ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ジュビロ磐田』(’16 1st 第2節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs ジュビロ磐田』(’16 1st 第2節)

 3月6日の日曜日、Jリーグ1stステージの第2節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、ジュビロ磐田と、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は前節、柏レイソルに競り勝ち。見事、開幕戦を白星で飾りました。
 ホームの開幕戦でも、しっかり勝点3を確保し、開幕ダッシュといきたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:遠藤 槙野 森脇
 MF:関根 柏木 阿部 宇賀神 興梠 武藤
 FW:ズラタン


スポンサーリンク

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右のストッパーに遠藤君、左のストッパーに森脇君、センターに槙野君。
 ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 右のワイドに関根君、左のワイドに宇賀神君。
 右のシャドーに興梠君、左のシャドーに武藤君。
 1トップにズラタン。

 磐田の守備は、4バックの上に、4人の中盤がフラットに並びます。
 最終ラインを高く保ち、コンパクトな陣形。
 ボールを持つ相手を、複数の選手で囲い込みます。
 ボールを奪った後は、素早くサイドへ展開、カウンターを狙います。

 立ち上がりは、一進一退の攻防。
 磐田は、前線から激しいプレスを掛けていますね。
 浦和は、磐田の迫力に押され、持ち前のパスワークが発揮できず。
 肝心なところでミスを繰り返し、チャンスを作り出せません。
 
 試合が動いたのは、30分。
 浦和ゴール前、最終ラインで森脇君から受けたバックパスを西川君。
 このボールをダイレクトで槙野君へ回そうとします。
 しかし、このパスが少し弱く、つながりません。
 これを見逃さなかった、磐田の太田選手。
 素早くボールを奪い、左足を振り抜いてシュート。
 ボールは、慌てて戻った西川君の逆を突き、ゴールに吸い込まれました。
 0−1、磐田が先制します。

 リードされた浦和は、ようやくエンジンがかかります。
 波状攻撃で、磐田ゴール前に迫ります。
 32分の浦和、右サイド、関根君が柏木君からのスルーパスに抜け出します。
 深くえぐってから、右足でセンターリング。
 このボールに、ゴール前中央、興梠君がダイレクトで合わせます。
 シュートは枠をとらえましたが、相手ゴールキーパーのカミングスキー選手に体を張って弾き出されます。
 惜しくも、ゴールにはなりません。

 結局、前半は0−1、磐田のリードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が6本、磐田が3本。
 この数字通り、浦和が終始、ペースを握った45分でした。
 浦和の選手たちは、磐田の選手たちの気迫に押された印象。
 1対1の場面では、後手に回ることの方が多かった気がします。
 ルーズボールへの寄せも、磐田に分がありましたね。

 後半、磐田は前半にも増し、人数を掛けて、球際厳しく守ってくるでしょう。
 浦和は、気迫で負けないこと。
 そして、焦らないこと。
 様々なプレッシャーを跳ねのけ、逆転してほしいです。

 後半開始。
 
 浦和は、3バックの並びを変えます。
 右ストッパーに森脇君、左ストッパーに槙野君。
 中央に、遠藤君が入ります。
 両サイドからの攻撃を強化する意図でしょう。

 立ち上がりから、点を取らなければならない浦和が、前掛かりに攻め込みます。
 しかし、ラインを低くして、より守備的になった磐田の堅い守備を崩すまでには至りません。

 膠着状態を脱したい浦和は、次々と2枚の選手交代カードを切ります。
 70分、関根貴大選手に代わって永田充選手。
 77分、武藤雄樹選手に代わって石原直樹選手。

 永田君は、3バックの中央に、石原君は右のシャドーに、それぞれ入ります。
 森脇君が右のワイドへ、遠藤君が右ストッパーへ、それぞれコンバート。

 78分の浦和、柏木君が、石原君とのパス交換からゴール前中央でボールを受けます。
 左に切れ込みながら、シュートコースをこじ開けます。
 最後は、倒れ込みながら、左足を振り抜きます。
 強烈なシュートが、カミンスキー選手の伸ばした手をかすめて、ゴール右隅に飛び込みました。
 1−1、浦和がようやく同点に追いつきました。

