ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’16 1st 第16節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’16 1st 第16節)

 6月18日の土曜日。Jリーグ1stステージの第16節が各地で行われています。
 浦和レッズは、サンフレッチェ広島と、アウェイ・エディオンスタジアム広島での対戦です。

 浦和は前節、ガンバ大阪に競り負け、痛すぎる連敗を喫しました。ここ4試合、無得点の試合が続いています。
 対する広島は前節、FC東京相手に、引き分けました。すでに1stステージの優勝の可能性は消えています。

 ともに、年間王者を狙う実力チーム同士の対戦。熱戦に期待したいです。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:森脇 遠藤 槙野
 MF:関根 駒井 阿部 宇賀神 梅崎 武藤
 FW:興梠

 ミシャは、攻守の要、柏木君をスタメンから外す決断をしました。




 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは、右から順に森脇君、遠藤君、槙野君。
 ボランチは、駒井君と阿部君のコンビ。ワイドは、右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは、右に梅崎君、左に武藤君。
 1トップは、興梠君。

 広島は、浦和と同じ、3−6−1のシステム。いわゆる、「ミラーゲーム」になります。

 試合は、早々に動きます。

 6分の広島、カウンターからゴール前中央のウタカ選手にボールが渡ります。
 ウタカ選手、最終ラインの隙間に、右足アウトサイドで鮮やかなスルーパスを通します。
 このボールに柴崎選手が反応。裏に抜け出し、見事なトラップから左足でシュート。
 飛び込んでくる西川君の右脇を抜き、ゴールネットに突き刺しました。0−1、広島が先制します。

 両チーム、中盤で激しくプレスを掛け、ボールを奪い合う展開。
 とくに浦和は、かなり高い位置から圧力を掛け続けていますね。失点をしてから、さらに前掛かりの姿勢が強まります。

 22分の浦和、ショートカウンターから、興梠君が左サイドのゴールライン付近からセンターリング。
 ファーサイドの武藤君が頭で折り返したボールに飛び込んだのは、ボランチの駒井君。
 ワンバウンドしたボールに上から右足をかぶせて、ゴール正面からダイレクトボレー。
 ボールは枠をとらえましたが、相手ゴールキーパー・林選手の好守に阻まれ、ゴールならず。

 26分の浦和、中央から右サイドへロングフィードを相手ディフェンダーがカットし、頭で落とそうとします。
 そのトラップが少し大きくなり、ボールが離れたのを、関根君が見逃しませんでした。
 関根君、胸トラップで落とし、そのままペナルティエリア内に斜め一直線に進入。
 最後は滑り込みながら右足シュートで、ゴールキーパーのニアサイドをこじ開けました。1−1、浦和が同点に追いつきます。

 広島も黙っていません。
 27分、ロングフィードに左サイド柴崎選手が抜け出し、見事なトラップから左足の強烈なシュートを放ちます。
 しかし、守護神・西川君が見事な反応で弾き出し、ゴールを割らせません。

 この攻防で、スイッチが入った両チーム。お互いに攻めの姿勢を全面に出し、一進一退の攻防を繰り広げます。

 40分の浦和、ゴール前右サイド、クサビ役となった興梠君がフォローした森脇君に落としのパス。
 ボールを受けた森脇君、中央に向かって横に切れ込みながら、逆サイドに待ち構える宇賀神君へ横パス。
 宇賀神君、中央のスペースに走りこみながら、ダイレクトで強烈な右足シュート。
 グラウンダーのボールがゴール左隅に吸い込まれました。2−1、浦和が勝ち越しに成功します。

 結局、前半は2−1、浦和のリードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が10本、広島が3本。
 お互いのよさを出し合った、内容の濃い45分。この数字の通り、浦和が優勢に試合を進めました。
 前節同様、開始早々に失点をしたときは、どうなることかと思いましたが、その後、しっかり立て直しましたね。
 攻めの姿勢を崩さず、前半のうちに逆転して終えたのは良かったです。

 後半、広島はより前掛かりに攻めてくることでしょう。
 それでも、前半同様のサッカーを展開できるか。浦和の真価が問われる45分になりますね。

 後半開始。
 案の定、リードを許している広島が前掛かりに攻め込み、主導権を握ります。
 浦和は、前半ほど前から行けなくなり、カウンター攻撃が頼りとなります。

 56分の広島、右からのコーナーキック。ニアサイドに飛び込んだ森崎(和)選手がヘディングシュートを放ちますが、クロスバーに嫌われ、得点ならず。

 64分の広島、再び、右からのコーナーキック。キッカーのボールに合わせたのは、塩谷選手。
 フリーで中央からニアサイドに走り込み、右足を思い切りよく振り抜きます。
 ドライブ回転の掛かった強烈なシュートが西川君の頭上を打ち抜きました。2−2、広島が同点に追いつきます。

 ここで手を緩めない広島。

 69分の広島、ウタカ選手のポストプレーから柴崎選手のシュート。ボールは右ポストを直撃します。
 しかし、その跳ね返ったボールが逆サイドに詰めていた塩谷選手の目の前に。
 塩谷選手、頭から飛び込み、ダイビングヘッドでゴールネットに突き刺しました。2−3、広島が再逆転に成功します。

