ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2016年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs アビスパ福岡』(’16 1st 第3節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs アビスパ福岡』(’16 1st 第3節)

 3月12日の土曜日、Jリーグ1stステージの第3節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、アビスパ福岡と、ホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は前節、ジュビロ磐田に敗戦。ホーム開幕戦を白星で飾ることができませんでした。
 優勝を狙うためには、連敗は許されません。
 昇格組の福岡をしっかり叩いて、上昇気流に乗りたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川
 DF:遠藤 槙野 森脇
 MF:関根 柏木 阿部 梅崎 興梠 武藤
 FW:李


スポンサーリンク

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 3バックは右のストッパーに森脇君、左のストッパーに槙野君、センターに遠藤君。
 ボランチは柏木君と阿部君のコンビ。
 右のワイドに梅崎君、左のワイドに関根君。
 右のシャドーに李君、左のシャドーに武藤君。
 1トップに興梠君。

 福岡の最終ラインは、5人。
 浦和の前線の5人に対して、ほぼマンツーマンでついて対応します。
 さらに、最終ラインの上に4人の中盤が並び、ブロックを形成します。
 ボールを奪った後は、手数をかけずに展開。
 1トップのウェリントン選手をターゲットに、カウンターを狙います。

 立ち上がり、ホームの浦和がボールを圧倒的に支配し、優勢に試合を進めます。

 18分の浦和、右サイド森脇君が逆サイドの関根君へ斜めのロングフィードのパス。
 最終ライン裏に抜け出した関根君。冷静に左足ダイレクトで折り返し、センターリング。
 詰めたのは、ゴール前の興梠君でした。
 興梠君、マーカーを振り切って抜け出し、右足アウトサイドでダイレクトで流し込みます。
 ボールは、見事、ゴールに吸い込まれました。
 1−0、浦和が先制します。
 ピッチを広く使った、浦和らしい、美しいゴールでした。

 先制した浦和ですが、手を緩めることなく、攻め続けます。
 福岡を自陣に押し込み、圧力を掛け続けます。
 しかし、最後の部分でミスが目立ち、シュートに持ち込めません。

 43分の福岡、左サイド、亀川選手のセンターリングにウェリントン選手が頭で合わせます。
 ウェリントン選手、強烈なヘディングシュートを放ちますが、左ポストを直撃、ゴールなりません。

 結局、前半は1−0、浦和のリードで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和が2本、福岡が2本。
 浦和は、ボールの支配率で圧倒していた割には、シュート数が少なかったですね。
 ゴール前で大事にいき過ぎた部分もあるでしょうか。

 立ち上がりから、福岡の選手たちに硬さがみられました。
 そのおかげで、浦和の選手たちは、かなり自由にボールを回すことができました。
 後半は、福岡の選手たちの硬さもとれ、前半のようにはいかないでしょう。
 追加点を奪うためには、攻撃に、もう一工夫が必要ですね。
 選手交代も含めた、ミシャの采配にも期待したいです。

 後半開始。

 前半同様、浦和が、主導権を握って攻め続けます。

 49分の浦和、右からのクロスに武藤君が頭で合わせます。
 ヘディングシュートは、枠をとらえましたが、相手ゴールキーパー、イ選手の好守に阻まれ、惜しくもゴールなりません。
 しかし、そのすぐ後、とうとう浦和が追加点を奪います。
 51分の浦和、左サイド、パス交換から抜け出した梅崎君が、深い位置からセンターリング。
 中央に待ち構えていた興梠君が胸トラップで落とし、そのまま左足を振り抜きます。
 強烈なシュートが、ゴールネットに突き刺さりました。
 2−0、浦和が貴重な追加点を奪います。

 64分、浦和は2人同時に選手交代。
 李忠成選手に代わってズラタン選手。
 柏木陽介選手に代わって青木拓矢選手。

 ズラタンは1トップに、青木君は2ボランチの一角に、それぞれ入ります。
 興梠君が、右のシャドーへ。

 フレッシュな選手を入れて、中盤をテコ入れした浦和。
 しかし、点を取るため、より前掛かりに攻めてくる福岡の勢いに、押され気味となります。

 流れを取り戻したい浦和は、最後の選手交代のカードを切ります。
 84分、武藤雄樹選手に代わって駒井善成選手。
 駒井君は、そのまま左シャドーに入ります。

 浦和は、ボールキープを優先し、逃げ切り体勢を図ります。
 福岡陣内で、しっかりパスを回して、時間を消費します。

 アディショナルタイム3分も、福岡のプレッシャーを軽くいなして、タイムアップ。
 結局、2−0で浦和の勝利に終わりました。
スポンサーリンク
 
☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆

 試合通じてのシュート数は、浦和が10本に対し、福岡が4本。
 終わってみれば、浦和が2−0の快勝。
 J1に昇格してきたばかりの福岡に対して、格の違いを見せつけたゲームでした。

 福岡の動きの悪さを割り引いても、浦和の大小織り交ぜたパスワークは見事でした。
 前線の5人が、相手マーカーを振り切ってフリーになる動きを、ひたすら繰り返しました。
 福岡の守備陣は、最初、マーカーを捕まえきれずに、かなり混乱していましたね。
 ゴール前で、ワンタッチ、ツータッチでリズムよくパスを回す、本来の浦和のサッカーを見せてくれました。

 この試合、光ったのはやはり、2得点の興梠君です。
 グラウンダーのボールを、ダイレクトで右足アウトサイドで流し込んだ1点目。
 浮き球のセンターリングを、胸トラップで落としての左足で強打した2点目。
 どちらも、興梠君の身体能力の高さ、技術力の高さが際立ったものでした。
 今季も、浦和の攻撃の軸として、期待通り、力を発揮してくれるでしょう。
 楽しみですね。

 もう一人、左ワイドに入った関根君。
 持ち前の突破力を活かして、存在感を示しました。
 1点目のアシストの場面は、森脇君からロングフィードが届く前に、しっかりゴール前を確認していましたね。
 この場面以外にも、縦にいくのか、中に切れ込むのか、パスをするのか、的確な判断で、左サイドを制圧しました。
 その冷静さは、さすがです。
 守備でも、粘り強い対応で、成長した姿を見せてくれました。
 迫力を増したサイドからの突破が、今季も、埼スタを沸かせてくれるでしょう。
 こちらも、楽しみです。

 前節で、ほころびが見えた守備も、ほぼ盤石でした。
 福岡が引いて守ってきたこともあり、最終ラインを高く保ったまま、相手を押し込むことができました。
 ボールに対するプレッシャーも少なく、余裕を持ったビルドアップができました。
 最終ラインからのロングフィードも、効果的でしたね。

 取るべき人が点を取り、守備陣も相手の攻撃をしっかりシャットアウト。
 主力を休ませ、新戦力を試すこともできました。
 押し込んでいた割には、シュートが少なかった、など不満の残る部分はありましたが、この時期にしては、まずまずの内容。
 ミシャも想定通り、納得の勝ち点3だったのではないでしょうか。

 選手の皆さん、スタジアムまで足を運んだサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 次節は、水曜日にACLの試合(vs広州恒大、アウェイ)を挟み、日曜日に湘南ベルマーレと、アウェイで戦います。
 移動なども考えると、かなりハードなスケジュールです。

 序盤のヤマ場、今季を占ううえで、大事な一週間。
 浦和の、チームとしての総合力が問われます。
 コンディションを整えて、万全の体制で臨んでほしいです。


 選手、スタッフ、サボ一丸となり、悲願の優勝に向けて突き進みましょう!
 頑張れ!浦和レッズ!!

(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押してもらえると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。