ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  サッカー  »  キリンチャレンジカップ2011「日本 vs 韓国」観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンチャレンジカップ2011「日本 vs 韓国」観戦記

 暑い日が続く最近の日本列島、そんな真夏のミッドウィークの夜に、サッカー日本代表の国際親善試合が開催されました。

 場所は北海道の札幌ドーム、相手は宿敵・韓国です。

 9月から2014年ブラジルW杯アジア3次予選が始まりますが、その直前の大事な試合です。
 戦術の最終確認と、選手のコンビネーションを高める意味からもとても重要な試合となります。

 もちろん、勝ってW杯予選へ臨みたい。それは当然ですが、それよりも、これは日韓戦。
 選手ももちろんこの相手だけには絶対に負けたくないと思っているでしょう。

 それに、先日亡くなった松田直樹選手の追悼試合という意味合いも強いです。
 日本選手の腕には喪章がしっかりと巻かれています。試合前には観客も一緒に黙祷が捧げられました。
 
 モチベーションを高めるには事欠かないこの試合、天国で見守る松田選手が喜ぶようなナイスファイトを見せてほしいです。

 さて、スタメン。ザッケローニ監督は、思い入れの強い攻撃的な3-4-3ではなく、現実的な4-2-3-1を選択しています。

 GKは川島選手、DFは4バック、右から内田選手、吉田選手、今野選手、駒野選手。
 ボランチは、不動の2人。キャプテン・長谷部選手とベテラン・遠藤選手のコンビです。安定感抜群です。
 攻撃的MFは3人。右から岡崎選手、本田選手、香川選手。いずれも、海外で活躍する旬の選手、楽しみです。
 1TOPは李選手です。在日韓国人4世として生まれた李選手。日韓戦には思い入れも相当強いでしょう。
 期待したいです。

 試合開始。
 立ち上がりは一進一退の攻防が続きます。
 日本が中盤でパスを繋ぎながら攻撃を組み立てようとしますが、ミスが多く、逆に韓国に鋭いカウンターを浴びてピンチとなる場面もしばしば・・・

 しかし、前半20分過ぎ位から日本の猛攻が続くようになります。
 中盤でのパスが繋がるようになり、攻め切れるようになったのが大きいです。慣れてきたのかな?
 海外組が多いこともあり、なかなか主力メンバー全員での練習は多くはないとおもいます。でも、試合の中で修正が出来るのは、彼らの戦術理解度の高さと技術レベルの高さをまざまざと見せつけれられました。

 そして前半35分、相手陣深くでインターセプトをした遠藤選手が少しタメて、中央の李選手へ。
 李選手、そのボールをダイレクトで近くの香川選手へ落とします。香川選手、見事なトラップから最後は右足でゴール左隅に蹴り込み、ゴールゲット!1-0日本先制です。

 ダイレクトで落とした李選手、その判断は見事でした。あそこでトラップしていたら、チャンスは潰れていたかもしれません。よく香川選手の位置を確認していました。

 そして、香川選手です。もうさすが、としか言いようがありません。今の日本代表の大きな柱となりました。
 特に、あのトラップ・・・素晴らしいとしか言いようがありません。
 彼のトラップはただ止めるだけでなく、次の動きをイメージしていて、その動きに合わせたベストの位置にボールを置こうと意図しています。

 あのトラップ技術は、世界的に見てもトップレベルなのでは?
 あのトラップがあるから、変幻自在なドリブルも更に活きてきます。
 相手DFにとったら、とんでもなく嫌な選手でしょう・・・

 それにしても、我が浦和レッズ原口元気君は、もし日本代表に選ばれたら、彼とポジション争いをしなければいけないのか、そりゃ、大変だ・・・

 元気もまだまだレベルアップしないと簡単には追いつけません。
 高い壁なのは間違いないですが、いつか超えてほしい。頑張れ、元気!

 前半36分、怪我で負傷した岡崎選手に代わって若い清武選手が入ります。

 そのまま、日本が押し気味で前半終了です。

 後半開始。

 選手交代はありません。

 後半8分、左SBの駒野選手がドリブルでカットイン、PA内に侵入しそのままシュート!惜しくもGKに弾かれますが、それを逆サイドの清武選手が拾い、そのままダイレクトで斜め後方の本田選手へ流します。
 本田選手は、コースをしっかり狙って、ゴール右隅に左足でしっかり決めます。

 2-0、日本追加点です!

 シュートを決めた本田選手はもちろんですが、その前に果敢にドリブルで突っ込んで行ってシュートを放った駒野選手のチャレンジは見事でした。

 怪我で不在の長友選手の代役での出場ですが、見事そのチャンスを活かしました!
 
 気落ちした韓国に、日本は更に追い打ち。
 9分、中盤でボールを奪った日本がショートカウンターを仕掛けます。
 中央でボールを持った香川選手が右サイドを並走していた清武選手にスペースへパスを出します。
 そして、自らゴ-ル前に走り込んで、清武選手からのリターンを受け取り、そのままダイレクトでゴールへ押し込みました。

 3-0、日本リードを広げます!

 ここら辺のワンタッチのボールコントロールの素晴らしさ、香川選手らしさ全開です。
 素晴らしい!

 後半11分、駒野選手に代わって槙野選手が入ります。駒野選手、素晴らしかったです。
 後半21分、長谷部選手に代わって阿部選手が入ります。元浦和の欧州組同志の交代です。

 後半28分、遠藤選手に代わって家長選手が入ります。彼も今年から欧州を舞台に飛躍しようとしている一人です。

 人が多く入れ替わっても、日本の攻勢は変わりません。
 途中から入ってくる選手も、技術が高く、戦術をしっかり理解している証拠です。

 しかし、日本の中盤のボール回しや攻撃の組み立ては見事です・・・

 特に欧州組の逞しさは、際立っています。
 中盤の香川選手と本田選手、彼らが日本の攻撃を司っていますが、いつもお互いに相手の場所を意識しているようにプレーをしていました。お互いの長所をしっかり出し合って絶妙なコンビネーションとなっていました。

 右SBの内田選手も、ドリブルで独走で持ち上がり、自らシュートを放つシーンもありました。
 惜しくもポストに阻まれましたが、今までの彼には感じられなかった力強さが見られました。

 厳しい舞台で戦うことは、人間を強くします。

 そのまま、日本がしっかりボールを保持して試合終了となりました。 
 
 3-0で日本の勝利、結果と共に内容でも完勝といえる素晴らしい仕合でした。

 次はいよいよW杯3次予選、負けられない試合が続いていきます。

 しかし、この試合内容を見ると安心させられます。強敵韓国に完勝。
 これを更に磨いていけば、まず問題ないのでは・・・そんな思いを抱かせる試合でした。

 U-22も、なでしこもそれぞれ頑張っています。
 ザック・ジャパンもW杯本番での活躍をみんなが期待しています。

 震災からの立ち直ろうとしている日本の希望の光となってほしい。

 頑張れ!ニッポン!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
 にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。