ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2013年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 柏レイソル』(’13 ヤマザキナビスコ杯決勝)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 柏レイソル』(’13 ヤマザキナビスコ杯決勝)

 11月2日の土曜日。関東は、朝からあいにくの曇り空。風が肌寒い一日でした。

 この日、国立競技場で、ヤマザキナビスコ杯の決勝が行われました。
 今年の対戦カードは、浦和レッズと柏レイソルです。

 浦和が勝てば、10年ぶり2回目のナビスコ杯獲得となります。
 前回覇者となった2003年は、浦和にとって記念すべき国内初戴冠でした。
 このナビスコ杯獲得がターニングポイントとなって、チームが急成長を遂げ、2006年のJリーグ制覇、2007年のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)獲得まで一気に駆け上がりました。

 今年も同じ舞台でナビスコ杯を勝ち取り、再びアジアの頂点を狙う足がかりにしたいところ。

 対する柏も、14年ぶり2回目のナビスコ杯王者を狙っています。
 Jリーグでの優勝の望みはほとんどなくなっていますから、ナビスコ杯に懸ける意気込みは相当なものでしょう。気持ちで負けないようにしないといけませんね。

 両チームは、ちょうど1週間前に、Jリーグの試合で顔を合わせています。
 そのときは、浦和が1点差で勝利を収めています。

 お互いに手の内を知り尽くしている実力チーム同士の対戦。白熱した試合を期待したいです。

 浦和のスタメンは先週のJリーグの試合から変更があります。
 リーグ戦出場停止明けの森脇良太選手と興梠慎三選手が復帰。現時点でのほぼベストメンバーが揃いました。
  
 試合開始。浦和のシステムはいつも通りの3−6−1。
 
 柏も、先週と同じく、フラットな3バックのシステムを採用しています。
 お互いにラインを高く保って、中盤で激しくプレスを掛け合うのも、先週と同じ展開です。
 とはいえ、タイトルがかかった大事な試合、両チームとも、かなり守備にウェイトを置いて、静かな立ち上がりとなります。
 
 浦和は、柏のカウンターを許さない厳しい守備です。
 特に、相手の攻撃のキーマン、レアンドロ・ドミンゲス選手へのマークは、絶対に外しませんね。

 柏は、中央の守備を徹底的に固めています。
 ボールは持たせても、浦和の前線へのクサビのパスは絶対に入れさせない、そんな守備です。

 どちらも気が抜けない、一瞬のミスが命取りになるピリピリした神経戦が続きます。
 アディショナルタイムに入って、このまま前半終了か、と思った終了間際に試合が動きました。

 45+2分の柏、右サイドの藤田選手から強く速いボールのセンターリングが入ります。
 そのボールにピンポイントで頭で合わせたのは、ファーサイドに待ち構えていた工藤選手でした。
 狙いすましたヘディングシュート。ボールは、逆を突かれたギシが必死に伸ばした左手をかすめて、ゴールネットを揺さぶりました。0-1、柏が先制です。

 工藤選手のマークを外す動きとシュートはもちろん、藤田選手の右足クロスも絶妙でした。

 ここまで、ほとんど柏に攻撃らしい攻撃をさせていなかった浦和でしたが、最後の最後で見事に決められてしまいました。

 結局、前半は0−1で柏がリードしたまま終了です。

 浦和は、ボールを保持するものの、柏ゴールに近づいてシュートを放つシーンをなかなかつくることができませんでした。
 柏の守備は、浦和の攻撃に対して、ほぼマン・ツー・マンで対応しているため、必然的に5バックのような形になります。
 リードを奪った柏は、さらに守備に人数をかけて守ってくるでしょう。
 浦和としては、スペースを埋められ身動きがとれない状況を打開しなければなりません。
 そのためには、ワンタッチでのパスやドリブルでの仕掛けを多くしたり、ミドルシュートを積極的に狙ってみるなど攻撃に工夫が必要でしょう。
 中央に立ちはだかる「黄色い壁」をこじ開けて、何が何でも得点を奪いたいところです。

 後半開始。

 開始直後から、リードされている浦和が前掛かりに一方的に攻め続ける展開となります。
 58分の浦和、スルーパスに反応した柏木君が柏のディフェンスラインの裏に抜け出します。
 柏木君、トラップから至近距離で右足シュートを放つもジャストミートせず。相手ゴールキーパーの手の中に収まります。
 
 その後も、圧倒的にボールを支配して攻め続ける浦和。
 しかし、柏守備陣の体を張った守備もあって、ゴールを奪うまでには至りません。

 苦しい状況を打開したい浦和は選手交代のカードを切ります。
 69分、右WBの平川忠亮選手に代わって、関口訓充選手を投入します。

 その直後の浦和、左サイドをドリブルで切り裂いた元気が中央のスペースに走りこんだ阿部君に絶妙のタイミングでパスを出します。
 阿部君、このボールを滑り込みながらダイレクトでシュートしますが、わずかにバーの上。惜しいシーンでした。
 
 押せ押せの浦和は、2枚目の交代カードを切ります。
 77分、ボランチの鈴木啓太選手に代わって、マルシオ・リシャルデス選手を投入。
 柏木君を一列下げて、ボランチに入れて、攻撃的なシステムに変更です。

 残り時間15分を切ったところで、スタジアムの浦和サポからは「Pride of URAWA」のロングコールが始まります。
 サポの願いを乗せたこのコールは、試合終了まで続きました。

 柏は、守備的な選手を投入し、全員で1点を守り切る戦術を徹底し、自陣ゴール前に分厚い黄色い壁を築きます。
 浦和は、手薄な両サイドをえぐってから中央に合わせる攻撃を繰り返しますが、あと一歩のところで跳ね返され続けます。

 44分には、ゴール前の混戦から興梠君が右足でゴールに押し込み同点ゴールと思われるシーンもありましたが、興梠君のボールを受けた位置がオフサイドの判定で幻に。

 アディショナルタイムは4分。
 最後の気力を振り絞って攻める浦和でしたが柏の必死のディフェンスを最後まで崩せず試合終了のホイッスル。
 結局、試合は0-1で柏の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 カウンターから先制点を奪い、守備を固めて守り切る。柏のゲームプランにハマり込んでしまいましたね。

 タイトルを賭けた大事な試合ということで、神経質になりすぎてしまったのでしょう。
 前半はとくに、浦和の攻撃面での良さがほとんど出せませんでしたね。
 左サイドの槙野君のオーバーラップを絡めた攻撃は目立ちましたが、逆サイドからの攻めは控えめでした。
 それに、ボランチの位置も、相手のカウンターを警戒してか、かなり低めのポジショニングでしたね。
 失点を恐れるあまり、自分たちの最大の武器である攻撃力を自ら封印してしまったのなら、もったいない話です。
 リードを許した後半は、いつもの迫力ある攻撃を見ることができましたが、あれだけ中央に人数をかけられてスペースを消されると、苦しいですね。

 柏には、先週のJリーグでの敗戦をきっちりお返しをされてしまいました。
 浦和の攻撃の良さを上手に消していました。
 柏は、1週間前の敗戦から得た教訓をしっかりこの試合に生かしましたね。ナビスコ杯優勝おめでとうございます。

 選手の皆さん、素晴らしい雰囲気を作ってくれたスタジアムの両チームのサポの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 この試合は、浦和にとって残念な結果に終わりましたが、まだ、Jリーグ優勝という今年一番の大きな目標が残されています。
 この試合の敗戦が、自分たちの強みは何か、浦和のサッカーを選手一人ひとりがもう一度思い返し、チームが一丸にまとまるきっかけになることを願っています。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。