ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2011年  »  2011年サッカー天皇杯4回戦 「浦和 vs 愛媛」 観戦記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年サッカー天皇杯4回戦 「浦和 vs 愛媛」 観戦記

 17日、サッカー天皇杯の4回戦が各地で行われています。

 関東では、12月らしい澄み切った爽やかな青空が広がり、絶好のサッカー観戦日和となりました。

 全日程が終了した今年のJリーグでは、ようやく最終節にJ1残留を決めるという散々な目に遭った我らが浦和レッズ
 しかし、まだ浦和の今シーズンは終わっていません。
 そう・・・天皇杯のタイトルが残っています。
 
 優勝チームにはACLへの扉も開かれています。是非とも、チャンスをモノにしてほしいところ。
 本当に色々あったシーズンですが「終わりよければすべてよし」です。

 浦和は地元・埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で愛媛FCと対戦しています。
 ホーム同然のこのスタジアムで底力を示したいところ。

 試合開始。
 堀孝史監督に代わってからすっかりお馴染みとなった4-1-4-1のシステム。

 GKは山岸範宏選手。
 CBは坪井慶介選手と濱田水輝選手のコンビ。SBは右に平川忠亮選手、左に山田暢久選手というベテランコンビです。
 1トップは原君。その後ろに左から梅﨑司選手、山田直輝選手、柏木陽介選手、マルシオ・リシャルデス選手が並びます。その後ろに1ボランチ(アンカー)には鈴木啓太選手。

 開始早々に試合は動きます。
 9分、ゴール左サイドで得たFKをマルシオが横から差しこむ日差しに邪魔されながらも直接蹴り込みました。
 1-0、浦和先制!

 相手DFに軽く触れたため、コースが変わった幸運もありましたが、素晴らしい無回転シュートでした。
 こういうシーンをJリーグでもたくさん見たかった・・・・

 その後も、浦和はボールを支配して主導権を握ります。
 愛媛はボールを奪ってからの手数を掛けないカウンターで活路を見出します。

 しかし、浦和は1点取って油断した訳ではないのでしょうが、集中力のないプレーからピンチを招く場面が多く見られました。相手に合わせてしまう悪い癖が出てしまっています。

 危ないシーンも幾つかあり、山岸君の好セーブに救われる場面もありました。

 それでもようやく相手の戦い方にも慣れてきて、浦和は25分過ぎからサイドを上手く使って攻撃できるようになります。センターリングを上げられるシーンも増えてきましたね。

 直輝の強烈なボレーシュートもありました。惜しくも相手GKの好守に阻まれましたが、そのシュートで得た左CKを暢久がヘディングで折り返し、そのボールを原君がきっちり押し込みました。
 38分の得点で2-0、浦和が突き放します。

 暢久の走り込みながらのヘッドの折り返しは見事でした!待ち構える原君の足元にピッタリ合いました。
 浦和サポが歌う暢久のチャントが熊谷の地に響き渡ります。うーん、久しぶりに聴いた気がする・・・

 それにしても、この1点は大きい!
 このまま1点ビハインドのまま何とか食らいついて後半勝負・・・と考えていた相手にとって、この2失点目のダメージは計り知れません。

 前半はそのまま終了。
 今シーズン不振だったチーム同士の対戦にふさわしい(?)、ミスの多い落ち着かない前半でした。
 シュート数もほぼ同じ(浦和6本、愛媛7本)だったし・・・

 それでも浦和が決定力でJ1チームとJ2チームの力の差を示しています。

 後半は更に攻守で相手を圧倒して、失くしてしまった「J1のプライド」を少しでも取り戻したいところ・・・

 さて、後半。

 僕の願いが通じたのか、立ち上がりから浦和が猛攻を仕掛けます。
 前半に比べて、1トップの原君をターゲットにするシーンが多くなりましたね。
 一旦クサビを入れることによってサイドからのドリブル突破の威力が増したし、両SBもかなり上がれるようになりました。

 69分、ウメに代わって宇賀神友弥選手が入ります。ポジションはそのまま2列目の左サイドに入ります。
 
 代わった宇賀神君が早速仕事をしました。
 77分、啓太からクサビのパスを受けた宇賀神君がワンタッチで走り込んできた柏木君に流します。
 そのボールを柏木君が豪快に左足で蹴り込んで3-0、浦和がダメ押して試合を決めてしまいました。

 複数の選手が上手く絡んでの得点、これも今シーズンあまり見られなかったナイスなコンビネーションでした。

 79分、すでにイエローカードを1枚もらっている直輝に代わってルーキー小島秀仁選手が入ります。
 小島君はそのまま直輝のポジションへ・・・いつもよりも前目に入ってますね。
 
 83分、平川君に代わって野田紘史選手が入ります。
 野田君は本職の左SBへ。空いた右SBは暢久が回りました。

 浦和はここらへんで攻撃のギアを下げました。無理をせず、試合を終わらせようとします。
 前からプレッシャーは掛けず、しっかり引いて守っています。ボールを奪ってもしっかりボールをキープしながら安全運転です。

 ロスタイム、愛媛にロングボールからのヘディングで1点を返されますが、大勢に影響なくそのまま試合終了。
 3-1で浦和の勝利です。
 
 浦和はJ2の愛媛に対して格の違いを見せつけて、順当に準々決勝へと駒を進めることとなりました。

 浦和は中盤トップ下に入った直輝と柏木君、それにアンカーの啓太の3人のコンビネーションがこなれてきた感じ。特に守備において、その印象が強いです。

 3人が流動的に動いて、このシステムの最大の弱点、アンカーの両脇のスペースをしっかりケア出来ていたように思います。
 次戦以降もこの3人が堀サッカーの中心、肝になります。期待したいです。

 愛媛は、今シーズンJ2でブレイクした齋藤選手の個人技が光りましたね。素晴らしい選手でした。
 ただリードされてからは特に、愛媛は彼のドリブル頼りの攻撃となってしまい、単調になってしまいました。
 齋藤選手はボールを持つと確かに怖い選手でしたが、それだけだと分かってしまうと浦和DFの対処は楽だったかもしれません。

 今シーズン前半の浦和も、原口元気選手のドリブル頼りで、それに固執してしまっていた時期がありました。
 相手チームから見たら、その方がやっぱり守りやすかったのかも・・・
 攻撃のバリエーションを増やすことはとても大事なことなんだな、と痛感。来年以降の反省としたいところ。

 結果は完勝でしたが、内容は決して褒められたものではありませんでした。
 ちょっと、ミスが多過ぎましたね・・・
 この日のパフォーマンスでは、準々決勝以降の戦いに不安が残ります。
 
 これからも負けられない戦いが続きます。
 しかし、残留争いをくぐり抜けてきた浦和の選手にとって、これ位のプレッシャーは無いに等しいのでは。
 精神的に強くなった浦和の選手達に期待したいです。

 1月1日元旦、国立の決勝のピッチで浦和のユニフォームが躍動していることを・・・
 今期限りの退任が確定的な堀監督のサッカーをもう少し見ていたいですしね。

 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ にほんブログ村 サッカーブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。