ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『柏レイソル vs 浦和レッズ』(’16 1st 第1節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『柏レイソル vs 浦和レッズ』(’16 1st 第1節)

 2月27日の土曜日、Jリーグ1stステージの第1節が各地で行なわれています。
 待ちに待った2016年シーズンの幕開け。
 実力伯仲の戦国リーグ、今年はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。
 楽しみです。

 浦和レッズは、柏レイソルと、アウェイ・日立柏サッカー場での対戦です。
 浦和は昨季、1stステージを無敗で優勝しました。
 しかし2ndステージでの失速が響き、年間トータルの勝点では、サンフレッチェ広島に次ぐ2位。
 プレーオフでも、年間3位のガンバ大阪に敗れ、悲願のタイトル奪還はなりませんでした。

 今季は、ミシャが指揮して5年目のシーズンです。
 戦術も徹底され、戦力も整ってきました。
 足りないのは、「優勝」という結果のみです。
 選手たちの頑張りに期待しましょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:遠藤 槙野 森脇
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 興梠 武藤
 FW:李


スポンサーリンク

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右から、遠藤君、槙野君、森脇君。ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 ワイドは右に関根君、左に宇賀神君。シャドーは右に李君、左に武藤君。1トップに興梠君。

 柏の最終ラインは4枚。
 フラットに並んで、ゴール前の中央を固めます。
 相手ボールのときは、全員が引いて守る、リトリート・サッカー。
 ボールを奪ってからのカウンターにすべてを懸けます。

 立ち上がりから、アウェイの浦和がボールを圧倒的に支配し、優位に進めます。
 中盤でリズムよくパスをつなぎ、柏ゴールに迫ります。

 30分の浦和、右サイドを抜け出した関根君が、右足でセンターリング。
 逆サイド武藤君がワンバウンドしたボールを胸で押し込み、ボールがそのままゴールへ・・・・。
 しかし、相手ゴールキーパーの中村選手が、間一髪でかき出します。
 惜しくも、ゴールならず。

 42分の柏、ゴール前右サイドでパスを受けた茨田選手が、振り向きざま、右足の強烈なシュート。
 ボールは枠をとらえましたが、西川君が横っ飛びで押さえ、ピンチを脱します。
 結局、前半はそのまま、0−0のスコアレスで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が8本、柏が3本。
 この数字通り、浦和が終始、ペースを握った45分でした。
 浦和の選手たちは、コンディションよさそうですね。
 シーズン緒戦とは思えない動きのよさ。
 ボールへの寄せも早く、パスも気持ちよくつながり、質のよい攻撃が展開されました。
 あとは、フィニッシュだけです。
 ここの部分は、試合勘がものをいいますね。
 選手交代も含め、なんとかぶ厚い黄色い壁を崩してほしいところです。

 後半開始。
 前半の流れを引き継ぎ、浦和ペースで進みます。

 52分の浦和、柏陣内でクリアボールを阿部君がカット。
 ルーズボールとなり浮いたボールを、ゴール前の李君が体を張って収めます。
 李君、ボールをキープしたままターンし、強引に左足でシュート。
 ボールは枠をとらえましたが、中村選手が横っ飛びで弾きます。

 こぼれたボールに飛び込んだのが、ファーサイドにいた武藤君。
 右足のシュートが、見事、ゴールネットを揺らしました。
 1−0、浦和が待望の先制点を奪います。

 リードした浦和は、選手交代のカードを切ります。
 62分、李忠成選手に代わってズラタン選手。
 ズラタンは1トップに入ります。
 興梠君が1列下がって、右シャドーへ。

 64分の柏、右サイドを相手陣からつないで、オリヴェイラ選手が粘ってシュート。
 西川君が弾いたボールを、田中順也選手がシュート。
 このボールも西川君が弾きますが、こぼれ球がファーサイドに詰めていた大谷選手の前に。
 大谷選手、フリーで右足で豪快にゴールに蹴りこみました。
 1−1,柏が同点に追いつきます。

 同点に追いついた柏は、勢いづいて浦和陣に攻め込みます。
 68分の柏、カウンターから右からのセンターリング。
 このボールに途中出場の山中選手がフリーで頭で合わせます。
 しかし、強烈なヘディングシュートはポストを直撃し、ゴールならず。

 流れを変えたい浦和は、次々と2枚の選手交代カードを切ります。
 73分、柏木陽介選手に代わって那須大亮選手。
 80分、関根貴大選手に代わって駒井善成選手。

 那須君は、ボランチの一角に、駒井君は、右のワイドにそれぞれ入ります。

 84分の浦和、右からのコーナーキック。
 キッカーの武藤君の右足から放たれたボールは、ニアサイドのズラタンの頭にドンピシャリ。
 狙いすましたヘディングシュートが、ゴール左隅に吸い込まれました。
 2−1、浦和が再び勝ち越しに成功します。

 アディショナルタイムは6分。
 柏の最後の力を振り絞っての反撃も、浦和が体を張った守備でしのぎ切りました。
 試合終了のホイッスルが鳴り、2−1で浦和の勝利に終わりました。
スポンサーリンク
 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆


 今シーズンの幕開けにふさわしい、緊張感のある、集中した好ゲーム。
 終始、主導権を握った浦和が、接戦をものにして見事、開幕戦を飾りました。
 攻守に柏を圧倒した浦和。

 とくに目立ったのは、守備の充実です。
 相手ボールへのプレッシャーが強烈で、自陣で相手に自由にボールを回させませんでした。
 マッチアップする相手と互角以上に渡り合い、球際の強さをみせてくれました。

 とくに光っていたのは、3バックの中央に入った槙野君。
 素早いカバーリングと高い危機察知能力で、相手のチャンスをことごとく潰しました。
 相手の1トップ、オリヴェイラ選手との1対1は、見応え充分でしたね。

 新戦力の遠藤君も、素晴らしかったです。
 右のストッパーをそつなくこなして、相手の左からの攻撃をほぼ完封。
 ビルドアップにも、積極的に関わって攻撃を陰から支えていました。
 右ワイドの関根君とのコンビネーションが高まれば、攻撃面でもさらに貢献してくれるでしょう。
 とても楽しみです。

 今年の浦和は、攻撃的な守備から試合をつくる。
 そのメッセージは、ミシャの采配に表れていました。
 同点に追いつかれた70分過ぎ。
 運動量の落ちた柏木君の代わりに入ったのは、守備的な那須君でした。
 運動量豊富で当たりの強い那須君を中盤の底に入れることで、中盤のプレスを高めようとの意図からでしょう。
 結果的に、この交代が柏に傾きかけた流れを引き戻し、勝ち越し点に結びつきました。

 攻守に、より攻撃的に進化し、レベルアップする5年目のミシャサッカー。
 試合をこなしていくことで、さらに磨きがかかることでしょう。
 さらなる新戦力の台頭も楽しみですね。 大いに期待したいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 次節は、水曜日にACLを挟み、日曜日にジュビロ磐田と、ホーム・埼スタでの戦いです。
 ホーム開幕戦、快勝して一気に開幕ダッシュをかけたいところ。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。