ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2013年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs サンフレッチェ広島』(’13 第19節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs サンフレッチェ広島』(’13 第19節)

 8月3日の土曜日。関東は夏らしい青空が広がりました。気温もかなり上がりましたね。

 この日、JリーグJ1の第19節が各地で行なわれています。
 我が浦和レッズは、夕方からサンフレッチェ広島とホーム・埼玉スタジアム2002で対戦しています。

 浦和は、前節、苦しみながらジュビロ磐田に逆転勝ちしました。
 前節の勝利をムダにしないためにも、今節も勝ち点「3」を確保し、首位争いに踏みとどまりたいところ。

 対する広島は、リーグ戦5連勝中と絶好調。攻守がきっちりかみ合って首位を快走しています。
 強敵・浦和をアウェイで倒して、首位固めといきたいところ。

 両チームの勝ち点差は「5」。1位と4位の上位対決。今シーズンの優勝争いを左右する注目の一戦です。
 
 浦和のスタメンは前節から変更があり。原口元気選手と鈴木啓太選手が復帰しています。
 
 試合開始。浦和のフォメはいつも通りの3−6−1。

 試合は早々に動きました。

 5分の浦和、左サイドのタッチライン際からのフリーキック。キッカーは柏木君。
 左足から放たれたボールはゴールから少し離れた位置の興梠君の頭にピタリと合いました。
 上体を反転させてジャストミートしたボールは、必死に伸ばした相手ゴールキーパーの手をかすめてゴールに飛び込みました。1-0、浦和が先制します。

 興梠君、角度のないボールにジャンプしながら、ほぼ真後ろにヘディングする技術的に難しいシュートでしたが、よく決めました。さすがです。

 両チームともカウンターを警戒して、前からプレスを掛けることなく、守備のときにはしっかり引いて陣形を整えます。
 同じシステム、同じ戦術のチーム同士、お互い手の内は知り尽くしています。
 ちょっとしたミスが命取りになることが、両チームの選手たちは十分理解しているでしょう。

 28分の浦和、前線でクサビのボールを受けた興梠君が後方から上がってきた元気にバックパス。
 元気はそのままドリブルで持ち上がり、右サイドを駆け上がった柏木君へスルーパス。
 柏木君はゴールライン際からダイレクトでグラウンダーのセンターリング。
 逆サイドの興梠君が合わせて放ったシュートは相手ディフェンダーに弾かれます。
 しかしクリアは小さく、そのボールを元気がスライディングしながら左足でシュートして押し込みました。2−0、浦和が貴重な追加点を奪います。

 前線の3人のコンビネーションだけで崩しての得点、1タッチ2タッチで素早くボールを回して広島守備陣を完全に翻弄しましたね。お見事です。

 その直後に広島の逆襲。浦和の右サイドをえぐった山岸選手からゴール前の高萩選手に絶妙の折り返しのパスが通ります。
 しかし、高萩選手の至近距離の決定的なシュートはゴールキーパー順大が体を張って何とかセーブ。
 
 前半は2−0、浦和リードのまま終了です。

 前半の浦和のシュートは4本、広島のシュートは2本。
 浦和は、守備がしっかり機能して、そこから効率的に得点を重ねることができました。
 広島のパスコースをしっかり切って、広島に前線のクサビのパスをほとんど通させませんでした。
 相手の1トップで得点源の佐藤選手にまったく仕事をさせずにうまく封じ込めました。
 浦和は、先制点を奪ったことで、自分たちから前に出ていく必要がなくなったのは大きいです。
 広島の出方を見ながら、カウンターからさらに得点を重ねたいところです。

 後半開始。
 
 55分の浦和、右WBの平川君が右サイドを突破し高い位置からのセンターリング。
 ターゲットは中央に待ち構えていた興梠君。
 ディフェンスラインの裏に抜け出し、左足を目一杯伸ばして直接押し込みました。3−0、浦和がさらに突き放します。

 平川君、相手が対応しづらいゴールキーパーとディフェンスラインの間に絶妙のクロスでした。
 興梠君、ディフェンスラインのすき間にうまく入り込んでボールに触りましたね。

 余裕の出た浦和は1枚目の選手交代のカードを切ります。
 63分、怪我から復帰したばかりの鈴木啓太選手に代わって、山田暢久選手が入ります。
 
 66分の広島、右サイドからのセンターリングに佐藤選手がドンピシャのタイミングでヘディングシュートを放ちます。
 枠を捉えていましたが、順大が横っ飛びで右手一本で弾き出しました。

 69分の浦和、今日2得点と大活躍の興梠慎三選手に代わって、阪野豊史選手が入ります。

 広島は、何とか得点を奪おうと前掛かりに攻めますが、焦りと疲れで集中力を欠き、ミスが多く攻撃の形がなかなか作れません。
 逆に浦和は、カウンターから効果的な攻撃を何度も仕掛けて決定機も作りますが、こちらも得点には至らず。

 アディショナルタイムは4分。
 
 93分の広島、コーナーキックから水本選手が豪快にヘディングシュートを決めました。3−1、広島が一矢を報います。
 しかし、広島の反撃もここまで。試合は結局、3−1で浦和の勝利に終わりました。
 
 スコアを見れば浦和の完勝ですが、両チームの実力にそれほどの差があったわけではありません。
 やはり、開始早々に先制点を奪えたことが、第一の勝因です。
 リードした後の浦和は、無理に前掛かりに攻めることなく、カウンター狙いを徹底することができました。
 この暑さの中、ムダな体力を使うことなく、効率的に得点を重ねることができたことは、次節に向けて大きなプラスです。

 ここ数試合、浦和が苦戦し続けた最大の原因も、相手に先制点を与えてしまったことです。
 先制点の重要性を改めて感じさせてくれるゲームでした。
 
 この試合、浦和の守備は終始安定していました。ビルドアップもほとんど問題ありませんでしたね。
 やはり、啓太の存在は絶大ですね。守備だけでなく、攻撃でも効いていました。
 一人の選手が入るだけで、チームはここまで変わるものか、と思い知らされました。
 替えの効かない選手です。怪我だけには気をつけてもらいたいです。

 試合後は、埼スタ恒例の選手も交えた「We are Diamonds」の大合唱。
 選手たちお手製のTシャツには、黒字に黄色く「Jを盛り上げるのは俺達だ主役は譲らん」の文字が書かれていました。
 
 選手の皆さん、蒸し暑い中、スタジアムに足を運んだ両チームのサポの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 まだまだ暑い夏は続きます。ここを乗り切ったチームだけが優勝の挑戦権を得ます。
 コンディションが悪いなら、悪いなりの戦い方を身につけて、しっかり勝ち点を積み重ねてもらいたいですね。
 
 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。