲームをコントロールします。
 サイドを起点にチャンスをつくり、大宮ゴールに迫ります。

 両チームともコンパクトな中盤を形成。相手ボールへ激しいプレスを掛けて、カウンターのチャンスを狙います。
 攻守の切り替えが速く、一瞬も気が引けない引き締まった試合。

 22分の大宮、自陣からのカウンターから右サイドの家長選手が抜け出し、西川君と1対1となります。
 至近距離からのダイレクトで右足強烈なシュートを放ちますが、左ポストを叩き、ゴールならず。

 この日の浦和は、大宮の選手たちの出足の鋭さに戸惑い、パスミスが多いです。
 そのボールロストから大宮にうまくパスをつながれ、カウンターからチャンスを作られる場面がしばしば。

 44分の浦和、大宮陣内中央で相手のパスをインターセプトした柏木君、素早く左にいた武藤君にボールを預けます。
 自らゴール前に侵入した柏木君、武藤君からのワンタッチでの折り返しを受け、ダイレクト右足でシュート。
 ドライブ回転の掛かったボールが、相手ゴールキーパーの加藤選手の伸ばした手をかすめ、斜めに落ちながら、ゴールに飛び込みました。1−0、浦和が先制します。

 前半は1−0、浦和リードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が4本、大宮が2本。
 浦和は、ボール支配率こそ、相手を上回ったものの、効果的な攻撃はなかなかできませんでした。
 持ち味のピッチを広く使った攻撃は影を潜めてしまいました。
 それでも、相手の一瞬のスキを逃さず、得点を奪ってしまうところは、さすがですね。

 大宮は、後半、前掛かりに攻めてくることが予想されます。
 相手の出足の鋭いプレスに負けない、攻撃的な守備をみせてほしいところ。
 選手交代のカードも効果的に使って追加点を奪い、試合を早めに決めてしまいたいですね。

 後半開始。
 ハーフタイムで、ミシャから激が飛んだのでしょうか。
 リードをしている浦和の方が、ボールへのプレッシャーを強め、主導権を握ります。

 対する大宮も、62分に前線に長身のドラガン・ムルジャ選手を投入、巻き返しを図ります。

 お互いに一歩も引かない攻防。選手同士のぶつかり合いが激しくなり、ゴール前での迫力あるシーンが増えてきます。

 浦和は、疲れの見えた選手を次々と交代して活性化を図ります。

 73分、宇賀神友弥選手に代わって、梅崎司選手。
 75分、武藤雄樹選手に代わって、ズラタン・リュビアンキッチ選手。

 梅崎君は左ワイドに、ズラタンは1トップに、それぞれ入ります。興梠君は、左のシャドーに回ります。

 79分の浦和、相手を左右に揺さぶっての波状攻撃から、最後は興梠君が右足インサイドで狙いすましたシュート。
 相手ディフェンダーに当たったボールが、ゴールマウスに向かって吸い込まれていきます。
 あわや・・・というシーンでしたが、加藤選手が体勢を崩しながらも、右手一本でこのボールをかき出すビッグプレー。
 浦和に得点を許しません。

 浦和は、3枚目の交代カードを切って、試合を締めにいきます。
 84分、興梠慎三選手に代わって、青木拓矢選手。

 青木君は、ボランチの一角に入ります。柏木君が一列上がって、左のシャドーに。

 アディショナルタイムは4分。
 前掛かりになって、最後の反撃を仕掛けてくる大宮の攻撃を、体を張った守備で守り切りました。
 レフェリーの長い笛が鳴り、そのままタイムアップ。1−0で浦和の勝利に終わりました。


スポンサーリンク

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が8本に対し、大宮が2本。
 壮絶なプレスの応酬となった息詰まる熱戦は、アウェイの浦和が制しました。
 サッカーのスタイルが確立している両チームの対戦は、お互いの狙いがはっきり分かって観ていて楽しかったです。
 とくに、命運を分ける球際の攻防は、意地と意地とのぶつかり合いで見応えがありました。

 シュート数では大きく差が出たものの、内容や決定機の数はほぼ互角。
 狙い通りのサッカーができたという点においては、大宮に分がありました。

 大宮は、攻撃力のある3人の外国籍選手を控えに回し、ロースコアの後半勝負を狙っていました。
 前半、激しいプレスから、速攻を繰り出して、浦和を慌てさせました。
 浦和の両ワイドの上がった裏のスペースを突く、斜めのロングフィードが効果的でしたね。
 カウンターを仕掛けることで、浦和に心理的な重心を後ろに下げることに成功しました。
 九分九厘、大宮の狙い通りに進んだ前半でしたが、それを打ち破ったのは、浦和の中盤の要、柏木君の一撃でした。
 利き足ではない右足でのシュートでしたが、思い切り振り抜いたのが良かったです。
 わずかにアウトサイドに掛かったことで、外に逃げながら落ちていく、複雑な軌道のボールとなりました。

 守っては、中盤でのプレスの要。攻めては、最終ラインと前線の間のつなぎ役。
 ボランチとして、あまり目立たない黒子役が多い柏木くんですが、要所要所で最前線へ顔を出し、決定的な仕事をしてくれます。
 この日のゴールも値千金、さすが、「浦和の10番」という活躍ぶりでした。

 対照的に、大宮のエース・家長選手は、ポストに嫌われ、決定的なシュート外し、明暗を分けました。

 勝敗を分けたのは、わずかな決定力の差。
 両チームの司令塔のパフォーマンスの差が、そのまま勝敗に直結した一戦でした。

 大宮にシュートを2本しか打たせなかった守備には、選手たちの気迫を感じました。
 疲労からか、相手にチャンスすら与えない、攻撃的な守備はほとんど見られませんでした。
 それでも相手の決定機に体を投げ出してことごとくブロックし、シュートを阻止するプレーは圧巻でした。
 際どいシーンは、何度となくありましたが、水際でなんとか持ちこたえましたね。
 こういう泥臭いプレーを、すべての選手が当たり前のようにできるところが、浦和の良さですね。

 浦和は、とても本調子とはいえず、本来の戦い方ではなかったです。
 それでもきっちり勝ち切るのは、強いチームである証拠。4連勝で首位もしっかりキープしました。
 2年連続の1stステージ制覇へ視界良好です。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 次節は、1週間後の土曜日、アルビレックス新潟と、ホーム・埼スタでの試合です。
 地獄の連戦もこれで一段落。選手たちの疲労もピークでしょう。
 連戦で溜まった疲労やケガなどを癒やして、万全のコンディションで臨んでほしいです。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。