ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2010年  »  2010Jリーグ28節(浦和vs山形) 観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグ28節(浦和vs山形) 観戦記

 土曜の午後、Jリーグ第28節、ホームの山形戦が台風が近づき、雨が降りしきる埼スタで行われました。

 そんな中でも浦和のサポは大勢集まり、大音量での声援を続けていました。本当に頭が下がります・・・

 僕らも参戦しようと思っていましたが、さすがに台風が近づいている中、しかもこの寒さの中、いく気力はなく、家の中での観戦です。
 
 前節、痛恨の敗戦を喫してしまった浦和、3位以内を目指す上で、今日の試合は本当に大切です。

 スタメン出場停止が解けたサヌが左SBに、宇賀神君が峻希君に代わり左サイドのMFに上がり、原口君は右に回ります。
 山形の戦術はもうやる前から分かってます。まず、守備から入ってカウンター、浦和が一番苦手とするタイプのチームですね・・・
 
 さて、前半。やっぱり、台風の影響でピッチはスリッピーです。転ぶ選手も続出です。風も強めで、これはサッカーをやるにはつらいコンディションですね・・・
 それでも、浦和はパスを丁寧に繋いで、シュートまでもっていこうとして、攻め続けてました。
 しかし、今日も最後の部分であと一歩が足りません。ボールを持っていない周りの選手が走り込んでパスコースを作るか、相手DFをもっと引き付けないと、ボールを持っている選手が楽にシュートもパスも打てません。

 そんな中、前半20分、柏木君のフリーキックからセル(エジ?)がドンピシャのヘディングシュートを打ちますが、相手GKに弾かれてしまいます。惜しかった・・・これが入っていれば、と思っちゃいます。
 しかし、これでリズムに乗った浦和は、その後も攻め続けます。雨のせいか、パスの精度はいつもより悪かったですが、ボールを取られた後の守備はしっかり出来ていました。
 相手1トップの長谷川選手にボールが収まることなく、ほとんど取り返せる状況でした。それは、ここ数ヶ月で良くなった部分です。
 特に、細貝君が効いていた!彼のボールへのアタックから浦和の守備が始まり、彼がボールを奪ったら、そこから浦和の攻撃が始まる、と言っても過言ではないです。

 いい感じで進んでいた前半、一つのプレーで風向きが一気に変わってしまいました。

 前半20分過ぎ、相手の浦和右サイドへのロングパスを暢久がへディングでクリアしようとして失敗、相手に交わされて、どフリーでシュートを打たれてしまいます。

 このシュートはギシのファインセーブで事なきを得ましたが、これは暢久の完全なミスです。
 15年以上もプロの選手としてやってきて、600試合以上の公式戦を経験しているベテラン選手がやるプレーではないですね、これは。
 暢久は前からだけど、こういう致命的なミスが目立ちます。とてもクレバーで技術の高い選手でどのポジションでもできるのですが、時々気が抜けたプレーで僕らサポの肝を冷やしてくれます。

 本当にしっかりしてくれよ、浦和の最年長選手なんだから・・・
 しかし、それでも彼のキャラクターですね、悪くいう人はあまりいない。それどころか、桜木君と一緒で、「お前のミスは計算のうち・・・」と思っているサポの方が多い(笑)
 35歳になったばかりですが、精神的にも肉体的にも衰えはありません。まだまだ、やれる!頼りにしてます、暢久君。

 そんなミスで、動揺した浦和イレブンはその後リズムを崩し、山形に攻め込まれる場面が多くなりました。しかし、なんとか防ぎきって、ハーフタイムです。
 せっかく、いい感じで試合を支配していたのに・・・それを言っても始まらない。

 さぁ、後半です。

 後半頭から、出来の良くなかった宇賀神君を外して峻希君を投入、彼を右サイド、元気君を左サイドに回して立て直しを図るフィンケ監督。
 その効果もあってか、後半開始早々から浦和の勢いが戻りました。峻希君、元気君、セルらのドリブルからいくつもチャンスを作ります。
 特に、セルの、ボールキープやドリブルで絶対に倒れない体の強さは、脅威的でした。毎回のことですが、あとはもうちょっと周りとのコンビネーションを考えれば、と思います。それが出来ればものすごい選手になれるのに、惜しいな・・・
 山形は1TOPを替えてきます。22分、長谷川選手に替えて田代選手。田代選手には、鹿島時代に痛い目に合わせれてますね、何回か。気をつけないと。

 と思った矢先、後半35分過ぎに一瞬のスキを突かれます。
 浦和左サイドからの山形フリーキック、そこに田代選手が突っ込み、わずかに触れてゴールイン、山形先制1-0です。
 
 その後、梅崎君を投入したりして、点を取りにいきますが、必死の山形DFに防がれ得点ならず、そのまま試合終了です。
 痛い、痛い、2連敗となりました。ちょっと3位以内は厳しいかな・・・

 しかし、今日の山形は素晴らしかった!ほぼ、試合前のゲームプラン通り進められたのではないでしょうか?
 特に、GKの清水選手、両センターバック、アンカーの下村選手の出来は最高でした。体張っていました。

 気持ちで負けてましたね、浦和の選手達は・・・こういう悪コンディションでは、特に顕著にでます。
 確かに、パスサッカーの浦和には不利な条件ではありますが、それは言い訳には出来ません。
 浦和にはイライラが募る展開でしたが、そこで気持ちを切らさず、集中しないと、こういうタフなゲームは勝てません。
 まだまだですね。先は長い・・・・

 でも、やっているサッカーは間違っていない。これを続けることです。せっかく、結果も出始めたんだから、ここでやめるのはもったいないです。

 あと、6試合楽しみにしています。気持ちで負けるな!

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。