ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2013年  »  【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノス vs 浦和レッズ』(’13 第23節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『横浜F・マリノス vs 浦和レッズ』(’13 第23節)

 8月28日の水曜日。晴れ間の多い一日でしたが、空模様はすでに秋めいて、厳しい残暑もだいぶ和らいできました。
 
 この日、JリーグJ1の第23節が各地で行なわれています。
 我が浦和レッズは、ナイトゲームで横浜F・マリノスとアウェイ・日産スタジアムで対戦しています。

 浦和は、前節、清水エスパルスにアウェイで快勝し、首位に手の届く位置まで再び這い上がってきました。
 対する横浜は、前節、鹿島アントラーズとの接戦を落とし、首位から陥落しています。

 勝ち点「1」差、2位と3位の直接対決、優勝を占う上で重要な一戦。それにふさわしい白熱した試合を期待したいですね。

 浦和のスタメンは前節から変更ありません。5試合連続で同じメンバーです。

 試合開始。浦和のシステムはいつも通りの3−6−1。

 開始早々、浦和にアクシデント発生。
 右ストッパーに位置に入っている森脇君が、相手との空中での競り合いでバランスを崩し、ピッチに左腰を強く打ちつけて試合続行不可能となり退場となります。
 1枚目の選手交代のカードを切ることを余儀なくされました。
 7分、森脇良太選手に代わって坪井慶介選手。

 両チーム、自陣からしっかりボールを回して、丁寧に攻撃を組み立てようという意図が見えます。
 相手のカウンターも警戒しているのでしょう。ゴール前での決定的なシーンの少ない、静かな立ち上がりです。

 試合が動いたのは、27分でした。
 横浜は、小椋選手が自陣ゴール前でパスコースを探してモタつく浦和ディフェンダーにプレッシャーを掛けてボールを奪います。最後は、中村選手が左足を振り抜いてゴールネットを揺らしました。0−1、横浜が先制します。

 小椋選手、浦和が最終ラインから大きく前に蹴らずに繋いでくることを分かった上で、積極的にチャージしてボールを奪うことに成功しました。
 浦和は、自陣ゴールの目の前でディフェンダーがボールを奪われるというあってはならないミスを犯してしまいました。
 試合開始直後のアクシデントで、ディフェンス陣の変更があり、意思の疎通に若干問題があったのかもしれません。
 しかし、それを差し引いても、お粗末な失点でした。

 先制点を奪われて動揺する浦和に、横浜がさらに追い打ちをかけます。

 29分、ペナルティエリアすぐ外、中央でボールを受けたマルキーニョス選手がドリブルで切り込み、切り返して体を一回転。マークしていたディフェンダーを振り切って右足でシュート。逆サイドのポスト際に吸い込まれました。0−2、横浜が貴重な追加点を奪いました。

 マルキーニョス選手、切れ味の鋭い切り返しでした。
 ディフェンダーを弾き飛ばしてコースを空けながら、ボールをシュートを打ちやすい位置に置いたところで勝負ありでしたね。相変わらずの技術の高さです。

 後がなくなった浦和は、攻撃的にボールを前に運ぼうとしますが、前線へのパスがことごとくカットされて、起点を作ることができません。
 
 前半は結局0−2で横浜リードのまま終了します。
 
 前半のシュート数は浦和はたった1本、横浜は5本でした。
 横浜の守備は4バック。センターバックの中澤選手と栗原選手を中心に、中央をしっかり固めています。
 興梠君へのクサビのボールをことごとく潰されてしまいました。
 逆に、両サイドの守備はそれほど厳しくはありません。特に右WBの平川君はフリーでいる場面が多いです。
 中央に固執せず、サイドを起点にして活路を見出したいところです。

 後半開始。

 「早い時間に1点を!」と意気込む浦和に、横浜が冷水を浴びせます。
 48分の横浜、左サイドからのパスを、中村選手がペナルティエリアの外、中央で受けます。
 右へボールを動かしながらマークを引き離し、そのまま右足でミドルシュートを放ち、見事ボールは逆サイドのネットに突き刺さりました。0−3、横浜が決定的な3点目を奪いました。

