ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2010年  »  2010年Jリーグ24節 「浦和vs新潟」 観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年Jリーグ24節 「浦和vs新潟」 観戦記

 Jリーグ第24節、新潟とのホーム戦をテレビで観戦。

浦和はホームで5月1日以来勝ちがありません。そんなこともあり、観客もちょっと少なめです。バックスタンド・アッパーの「URAWA」の文字もだいぶ見えちゃってます。
でも、この際、それは関係ありません。ゴール裏には、コアな浦和サポが大勢陣取っています。ここでは負けられません。

新潟には、リーグ戦では、最近6試合いずれも完封勝ちしていてとても相性のいい相手です。
そういうのは、大事です。相手がちょっとでも苦手意識を持っていいてくれれば、それだけでも有利になります。

スタメンは、怪我で離脱した高橋君に替わり、怪我から復帰した達也が久しぶりのスタメン、同じく怪我から復帰した平川君が右SBに入っています。

さて、試合開始。

うーん、開始から新潟の出足が速い!
中盤でのプレスがキツく、パスミスやインターセプトで相手ボールになり、そこから速攻を何度も受けてしまいました。
特に、浦和の左サイド、サヌの上がったスペースを新潟FWチョ・ヨンチョル選手に上手く使われて危ないシーンもいくつか・・・

そんな中、前半10分過ぎ、最近好調をキープしているスピラが、怪我(?)で坪井君と交代。ちょっと心配です。
でも、ツボもやってくれるはず・・・頑張れ!

その後も展開は変わらず。浦和がなかなかゴール前までボールを運べません。主力が多く出ていない新潟の気迫が凄いです!
エジの見事な右足アウトの惜しいシュートもありましたが、単発。逆に、直後にカウンターからチョ選手にGKと1対1でシュートを打たれてしまいました。
しかし、ここで立ち塞がったのはGKギシ!何とか右手一本で弾き出しました。
本当に頼りになります・・・最近、特に当たっています。

新潟が主導権を握ったまま、ロスタイムへ。
このまま、何とか0-0で折り返せるか、と思った46分・・・
細貝君が前線の原口君へクサビの縦パス。それを原口君がポンテに落として、更にエジへ。ポンテはそのままゴール前へ走りこみ、DFを下がらせた隙に、エジは更に後方から上がってきた柏木君へパス。
PAちょっと後ろで受けた柏木君、左足に持ち替えてそのまま、強烈なシュート!見事、右サイドネットに突き刺さりました!
1-0浦和先制!!

素晴らしいゴールでしたね。
ゴール前でパスがきれいに繋がったことと、それによって相手DFが混乱させることができたこと、そして、ボランチの柏木君のミドルで点を取ったこと。
どれも最近見られなかった得点パターンです。こういうミドルで点を取っておけば、相手はもっと出てこざるを得なくなります。
今後のことを考えてもよかった!

しかし、とてもいい時間帯に点を取りました。そのまま、ハーフタイムです。
前半浦和のシュートは4本(新潟は7本)、ここまで押された試合は鹿島戦以来か・・・
それでも、1点リードで折り返し。サッカーは解りません・・・いつもと逆の展開ですね(笑)

後半、やっぱり展開は変わらずです。
新潟のプレスと速攻に苦戦です。

ここで、フィンケ監督が動きます。攻撃面で左サイドで何度も攻め上がりチャンスを作っていた、サヌを下げ、18歳岡本君を投入。
岡本君を右SBに、平川君を右から左SBへ移します。相手の速攻対策ですね。
相手は明らかに、サヌの上がったスペースを狙っていましたから。守備のいいベテラン平川君にそこのケアを担当させました。

ここらへんで、さすがに新潟の運動量も落ち気味になり、プレスも甘くなってきましたが、それでも浦和の攻めはなかなか繋がりません・・・
双方、シュートまでいけない状況が続きます。そんな後半、目立っていたのは、原口君。
左サイド、果敢にドリブルからシュートを狙っていました。決まりませんでしたが、そんな積極的な姿勢には拍手を送りたいです。
後半27分、運動量の落ちたポンテを下げ、これも怪我から復帰したばかりのセルを投入。

これで、浦和は息を吹き返しました。フレッシュな彼がドリブルで持ち上がることにより、DFラインも押し上げることができるようになりました。
そんな後半36分、今日も怪我明けとは思えない切れのある動きでピッチを動き回っていた達也が相手陣左サイド深くでボール受け、ドリブルでPAへ、一人を切り返しで交わしたボールが相手に当たりこぼれますが、そのボールに突っ込んだのは途中出場の岡本君。
彼がDFと競って、更にこぼれたボールがこれも途中出場のセルの前へ・・・
 セルがこれを落ち着いて決めて、貴重な追加点、2-0浦和がリードを広げます。

 これは、大きかった!
 浦和が勝ちきれなかった理由は、追加点がなかなかとれなかったことが原因でしたから。
 途中出場の2人がやってくれました!

 試合はそのまま逃げ切って、2-0で浦和の勝ち。
 シュートは新潟12本に対して、浦和は6本。完全に押されていました。

 勝因の一つは、サブのメンバーの活躍。
 浦和は、セルと岡本君が得点に絡んでくれました。坪井君も完封勝ちに貢献しています。
 ベンチの層の厚さは浦和の強みです。最近は負傷者が多くて、そうもいえないことも多いけど。

 本当に久しぶりのホームでの勝ち星です。5月の名古屋戦以来か・・・長かった・・・

 サポも「WE ARE DIMONDS」をタオマフ掲げて、気持よさそうに歌っていました。ちょっと羨ましい・・・
 先週、勝ってくれれば・・・と泣き言は言いませんが。

 涼しくなってきて、これからは浦和の、人とボールが動くパスサッカーが本領を発揮する季節です。
 さぁ、これから!
 とにかく、このサッカーを継続できるか、できないかは、これからの成績次第です。
 僕は、続けてほしい。そのためには、勝点3を重ねていくしかないです。
 頑張れ、浦和!今こそ、チーム、サポが一丸となる時です!
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。