ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2010年  »  2010Jリーグ27節 「磐田vs浦和」 観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010Jリーグ27節 「磐田vs浦和」 観戦記

 今日は午後から、Jリーグ第27節、浦和対磐田戦をテレビ観戦。アウェーでの戦いです。

 達也はやっぱり、怪我でこの試合に間に合わず。代わりに怪我から復帰のセルが入りました。出場停止のサヌに替わって、これも怪我明けの宇賀神君が左SBに。同じく左サイドのMF原口君との縦の関係は要注目です。

 ここまで、リーグは8戦負けなし。好調です。しかし、磐田も5戦負けなし、ナビスコ杯の決勝にも進んでいて、こちらも好調です。
 いい試合になりそう・・・

 前半、磐田は予想通り、ディフェンシブに来ました。4バックの前にボランチ2枚がしっかりスペースをケアしていました。
 対する浦和も守備は好調。相手ボールになった時の切り替えの早さは、しっかり身についてきました。特に、相手FWの前田選手に入った時は2~3人でしっかり囲んで自由にさせず、ほとんど仕事をさせていませんでした。
 攻撃に関しては、すっかり、浦和の攻撃の軸になった柏木君を中心に、テンポ良く組み立てていました。
 柏木君からエジやセルにクサビの縦パスがしっかり入っていました。意識して、そういうパスを出そうとしていましたね。

 しかし、今日はそこからが上手くいかなかった・・・
 磐田にしっかり引かれて守られていたこともあり、なかなかシュートまで行けません。ミスもちょっと多かったかな。
 原口君も今日はほとんど、何も出来ませんでした。まだまだ、コンスタントに活躍できるという感じではないかな、ムラがあります。今後の課題ですね。
 前半は、右サイドの(高橋)峻希君が強引にドリブル突破からシュート、惜しくもGK川口選手に弾き出されるというシーンがありましたが、決定機はそれだけでした。
 しかし、川口選手はさすがです。今日の試合でも、好守を連発していました・・・まだまだ、やれそうです。今日もザックも観ていたし、日本代表も、また目指してほしいです。

 そして、後半。立ち上がりは前半同様、浦和はしっかり組み立てて攻め込もうとするも、磐田がしっかり守ってカウンター。
 いや、磐田の守備は素晴らしかった!気持ちが入っていました。

 そんな中、浦和が一瞬のスキを突きます。後半11分、GKギシからのロングフィードをエジが競り勝ってトラップ、トラップが少し大きくなってしまいますが、それをセルがフォロー、ドリブルで持ち上がり、再びエジにリターン。それをエジがゴール左隅に決めて、1-0、浦和先制です。
 久しぶりの先発で結果を出しましたね、セルは。これでレギュラー争いがまた激しくなります。

 これで、今日も勝利か?と思いました。選手もサポもそう思ってしまったかもしれません。
 それが油断となってしまいました・・・

 その5分後、逆に川口選手のロングフィードから、FWの前田選手に浦和の右サイド深くでキープされ、ゴールライン際をギリギリのところですり抜けられ、センターリング、ジウシーニョ選手に蹴りこまれて、1-1の同点に。
 DF陣がゴールラインを割ったとセルフジャッジをしてしまったみたいです。一瞬、動きを止めてしまいました・・・

 更に、その約10分後、MF菅沼選手のミドルシュートを打たれ、ギシが辛くも弾き出すも、それで与えたCK、ファーに流れたボールを那須選手に角度のないところから決められて、1-2、磐田逆転となりました。
 CKのボールには、ギシもちょっと触っていたんだけど・・・弾き出すまではいきませんでした。

 その後は、更に磐田に守備を固められて、苦しくなりました。2トップを残して、8人でしっかりブロックを作られてしまいまいた。PAにあれだけ、サックス・ブルーのユニフォームがあると・・・ね。
 途中、(鈴木)啓太を投入、柏木君を一列上げて、更に攻め続けた浦和ですが、1歩及ばず、そのまま、1-2で敗戦でした。

 こういう展開で追い付けるかどうかが、優勝争いができるかどうかに繋がるけど、まだまだかな、という感じです。
 9戦ぶりの負け。2失点もその時以来、でも、この敗戦は痛い・・・
 でも、悔やんでも仕方ないので、あと七戦、全部勝ちましょう!
 
 今日は、負けましたが、明るい話題が一つありました。
 シーズン前に大怪我をして、戦列を離れていた、梅崎司選手が途中から、今季初出場しました。
 ピッチに入った瞬間、「梅崎コール」。そして、彼のチャントがずっと歌われていました。
 みんな、復帰を心待ちにしていたんです。

 「オレオレ~、ウメサキ~、オレオレ、ツカサ、ラーラ・ララ、ラーラ・ララ ~」

 彼の切れ味鋭いドリブル、そして、FK。ACLを目指す上で、これから、絶対に必要です。柏木君とも各年代の代表で一緒にプレーしているし、仲もいい。

 背番号「7」がこれから埼スタのピッチを躍動する姿が見れるのが楽しみです!頼りにしています。

 
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。