ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2013年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 川崎フロンターレ』(’13 第32節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 川崎フロンターレ』(’13 第32節)

 11月23日の土曜日。関東は朝から抜けるような青空が広がりました。
 風も穏やかで、レジャーやスポーツ観戦には最高の1日となりました。

 この日、JリーグJ1の第32節が各地で行なわれています。
 我が浦和レッズは、デーゲームで川崎フロンターレとホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は、前節、強豪のベガルタ仙台と激しい打ち合いの末、引き分けています。
 優勝を狙う上では、これ以上の足踏みは許されません。ホームで是が非でも勝ち点「3」を手に入れたいところ。

 対する川崎は、前節、清水エスパルスに快勝。順位も6位につけ、まだまだACL出場権内を狙える位置に付けています。
 
 J屈指の攻撃力を持つチーム同士の対戦らしい、スペクタクルな試合を期待したいです。
 
 浦和のスタメンは前節から変更あります。
 出場停止明けの鈴木啓太選手戻ってきて、現時点のベストメンバーが揃いました。

 試合開始。浦和のシステムはいつも通りの3−6−1。
 川崎は、フラットな4バックを敷き、中盤をコンパクトにして細かいパスをつないで攻撃を組み立てます。

 10分過ぎ、川崎が中盤で浦和のボールを奪いカウンターを仕掛け、最後は中村選手が強烈な右足のミドルシュートを放ちます。
 このボールはギシが横っ飛びで弾き出しますが、ボールはゴールラインを割ります。

 12分、川崎の右からのコーナーキック。キッカーは中村選手。
 右足から放たれたボールは、ゴール前中央のジェシ選手の頭にピタリと合いました。
 ジェシ選手、高い打点から叩きつけるようなヘディングシュート。
 ギシが目の前でワンバウンドしたボールを両手で弾き出そうとしましたが、シュートの勢いが勝り、そのままゴールに吸い込まれました。0−1、川崎が先制します。
 
 ジェシ選手、体格を生かした迫力あるシュートでした。

 浦和は、この失点で目が覚めます。ボールを圧倒的に支配し、川崎ゴールに迫ります。
 興梠君の中央のクサビを起点に、左右にボールを散らしてチャンスを数多く作り出します。

 川崎は、中央を固めて厳しいチェックを仕掛けて、ボールを奪ってからのカウンターを虎視眈々と狙います。

 44分の川崎、カウンターから大久保選手が右足シュートを放ちますが、ポストを叩いて得点ならず。浦和はヒヤッとする場面でした。
 
 結局、0−1で川崎がリードのままハーフタイムへ。

 浦和のシュートは6本、対する川崎は7本。
 シュート数ではほぼ互角ですが、決定機の数は川崎が上回っていました。
 早い時間帯で先制されたことから、川崎に引かれてしまい、武器であるカウンターから効率よくチャンスを作らせてしまいましたね。
 得点を取るために前掛かりにならざるを得ない浦和は、中盤での安易なパスミスは命取りとなります。攻め切って、シュートで終わらせることが大事になりますね。
 
 後半開始。

 立ち上がり、案の定、リードを許している浦和が攻勢に出て、主導権を握ります。

 57分の浦和、元気が左サイドを深く切り裂き、オーバーラップした槙野君にパス。
 槙野君、そのままペナルティエリア内にドリブルで切れ込み、最後は倒れ込みながらも、右足でゴール右隅に流し込みました。1-1、浦和が同点に追いつきます。

 浦和のストロングポイントである左サイドからの攻撃。槙野君のオーバーラップと元気のパス出しのタイミングが絶妙でした。

 一気に逆転を狙いたい浦和はここで選手交代のカードを切ります。
 57分、平川忠亮選手に代わって、関口訓充選手が入ります。

 しかし、喜びもつかの間。その直後に川崎がホッとした浦和のスキを突きます。

 59分の川崎、左サイドを突破した登里選手がグラウンダーのセンターリング。
 このボールを右足を伸ばしてクリアしようとした槙野君は自陣ゴールに蹴りこんでしまいました。1−2、再び川崎が突き放します。

