ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2011年  »  2011年Jリーグ第29節 「浦和 vs 大宮」観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年Jリーグ第29節 「浦和 vs 大宮」観戦記

 10月15日、Jリーグ第29節が行われています。

 この日の浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアム2002で大宮アルディージャと対戦です。

 同じさいたま市内の相手ということで熱が入る埼玉ダービー。
 しかも、今回は降格争いの直接対決ということで、今回は特に熱い戦いとなりそうです。
 実力はともかく、降格争いという点では、“先輩”で経験豊富な大宮です。毎年のことですから、もう、慣れっこでしょう。この時期の大宮は本当にしぶとい・・・嫌な相手です。

 対する浦和は、若手中心でここ10年以上この時期の降格争いの経験はありません。
 シーズン終盤になる程、降格争いのプレッシャーはキツくなっていきます。それに耐えられるか?
 崖っぷちに立つ前に、何とか安全圏に逃れたいところです。
 
 Jリーグの試合は2週間ぶりです。ただその間に、ナビスコと天皇杯の試合は戦っていて、それぞれ勝利を収めています。
 特にナビスコ準決勝のガンバ大阪戦は2-0の快勝で、内容も素晴らしかったと聞いています。
 それと同じパフォーマンスがこの大事な一戦で出すことができるか? 
 そして、“浦和キラー”の大宮のエース・ラファエル選手を止めることが出来るか?注目しましょう。

 ということで、スタメン。

 当然、内容の良かったナビの準決勝のメンバーが基本。
 セルと梅﨑君、それから野田君に濱田水輝君。
 水輝はJ初スタメンかな?おめでとう!
 それから、平川君が戻ってきました。
 代表帰りのスピラノビッチと原口元気君はベンチからのスタートです。どこで元気を投入するかも勝負の分かれ目になるかもしれません。

 選手入場時、北ゴール裏の浦和サポはヴィジュアルを用意していました。
 白地に赤の十字、それに黒く太い文字で「PRIDE of URAWA」。相変わらず素晴らしい!
 サポもこの試合の重要さをよく理解しています。サポの気持ちに選手がどれだけ応えられるか・・・

 さて、試合開始。

 システムは予想通り、4-4-2に近い形。
 デスポトビッチ(ランコ)とセルの2トップ。その下にウメが左、マルシオが右に入っています。
 ボランチは、柏木君と啓太がコンビを組みます。
 左SBには野田君、右SBには平川君が入っています。CBは永田君と濱田君のコンビです。

 立ち上がり、これも予想通り、浦和がボールをキープして主導権を握って攻勢に出ます。
 どちらかというと、左サイドからの攻撃が多いか・・・ウメのドリブルのキレも良さそうです。ナビのいいイメージが残っているみたいです。
 セルとランコのコンビネーションは、中央の最前線に張っているランコの周りを、セルが自由に動き回るような感じです。
 それにしても、セルの良い動きは目立ちますね。味方からボールを引き出すような動きを繰り返しています。
 相手の裏を取ろうとしたり、前線でボールをキープして起点となったり、とかなり効いています。
 今までの無理にドリブルを仕掛けては、潰されてボールを奪われていた姿はすでにありません。
 セルも本当に成長しました。心強い限りです。

 対する大宮は、ボールを奪ってからのカウンターに活路を見出そうとします。
 これも想定通り。ラファエル選手のキープ力を生かそうしてます。ここできっちり起点を作られると、浦和は苦しくなります。しっかり潰さないと・・・

 浦和の攻撃は、今までよりかなりスムーズになった感じがします。
 前の4人(ランコ、セル、ウメ、マルシオ)の組み合わせがハマっているし、それぞれの特長を出せるシステムのようですね。これは楽しみです。
 
 試合自体はとても動きの少ないけれど緊迫した展開が続きます。シュートとどころか、ゴール前の決定的なシーンもほとんどなしです。
 お互いに先制点の重みを十分に理解しているのでしょう。どちらもバランスを考えた攻撃となっています。
 こういう展開で勝負を分けるのは、ミスかセットプレーであることが多いですが、この試合ではどうでしょう?

 前半は、そのまま0-0で終了です。
 どちらも抑え気味の前半戦。五分五分という感じです。
 後半どちらが先に仕掛けるか?

 後半開始。
 開始早々、浦和が攻勢に出ます。
 勝ち点3がより欲しいのは浦和の方です。大宮は最悪ドローでもいい、くらいの気持ちなのでは?
 ホームであること、相手より下の順位にいるのであるから、先に浦和が動くのは当然と言えば当然です。
 52分、セルのスルーパスからランコがGKと1対1となるこの試合初めての決定機が生まれますが、ランコのシュートは惜しくもGKに弾かれてしまいました。
 こういうシーンを多く作りだしたいですね、浦和は。
 
 こう着状態が続く中、66分、いよいよ切り札の元気が登場です。ランコに代わって投入。
 システムは、セルを1トップにした4-2-3-1へ。
 トップ下は左から元気、マルシオ、ウメの並びです。
 その直後、左SBの野田君が相手ともつれて負傷退場となってしまいました。
 71分、その野田君に代わって、これも久しぶりの岡本君。右SBへ入ります。平川君は左SBへ。