 中村選手、スーパーな右足強烈ミドルでした。ゴールからかなり遠い位置でした。マークしていた選手も、ゴールキーパーの順大も左足に持ち替えてからシュートのイメージを持っていたのではないでしょうか。
 相手の意表をつく見事なシュートでした。さすがですね。

 浦和は2枚の選手交代のカードを立て続けに切ります。
 52分、鈴木啓太選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手。56分、平川忠亮選手に代わって梅崎司選手。

 梅崎君は左WBに入ります。宇賀神君は左WBから右WBに。柏木君をボランチに下げて、攻撃的なオプションをとりました。
 このオプション変更でようやく目が覚めた感じの浦和の攻撃。立て続けにチャンスを作ります。

 61分の浦和、右サイドを抜け出したマルシオが横浜陣深くえぐってセンターリング。
 中央で興梠君が右足ダイレクトで合わせますが、惜しくもポストの外。サイドネットにかかりました。

 71分の浦和、興梠君振り向きざまに右足でボレーシュートを放ちますが、相手ゴールキーパーに弾き出されてゴールならず。

 さらに73分、宇賀神君の右からクロスを興梠君がワンタッチでゴール前の元気へ送ります。
 元気は背中越しから、しかも浮き球のパスをそのままダイレクトで右足で振り抜きます。
 枠を捉えていましたが、このシュートも相手ゴールキーパーのファインセーブにあって得点に至りません。

 しかし、浦和の反撃もここまで。
 その後は息切れを起こしてしまい、横浜にボールを回され続けます。
 浦和の選手たちは、ボールを追いかけていく体力も気力もすでに残っていない感じでした。

 アディショナルタイム3分もあっという間に過ぎてゲームオーバー。
 試合は0−3、横浜が勝利を収めました。
 
 スコア通り、横浜の完勝。浦和は為す術なしという感じでした。
 前半の早い時間帯に2点を取られて、その後は相手にうまくボールを回されて、反撃の糸口すら見出すことができませんでした。
 横浜の老練なサッカーにしてやられましたね。
 特に中村選手と中澤選手。横浜の攻守を支える二人の存在感の大きさを見せつけられてしまいました。

 浦和は、一方的にやられてしまったおかげで、現時点での弱点がくっきり浮かび上がりました。 
 守備では、ボランチを含む、ディフェンス陣のレギュラーが一人でも欠けると、とたんに連携がギクシャクしてボール回しが危うくなる弱点がこの試合でも露呈してしまいました。
 失点した直後に集中力をなくし、続けざまに失点を重ねてしまう悪いクセもなかなか治りません。
 バックアップも含めた、守備陣の全体的な底上げは大きな課題でしょうね。

 攻撃では、1トップの興梠君が完全に抑えられてしまったことで、攻め手を失ってしまいました。
 前線へのクサビのパスはことごとく横浜のディフェンス陣に読まれて、カットされていましたね。
 両WBのどちらかがフリーでいる場面が多かったですから、もっと思い切ってサイドチェンジを多用して、両WBを起点にして攻め続けてもよかったのではないでしょうか。
 各チームの浦和対策に対抗するためにも、攻撃の引き出しをもっと増やしておきたいところです。

 今の時期に隠れていた弱点が露わになったことを前向きにとらえ、この敗戦を糧にさらなるレベルアップを望みたいです。

 選手の皆さん、平日にもかかわらずスタジアムに駆けつけて応援したサポの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 優勝を争う相手に3点差の完敗。たしかに、痛い黒星であることは間違いありません。
 しかし、首位との勝ち点差はまだ「4」。リーグ戦は10試合以上も残っています。
 これからが本当の戦いといえるでしょう。
 2日後の土曜日には、夏の連戦最後の試合が控えています。落ち込んでいても何も始まりません。
 連戦と暑さで、選手たちの疲労もピークに達していることでしょうが、あとひと踏ん張りです。

 優勝するためには、とにかく連敗しないこと。結果にこだわってほしいです。
 このままズルズルといかないためにも、ホームで勝ち点「3」をしっかり確保して踏みとどまりたいですね。
 
 頑張れ!浦和レッズ!!

  (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。