ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2010年  »  2010Jリーグ32節 「横浜Mvs浦和」 観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグ32節 「横浜Mvs浦和」 観戦記

11月23日は勤労感謝の日です。

 当然、世のため、人のために働いてくれている方々への感謝はするべきですね。それと、実際に働いている僕としては、仕事があること、健康で働けることにも感謝!です。

 祝日なので、この日は世間的にはお休みの方が多いと思いますが、僕は先週末からのトラブルの影響で、午後から出勤です・・・
 うん、晴れていて気持ちのいい日ですが、カレンダーと関係なく動いているラインが担当だから、仕方ないですね。仕事があるだけでありがたいです。
 休日の昼間は、道路が空いているのと、鶴見線の本数がないので、車で出勤です。

 この日は、気持ちを盛り上げるため、ipodをカーステレオに繋いで、「いきものがかり」を聴きながらの運転です。
 聴きながらというより、聖恵ちゃんの歌声にハモリながらというのが正確か。

 しかし、「いきものがかり」のメンバーも休みなんて、あってないようなものだろうな・・・それを考えると文句は言えませんね。

 家に戻って、夕飯を食べながら、この日のJリーグ第32節、浦和対横浜M(アウェイ)の試合を録画観戦です。
 本当なら、日産スタジアム参戦を予定していましたが、突発の出勤のため、お流れ・・・結婚して、横浜近辺に住み始めてから、欠かさず参戦していた、横浜Mとのアウェイでの試合でしたが、今回は行けませんでした。

 毎年、時期は違うため、試合開始時間もまちまちですが、新横浜駅まで電車で行き、そのまま、ラーメン博物館で腹ごしらえしてから、満を持して日産スタジアムへ・・・という試合当日の流れはいつも一緒です。
 普段は、周りにお仲間がほとんどいなく、肩身の狭い思いをしている僕らですが、その日だけは、横浜市内の浦和サポ率は異常に上がります。
 新横浜駅を降りてから、目立つのは赤いレプリカを着た人が異様に目立ちます(僕らもちゃんと家から着て行きます)。
 そして、ラーメン博物館は浦和サポにジャックされたかのような雰囲気です。赤い人達の集団だらけです(笑)。
 浦和の熱狂的なサポはアウェイの試合の観戦は手馴れたものです。その土地土地での観戦前の楽しみを熟知しています。そういうところから、すでに試合を楽しんでいます。

 試合時間は90分だけですが、丸一日、場合によっては、1泊2日の大イベントなのです。1試合1試合が。
 彼らにとってみれば、その試合に参戦するために、それ以外の日に仕事に汗を流しているんです。毎年、Jリーグの試合日程が決まると、それに合わせて、自分達の年間スケジュールもほぼ決まる。いつ、どこに旅行するのかも(アウェイの試合は、旅行に近いです)それに合わせて決めます。

 僕も、浦和からちょっと離れたところに住んでいるので、関東近辺のアウェイへの参戦が主です。
 しかし、浦和にはアウェイは存在しません!(日本国内のことですよ・・・あくまで、中東や東南アジアは含みません・・・)

 それは強豪・マリノスのホーム、日産スタジアムでも同じです。毎年、マリノスのサポとほぼ同等の数の浦和サポが集結します。

 スタジアムの雰囲気の素晴らしさは、彼ら、彼女らの、「選手達と一緒に戦うんだ!」という熱い気持ちが作り上げています。本当に、浦和サポの皆さんには、頭が上がらないし、感謝で一杯です。
 みんな、ありがとう!これからも、一緒に浦和レッズを応援していきましょう。もう一度、アジアの頂点へ!!
 
 さて、前置きはこれくらいにして試合の方。浦和のスタメンは怪我で戦列を離れていた、細貝君が戻ってきましたが、ベンチでした。
 その代わりは、いつもは試合を終わらせる役割が多い、堀之内君が柏木君とボランチコンビを組みました。理解力の高い彼ならば、久々のスタメンでも、やってくれるでしょう。

 今期限りの退団が決定したポンテも4-2-3-1の「3」の真ん中でスタメンです。彼もプロです。退団が決まったからといっても、モチベーションは落ちないでしょう。
 横浜Mも、若手が主体で、今後が楽しみなチームです。俊輔君もスタメン、どんなプレーを見せてくれるのか?
 ちなみに、浦和サポの中では、「ナカムラシュンスケ」と言ったら、マリノスのゲームメーカーのことではなく、現在、浦和ユース在籍の高校1年生、中村駿介君の方を指す人が多いです。金の卵ばかりの浦和ユースでも、駿介君の学年は、将来有望と言われている子が多く、特に期待されている学年です。
 直輝君、峻希君達の学年のように、たくさんトップへ上がってきて、将来の浦和を背負っていってほしい。今から注目です!

