ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs アルビレックス新潟』(’16 1st 第12節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs アルビレックス新潟』(’16 1st 第12節)

 5月14日の土曜日。Jリーグ1stステージの第12節。
 浦和レッズは、アルビレックス新潟と、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は前節、大宮アルディージャとの「さいたまダービー」に競り勝ちました。現在、リーグ戦4連勝中で首位を走っています。
 対する新潟は、前節、ガンバ大阪相手にスコアレスドロー。攻め込みながらも、決定力不足に泣きました。現在、降格圏の16位に沈んでいます。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 李 武藤
 FW:興梠




 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは、右から順に森脇君、遠藤君、槙野君。
 ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。ワイドは、右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは、右に李君、左に武藤君。
 1トップは、興梠君。

 新潟の守備は、5バック。3人でゴール前中央を固め、両ワイドにもマーカーをつけてスペースを埋めます。
 ボールを奪った後は攻守の要、レオ・シルバ選手を軸にサイドを中心とした速攻を仕掛けます。

 立ち上がり、両チームとも、ボールが足につかず、落ち着きません。
 中盤で目まぐるしく攻守が入れ替わる、目の離せない展開。

 19分の浦和、右サイドの森脇君からパスを受けた武藤君が、ゴール前中央に絶妙なスルーパスを送ります。
 このパスに抜け出した興梠君が、ペナルティエリア内で相手ディフェンダーに倒され、ペナルティキックを獲得します。
 キッカーは、興梠君。右足でゴール中央を狙いますが、相手ゴールキーパー守田選手が左足一本で弾き出し、ゴールならず。
 浦和は、絶好の先制のチャンスを逃します。

 その後も、お互いに試合の流れをつかみきれない、もどかしい試合展開。
 肝心なところで、パスミスを繰り返してボールを失う、落ち着かない状況が続きます。
 結局、前半は0−0、スコアレスの同点で折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が6本、新潟が3本。
 浦和は、パスの精度が低く、リズムのよい攻撃が影を潜めてしまいました。
 とくに、起点となるクサビのパスがほとんど防がれました。
 両ワイドの選手に対する最終ラインからのロングフィードも、ほとんど見られませんでした。
 球際で素早く圧力を掛けてきた、新潟にうまく守られた印象ですね。
 後半は、新潟の守備網をかいくぐり、ゴールをこじ開けたいところ。選手交代も含めて、チームの底力を示してもらいたいです。

 後半開始。
 立ち上がり、アウェイの新潟がペースを握ります。
 積極的な前線からのプレッシングで浦和のパスをことごとくカット、カウンター攻撃を次々と繰り出します。

 56分の新潟、左サイドで浦和ボールを奪った山崎選手が、ドリブルで単騎駆け上がり、そのまま右足シュート。
 しかし、ボールはわずかに右ポストの外に外れました。

 なかなかリズムに乗れない浦和。ミシャはいつもより早く選手交代のカードを切り、中盤をテコ入れします。

 58分、武藤雄樹選手に代わって、梅崎司選手。
 梅崎君は、そのまま左シャドーに入ります。

 同時に、両ワイドの宇賀神君と関根君のポジションを入れ替えます。
 宇賀神君が右ワイドに、関根君が左ワイドに。

 しかし、相手に傾いた流れを引き戻せません。
 それでも、なんとか攻撃の形をつくりたい浦和は、2枚目の選手交代のカードを切ります。

 70分、宇賀神友弥選手に代わって、ズラタン・リュビヤンキッチ選手。
 ズラタンは、1トップに入ります。興梠君が一列下がって左シャドーに、梅崎君が右ワイドに、それぞれ入ります。

 浦和は、ズラタンが最前線に入ったことでボールが収まるようになり、徐々に攻撃のリズムを取り戻します。
 さらに攻勢を強めたい浦和。最後の交代のカードで勝負を掛けます。