 押せ押せムードの浦和。
「さあ、これから」と意気込んだのも、束の間でした。
 82分の磐田、右サイドを崩し、小林選手が見事なトラップで裏に抜け出します。
 小林選手、ゴール前を確認し、ファーサイドに詰めていたジェイ選手へ、狙いすましたパスを送ります。
 ジェイ選手、マークする槙野君にうまく体を預けながら、ダイレクトで合わせます。
 左足のシュートが、見事、ゴールネットを揺らしました。
 1−2、磐田が再び突き放します。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、リスクを負って攻め込みます。
 しかし、磐田もカミンスキー選手を中心に、体を張って守ります。

 レフェリーのホイッスルが鳴り、試合終了。
 結局、1−2で磐田の勝利に終わりました。
スポンサーリンク
 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が12本に対し、磐田が8本。
 浦和は、多くの時間帯で押し込みながらも、決めきれずに痛い星を落としました。
 
 磐田は、浦和のサッカーをよく研究していましたね。
 徹底して、浦和のパスワークを分断しにきました。
 最終ラインを高く設定したまま、コンパクトな陣形を保ち、中盤で人数をかけて浦和のボールホールダーにプレッシャーをかけ続けました。
 2トップの最終ラインへのプレスも厳しかったです。
 浦和の選手たちは、立ち上がりから想定外の圧力を掛けられたことで、浮足立ち、ミスが目立ちました。
 磐田の先制点は、そのような状況から生まれたものです。

 磐田の守備は、ボールサイドに寄っていたため、逆サイドはフリーになることが多かったです。
 浦和も、それがわかっていて、サイドチェンジのパスを送ろうとしていました。
 しかし、磐田の圧力に負けて、なかなか成功しませんでした。

 今季の浦和は、前から前からプレッシャーをかけて、よりアグレッシブなサッカーを目指しています。
 自分たちが攻めているときはいいですが、受けに回ったときの脆さが、この試合で露呈してしまいました。

 浦和は、ACLの試合日程との絡みで、週2試合の過密日程が続いています。
 体力的にかなり厳しい状況だったのは、間違いありません。
 しかし、それは最初から分かりきっていたことですし、過密日程をこなすだけの戦力も持っています。
 言い訳にはなりませんね。

 今後、浦和と対戦するチームは、この日の磐田の戦い方を参考にしてくるでしょう。
 前線から激しいプレスをかけてくる相手を、どう攻略するのか。
 今季、優勝を狙うためには、早々に解決しなければならない宿題ですね。

 浦和の攻撃で目立ったのは、ズラタン。
 前線で動き回り、ポストプレーに、裏に飛び出す動きに、と大車輪の活躍でした。
 残念なのは、周囲と連動する動きが、今ひとつだったこと。
 今後、試合をこなしていくことで改善していくことでしょう。
 期待したいです。

 もう一人、途中出場の石原君。
 怪我で戦列は離れていて、ほぼ1年ぶりのリーグ戦復帰でした。
 ですが、早速、柏木君のゴールをアシストし、結果を残してくれました。
 これからコンディションを上げていけば、大きな戦力アップになることは、間違いありません。
 こちらも、期待したいです。

 開幕2試合目にして、早くも黒星を喫した浦和。
 確かに痛いですが、修正すべき部分が早い段階で見つかってよかった、と前向きにとらえたいです。
 この敗戦を糧に、さらにレベルアップした浦和のサッカーをみせてほしいです。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 次節は、土曜日にアビスパ福岡と、ホーム・埼スタで戦います。
 幸いなことに、今週は、ミッドウィークにACLの試合がありません。
 1週間で、体と心をしっかりリフレッシュして、臨みたいところ。
 体勢を立て直し、勝点3を奪いたいですね。

 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。