 更に立て続けにカードを切り、勝負をかけるペトロ。
 75分、マルシオに代わって直輝の登場です。
 直輝はそのままマルシオのいたトップ下中央へ。
 
 これで、この日メンバーに入ったユース組が全て、総勢6名(セル、元気、直輝、岡本君、水輝順大)も同時に同じピッチに立っています。
 ほんの数年前まではとても考えられなかった光景です。
 彼らの存在を頼もしく思うとともに、時の流れを感じますね・・・

 さて、これからと思ったのも束の間、熱望していた先制点は大宮の方へ。
 84分、浦和の右サイドを破られセンターリングを上げられ、ラファエル選手の頭にぴったり合わせられてしまいました・・・・0-1大宮先制。

 ラファエル選手・・・やっぱり、この人でしたか。永田君を中心に、ここまでよくラファエル選手を抑えていましたが、この時だけは、上手くマークを外されて、フリーでヘディングシュートを打たれてしまいました。
 ラファエル選手の決定機はこの試合、ここだけと言っても過言ではありませんでしたが、それをしっかり決められるのだから、本当にすごい選手だ、彼は。

 浦和はここから捨て身の反撃に出ますがそれも及ばず、試合終了。

 0-1で大宮の勝利となりました。
 
 浦和にとってはとっても痛い敗戦です。
 この日、甲府が勝利したため、とうとう降格圏の16位まで順位を下げることになりました。

 やっぱり、大宮の選手は彼らなりの絶対負けられない試合の戦い方をよく理解して実行していましたね。
 ディフェンシブに規律を持って戦い、相手の一瞬を突いて最少得点差で勝利する・・・大宮のゲームプラン通りの試合展開となってしまいましたね。

 では、浦和も大宮と同じような戦い方をすればいいのかというと、それは違うと思います。
 浦和には浦和の戦い方がある。降格争いをしていてもそれは同じです。
 
 今日の試合、足らなかったのは、ほんのちょっとのプレーの積極性です。
 先に失点しては絶対にいけないので、まず、守備から・・・という意識は当然持つべきですが、気持ちまで守りに入ってしまってはいけません。
 今日の試合は、選手みんなが常に失点を恐れるばかりに、プレーが消極的になり過ぎてしまっていたのが残念です。大宮のスタイルに合わせてしまいました。
 
 攻撃の時は、しっかり攻めきってシュートで終わる。ボールを失うのを恐れて、中途半端な攻撃になるのが一番怖い。ボールを奪われたら、すぐに守備に切り替える。守備の時は、引かないで中盤からしっかりプレスを掛ける。
 これらは、今シーズン当初から浦和の目指していた方向性とも合っています。

 もう一度、降格争い仕様にマイナーチェンジしつつ徹底してほしいところです。

 試合内容としては、特に悲観することはありません。目に見えて良くなっています。
 これだけディフェンシブな相手には、このような結果になることはある確率で起こり得ます。
 
 このシステム、メンバーを軸に続けていけば、必ず勝てます。選手達も手応えを掴んでいることと思います。

 大事なのは、自分達のやり方に自信を失くさないこと。降格を必要以上に恐れないこと。
 そして、やっぱり、常に積極的な気持ちでプレーをすること。
 
 埼スタのゴール裏には「浦和の未来は選手と俺達の覚悟が決める」の大きな弾幕が掲げてありました。

 選手もサポも、今こそその“覚悟”が問われています。
 絶対に勝ち点3が必要です。これからは勝ち点1では負けと同じです。
 気持ちで守りに入るな、勝ち点を奪いに行け!

 次は、アウェイで強豪の横浜FMとの戦いです。
 “覚悟”を決めた背水の陣で臨んでほしい。

 頑張れ、浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ にほんブログ村 サッカーブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Re: タイトルなし
うわー、間違えだらけだ。
降格圏に突入して、ちょっと気が動転していたのかも・・・
ご忠告ありがとうございます。

そうですね・・・ここまで来たら、内容より結果ですから・・・
次節は絶対に勝たなければいけないですね。
頑張りましょう!

> ちなみにナビスコガンバ戦は2ー1です^^;
>
> ひどいときの攻撃の形よりはかなりよかっただけに‥‥
> それを最後まで徹底してほしかったです。。。そしてなにより勝たなきゃいけない試合に負けたのが悔しい、残念な、、、そんな試合翌日です。。。
ちなみにナビスコガンバ戦は2ー1です^^;

ひどいときの攻撃の形よりはかなりよかっただけに‥‥
それを最後まで徹底してほしかったです。。。そしてなにより勝たなきゃいけない試合に負けたのが悔しい、残念な、、、そんな試合翌日です。。。
Re: タイトルなし
そういえば、そうでしたね・・・
それでは、今季初スタメンということで。

御忠告ありがとうございます。


> 通りすがりの浦和サポーターです。
>
> 濱田くんは、去年の最終節でスタメンでしたよ
通りすがりの浦和サポーターです。

濱田くんは、去年の最終節でスタメンでしたよ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。