 さて、また横道にそれましたが、前半開始。

 いきなり、試合は動きます。
 開始3分、浦和の右からのCK、一旦横浜DFがクリアしますが、そのボールがPAちょい外のポンテへ。ポンテは右足に持ち替え、狙い済ましてゴール右隅へ・・・
 1-0、浦和先制です!これは幸先がいい。

 その後、ギアが一段上がったマリノスに主導権を握られ、かなり危ないシーンもありました。松田選手のヘッドはギシがなんとか掻き出し、俊輔君の直接FKもわずかに枠を外れ、今売り出し中の高校生、小野選手のミドルはバーに弾かれ、助かりました。
 ここで、受けに回ってしまうのが、浦和がまだ精神的に甘いところです。もう1、2点取って、相手の戦意を喪失させるようにしないと、後で後悔することになります。今まで散々、そんな目に遭ってきましたから。1点くらいじゃ、安心なんて出来ません。
 マリノスの猛攻をなんとか耐え、このままハーフタイムか、と思った前半44分、またまたこの男がやってくれました!
 背番号「10」、ロブソン・ポンテ!このプロ根性、強靭な精神力には敬服します。
 左サイドからのエジのセンターリングをサヌがクサビとなり、落としたボールをロビーの右足がまたしても炸裂、1点目と同じくゴール右隅に決まりました!
 左手でユニフォームのエンブレムを握り、右手を回してサポの方へアピールするロビー・・・サポへの感謝、愛情を表現します。
 サポもロビーのチャントを歌い、それに応えます。僕もその場にいたかった、返す返すも残念です・・・
 
 しかし、このロビーの姿勢は見習わなければいけない。クラブの首脳から冷たくされ、あと1ヶ月でクビを宣言されても腐らず、全力で試合に臨み、誰も文句を言えない結果を残してしまう・・・
 「再来月から会社に来なくていいよ」、と言われて、残りの1ヶ月を今までと同じように仕事が出来るかな?僕は・・・
 
 2-0、浦和がリードを広げて、ロスタイムへ。しかし、そのまま終わらないのが浦和です。気持ちが緩むのかな、点が入ると・・・甘いな。ロスタイムに兵藤選手に蹴りこまれ、2-1で折り返しです。
 後半、息を吹き返したマリノスが主導権を握りますが、またしてもいいタイミングで浦和に点が入りました。
 5分、右サイドを抜け出した峻希が低いセンターリング、それを後ろから猛然と上がってきたサヌがDFに競り勝ってゴールへ。
 側転→バック転→バック転→バック宙の驚異のゴール・パフォーマンスも飛び出しました!しかし、なんちゅう身体能力なんでしょう・・・
 これは、大きいです。3-1、再び浦和のリードは2点に。
 浦和はだいぶ楽になりました。後は、マリノスにボールを持たせて、ボールを奪ったところからカウンターを仕掛ければいい。しかも、今日のロビーは切れている!全盛期に近いですね。とりあえず、彼に預けて、飛び出して行けば、ボールが必ず来る、そんな信頼感がありました。
 と思った、その3分後の後半8分、またしても、峻希が右サイド抜け出してセンターリング、今度はエジが決めました!さすがエジ、これで得点ランキング1位のケネディ選手に並ぶ16点目です。
 このまま、得点王取っちゃいましょう!これからも頑張れ、エジ!
 峻希も2アシスト、すっかり、浦和の右サイドのアタッカーに定着しましたね。20歳、これからまだまだ伸びます。楽しみです。
 これで、4-1です。これで勝負あり、ですね。

 81分、大活躍のロビーに代わって元気登場。ロビーへの拍手はいつも以上に大きかったです。
 最近、サブに逆戻りしてしまった、元気。今日は、10分ちょっとの出場でしたが、持ち前のゴールに向かうドリブル、横に切れ込んでいってのシュート、と見せ場は作っていました。
 悪くはないです。これを続けていくことですね。いつか、必ず、結果が出ます。それを信じて、原口元気といえばこういう選手、という自分のスタイルを磨いていけ。応援しています!

 試合は、そのまま、4-1の浦和の勝利で終了。みんな嬉しそうに「WE ARE DIAMONDS」を歌ってたな・・・
 仕事とはいえ、ちょっと、いや、かなり残念です。

 しかし、ロビーがサッカーのプロなら、僕もプロの製鉄の技術者です。来い、と言われれば行かなければいけません。それだけ、必要とされているということでもあるのですから、プライドを持ってやらないと・・・
 浦和のユニフォームを着ているロビーを観れるのも、あと3~4試合です。彼の雄姿を目に焼き付けておかないと・・・

 「バーモス・ポンテ! バーモス・ポンテ!」

 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。