 登里選手、ディフェンスラインの裏、ゴールキーパーも飛び出せない最高のクロスでした。
 槙野君、触らないと、後ろに大久保選手がフリーで待ち構えていましたから、オウンゴールのリスクを承知した上でのプレーでした。

 残り時間30分を切ったところで、中盤が間延びしてきて、オープンな打ち合いになります。
 お互いのゴール前での決定機の応酬。目まぐるしく展開が変わります。

 浦和は2枚目の選手交代のカードを切ります。
 70分、宇賀神友弥選手に代わって梅崎司選手が入ります。
 
 79分、浦和サポから「We are Reds」の大合唱が起こります。この日一番大声援です。
 続けて「PRIDE of URAWA」のロングコール。試合終了まで鳴り止むことはありませんでした。

 浦和は勝負をかけた最後の選手交代。
 84分、森脇良太選手に代わって山田直輝選手が入ります。

 直輝が2シャドーの一角に入り、柏木君がボランチに、阿部君が3バックの一角にそれぞれ一列下がり、攻撃的なオプションになります。

 浦和は前線に人数をかけて攻め込みますが、川崎の堅い中央の守りを崩すことができずに時間が過ぎていきます。

 アディショナルタイムは4分。

 ここで、川崎のカウンターが再び火を噴きます。
 90+1分、稲本選手のスルーパスからオフサイドギリギリで抜けだした大久保選手がフリーで浦和ゴール前にドリブルで持ち込み、最後は体を投げ出したギシを交わして無人のゴールに右足で流し込みました。1-3、川崎が浦和の息の根を止める3点目を取りました。
 大久保選手、さすが、得点王レースを独走する点取り屋です。ゴールキーパーの動きを見ながら冷静に決めました。

 試合はそのままタイムアップ。川崎が1-3で勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 お互いが自分たちのスタイルを出し合った壮絶な攻め合い。見応え充分の熱戦でした。

 浦和は、前節のベガルタ仙台戦でも感じられた「攻め勝つ」アグレッシブな姿勢がこの試合を通じても感じることができました。
 決めるべきところで決められなかったことが本当に悔やまれます。
 
 前半早々に失点をしてしまったことで、川崎に「中央を固めてカウンター」という最も得意なパターンに持ち込まれてしまったことも痛かったですね。
 先制点の重要性が改めて身にしみた一戦でした。
 
 これで2試合連続の3失点。
 勝ち点を稼げず、足踏みしてしまった原因を失点の多さに求めるのは簡単です。
 もちろん、セットプレーでの対応など、守備面で修正すべきことは修正すべきですが、今の浦和は、あくまで攻撃のチームです。
 どんな展開でも、相手より1点でも多く取って勝つことを目指す方向性は失わないでほしいですね。

 この日の試合も、最終的には2点差ついてしまいましたが、それはカウンターをくらうことを覚悟で全員で点を取りにいった結果です。
 内容的には、スコアほどの差はありませんでした。

 4万5千人を超える観衆が詰めかけたこの日の埼スタ。試合前から両チームのサポの応援合戦が白熱していました。
 選手たちも、サポ達の熱い気持ちに応えるプレーを随所に見せてくれました。
 この時期にこれだけ中身の濃い試合ができるのも、優勝争いの中で、よい緊張感に包まれて試合ができている証拠でしょう。
 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだ両チームのサポの皆さん、寒さの中、本当にお疲れ様でした。

 この土壇場にきてのホームでの敗戦は、優勝を狙う上で、痛すぎる一敗であることは紛れもない事実です。
 絶対に結果を出さなければならないこの時期に勝ち切れない試合が続くのは、まだまだ力不足だということなのでしょう。

 残り2節で首位との勝ち点差は「4」。数字の上、かなり厳しい状況に追い込まれました。
 でも、何が起こるかわからないのがサッカーです。タイムアップの笛が鳴るまで諦めてはいけません。
 可能性がある以上、ベストを尽くしてほしいです。

 浦和にできることは、勝ち点「6」を積み重ねること。
「これが浦和のサッカーだ!!」という試合をやり切って、あとは天命を待ちましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。