 83分、関根貴大選手に代わって駒井善成選手。
 駒井君は、右ワイドに入ります。関根君が左ワイドに入ります。

 アディショナルタイムは4分。
 両チームの選手たちは、最後の力を振り絞り、得点を奪うために激しく攻め合います。
 しかし、この日は、両チームにとってゴールが遠かったです。

 レフェリーの長い笛が鳴り、そのままタイムアップ。結局0−0のまま、スコアレスドローに終わりました。


スポンサーリンク


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が15本に対し、新潟が9本。
 厳しい日差しのなかの消耗戦は、両チーム痛み分け。勝ち点1を分け合いました。

 試合内容を考えると、引き分けは妥当な結果です。
 浦和からすれば、前半のペナルティキックを決めていれば・・・・・という思いはあるでしょう。
 しかし、新潟にも、ペナルティキックのチャンスが与えられてもおかしくないシーンがありました。
 それだけが勝ち点3を逃した要因とは言い切れません。

 それよりも、大きかったのは、浦和本来のサッカーができなかったこと。
 今季、取り組んできた攻撃的な守備は見る影もなく、ダイレクトでパスをつなぐ迫力のある攻撃も不発でした。

 浦和の選手たちは、明らかに動きが重かったですね。ルーズボールへの寄せも遅かったし、単純なパスミスも多過ぎました。
 連戦の影響で、疲れが溜まっているのでしょう。気温が高く、風がほとんどない気象条件もマイナス要因でした。

 マイボールになっても、前線での動き出しが少なく相手のマークをはがせず、なかなかフリーになれない。
 そのため、後方からのクサビのパス、サイドチェンジのパスが呼び込めない。
 そのうち、中途半端なパスをカットされ、相手のカウンターをくらう。
 そんな悪循環にはまりこんで、抜け出せなくなってしまいました。

 浦和の攻撃に改善の兆しが見えたのは、ズラタンが投入されてから。
 最前線に体が強くて足元の技術もあるズラタンが入ったことで、攻撃の起点ができ、浦和らしい波状攻撃を仕掛けられるようになりました。
 彼のような選手が、リザーブとしてベンチに入っているのは、本当に心強いです。

 ただ、ズラタンの投入は、試合時間の残り20分となったところでした。
 個人的には、もう少し早めの投入でもよかったと思います。
 試合の流れは引き寄せたものの、残り時間も少なく、得点を奪うまでには至りませんでした。

 ミシャの頭に、この試合後の控える、ACLのラウンド16があったのでしょう。
 優勝候補のFCソウルとの大一番で、ズラタンを攻撃の軸として使いたい、という構想があるのかもしれません。

 新潟は、相変わらず、運動量が豊富なチームでした。
 そのなかでも、別格の存在感を示したのが、レオ・シルバ選手。
 中盤の底に君臨し、浦和のクサビのパスをことごとく封じました。
 ボールを奪っては、攻撃の起点として、正確なパスを何本も通し、新潟の攻撃を指揮しました。
 そうかと思えば、機をみて最前線まで顔を出して決定機に絡む、まさに縦横無尽の活躍。
 一人だけ次元の違うプレーを観せてくれました。

 この試合、浦和は、新潟の決定力不足に何度となく助けられました。
 勝ち点2を失ったというより、勝ち点1を拾ったといえるかもしれません。
 下位に沈むチーム相手に勝ち切れなかったのは、たしかに痛いです。
 しかし、長いシーズン、すべてがうまくいくわけではありません。負けなかったことを前向きにとらえて、次の試合に向かいたいですね。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 次節は、2週間後の日曜日、ACLのラウンド16(vs FCソウル戦)のホーム&アウェイ2試合を挟み、サガン鳥栖と、アウェイでの試合です。
 大事な試合が続きますが、選手たちのコンディションが心配ですね。
 次の試合まで日にちはありませんが、リフレッシュして、万全の態勢で臨んでほしいものです。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。