 再々逆転を狙うミシャは、選手交代のカードを3枚同時に切る荒業で勝負に出ます。

 73分、梅崎司選手に代わって、李忠成選手。
 73分、武藤雄樹選手に代わって、柏木陽介選手。
 73分、関根貴大選手に代わって、ズラタン・リュビヤンキッチ選手。

 柏木君は、ボランチの一角に、李君は右シャドーに、ズラタンは1トップに、それぞれ入ります。
 駒井君が右ワイドへ、興梠君が左シャドーへ、それぞれ回ります。

 この交代で、勢いを取り戻した浦和。
 広島ゴール前に迫るシーンが、しばしば見られるようになります。
 さあ、これから・・・・と思ったとき、広島に一瞬のスキを突かれてしまいます。

 83分、浦和の最終ラインで西川君からボールを預かった柏木君が左隣りの遠藤君へ横パスを送ろうとします。
 それを狙っていたのが、途中出場の佐藤選手。ボールをかっさらい、そのままゴールキーパーと1対1となり右足シュート。ゴールネットを揺らしました。2−4、広島が突き放します。

 2点差になっても諦めず、積極的に仕掛ける姿勢を崩さない浦和ですが、ゴールが遠いです。

 87分の浦和、左からのコーナーキックからの流れで、右サイド、相手クリアボールを拾った阿部君がゴール前にクロスを送ります。
 中央で待ち構えていたズラタンが、オーバーヘッドから渾身の右足シュート。しかし、これもクロスバーに阻まれ、惜しくもゴールなりません。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、最後まで捨て身の反撃を試みますが、最後の部分で合わず、ゴールに結び付きません。
 レフェリーの長い笛が鳴り、タイムアップ。2−4で広島の勝利に終わりました。


スポンサーリンク


 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が15本に対し、広島が14本。
 お互いに攻撃的な持ち味を存分に出し合う、まれにみる熱戦は、決定力に勝ったホームの広島に軍配が上がりました。

 似たようなチーム同士の対戦は、お互いのよさを消し合う神経戦になりがちです。
 しかし、この日の両チームは、違いました。
 中盤から激しくボールを奪い合い、ショートカウンターの応酬。ゴール前での迫力あるシーンが数多く見られました。
 早い時間帯で試合が動いたこともあり、どちらも、点を取りにいく気持ちを全面に押し出して戦い抜きました。

 システムが同じでマッチアップする相手がはっきりしているため、随所で見応えのある1on1の駆け引きが繰り広げられました。
 球際を巡る攻防も迫力がありました。当たりは激しかったけれど、正当でクリーンなプレーがほとんどでした。

 浦和のリーグ戦5試合ぶりの得点を記録したのは、関根君。
 この試合でも、ゴールに向かう強気な姿勢は、浦和の選手の中でもずば抜けていました。
 得点シーンでは、自分へのパスが短くなり、相手ディフェンダーにカットされると判断すると、すかさず、前に回り込み、相手がトラップした後のボールを狙う。その抜け目なさは見事でした。

 この日初スタメンで、ボランチの一角を任された、駒井君。
 運動量豊富に中盤を動き回り、最終ラインと前線のつなぎ役として奮闘しました。
 一本のパスで流れを変えるような展開力はありませんが、機をみて前線まで上がり、決定機に絡む働きが多かったです。
 ここ数試合の浦和に足りなかった「縦への推進力」をつくり出せた要因のひとつに、駒井君の活躍がありました。
 ボランチとして初めての実戦としては、十分合格点の働き。今後も楽しみです。

 内容では、互角に戦いながらも、決定力の差で敗れた浦和。
 自分たちのリズムで攻めていた前半に、もう1点決めていれば、また結果も変わったでしょう。
 点を取るべき前線の選手に、ゴールが生まれないのが心配です。

 こういう時こそ、セットプレーから点を取りたいものですが、それもだめ。
 柏木君がいないときは、得点のニオイすらなかったです。

 2つの得点が生まれたこと。それに、選手が90分間攻撃的な姿勢を貫けたこと。
 その点に関しては、ポジティブに受け止めていいでしょう。一歩前進ですね。

 もちろん、4失点を含めて、いろいろ修正しなければならない部分は多いです。
 ただ、最近の試合では感じられなかった、選手たちの勝利に対する気迫は、はっきりと伝わりました。

 真っ暗なトンネルの中で、遠くにかすかな希望の光が見えた。そんな試合。
 完全に抜けだすには、まだ、「何か」が足りません。
 それが見つかるまで、この日のような気持ちの入った試合を続けていく。
 それが、今の浦和にとって、一番重要なこと。温かく見守りたいところです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。
 次節は、来週の水曜日、FC東京とホーム・埼スタでの試合。
 まだ連戦は続きますが、残りはホームでの2試合。選手たちは、移動がないのでそのぶん楽になりますね。
 心も体もフレッシュし、心機一転、新しい気持ちで臨んでほしいです。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!


(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。