ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2013年  »  【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’13 第33節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サガン鳥栖 vs 浦和レッズ』(’13 第33節)

 11月30日の土曜日。全国的に晴天が広がり、爽やかな一日になりました。
 降り注ぐ日差しは柔らかいですが、冷たい風が肌を刺します。いよいよ、冬の到来でしょうか。

 この日、JリーグJ1の第33節が各地で行なわれています。
 我が浦和レッズは、デーゲームでサガン鳥栖とアウェイ・ベストアメニティスタジアムでの対戦です。

 浦和は、前節、フロンターレ川崎との決戦に敗れて痛い黒星を喫しました。
 まだかすかに残る優勝の可能性を最終節まで持ち越してJの灯を消さないためにも、勝ち点「3」をしっかり確保したいところ。

 対する鳥栖は、シーズン途中で行なった補強が功を奏して、強豪を相手に公式戦4連勝中と勢いに乗っています。
 今季ホーム最終戦、しかも相手が優勝を争う浦和ということで気合十分でしょう。

 浦和のスタメンは前節から変更あります。
 右WB平川忠亮選手に代わり、梅崎司選手が入っています。

 試合開始。浦和のシステムはいつも通りの3−6−1。

 鳥栖は、4バックに1トップ、中盤を厚くしっかりブロックをつくって守ります。
 中盤で網を張り、ボールを奪ってから、素早くサイドにボールを送って速攻を仕掛けてきます。

 15分、鳥栖が右からのコーナーキックを得ます。キッカーは藤田選手。
 右足からのクロスにニアサイドの池田選手が右足でダイレクトで合わせます。
 このボールはバーを叩きましたが、その跳ね返ったボールにゴール前に詰めていた早坂選手が素早く反応。
 早坂選手、ディフェンダーと競り合いながらも頭でねじ込みました。0−1、鳥栖が先制します。

 またしても、浦和の不得意なセットプレーからの失点でした。
 浦和のディフェンスは、最初にシュートを打たれた場面でも、その跳ね返りを押し込まれた場面でも、鳥栖の選手に球際の攻防で負けていました。

 この日の浦和は、序盤からパスミスが目立ちました。
 特に、鳥栖の守備の読みが良いこともあり、前線で起点をつくるためのクサビのパスがことごとくカットされ、攻撃の形をまったく作ることができません。
 苦しまぎれのサイドチェンジのパスも成功率が低く、チグハグな攻撃が続きます。

 23分の浦和、柏木君がかなり遠い位置から左足の強烈なシュートを放ちます。
 しかし、これは惜しくもバーを叩いてゴールはならず。
 浦和は、これがこの試合の初シュート。いかに苦しい展開に陥っているかを如実に表しています。

 このあたりから、浦和はようやく落ち着きを取り戻します。
 しかし、いつものサッカーが戻ってきた、と安堵したのもつかの間。鳥栖に一瞬のスキを突かれます。

 37分の鳥栖、浦和のクリアボールを拾って、素早く左サイドのキム選手につなぎ、折り返しを受けた豊田選手がディフェンダーと競り合いながらも右足でシュート。
 ボールは点々と転がり、無情にも左ポストに当たって浦和ゴールに転がり込みました。0-2、鳥栖が突き放します。

 浦和が攻撃に移ろうとして、前に重心をかけていましたから、サイドが完全に無防備になってしまいました。
 キム選手はそのスキを見逃してくれませんでしたね。難しい体勢でもシュートを打ち切った豊田選手もさすがでした。

 結局、0-2で鳥栖がリードのままハーフタイムへ。

 浦和のシュートは5本、対する鳥栖は7本。
 スコア通り、完全な鳥栖ペースの前半となりました。
 鳥栖は、浦和の戦い方を徹底的に研究してきましたね。

 しっかり引いて待ち構えて、浦和が繰り出す前線への起点のパスをカットして、素早くカウンター。
 浦和の両WBが上がったサイドのスペースを突き、手数をかけずに、ターゲットの中央の豊田選手にボールを預ける。
 シンプルでしたが、素早く迫力のある攻撃です。

 浦和は、前線で起点となるパスの受け手が狙われていることは明らかです。
 それを逆手にとって、相手ディフェンスをつり出し、スペースをつくるなどの工夫したいところです。
  
 後半開始。

 浦和の攻撃のチグハグさは相変わらずですね。
 ボールは保持するものの、攻撃のスイッチとなる前線へのパスを入れることができずに右往左往する展開。

 重苦しい雰囲気を変えたい浦和は選手交代のカードを切ります。
 63分、梅崎司選手に代わって、関口訓充選手が入ります。

 関口君、期待に応えて右サイドで豊富な運動量で、浦和の攻撃を活性化させます。

 65分の浦和、槙野君がドリブルでペナルティエリア内で足を掛けられて倒れますが、ノーファールの判定。

 さらに66分、左サイド、元気が抜け出して切り返しからの右足のクロス。興梠君が頭で合わせますが、これもバーに嫌われてゴールならず。

 ようやくエンジンが掛かってきた浦和は、さらに前掛かりに攻め込みますが、人数をかけてブロックを形成する鳥栖の守備を崩すまでには至りません。

 90分の鳥栖、再びカウンターから左サイドのキム選手がフリーで持ち込み、豊田選手にパス。
 豊田選手がドリブルで突進し、ゴールキーパーと1対1になったところで、ディフェンスに後ろから倒されてPKの判定となります。
 PKのキッカーは豊田選手。冷静にゴールキーパーの動きを見切って右足でゴール右隅に沈めました。1−3、鳥栖がトドメの3点目を奪います。

 アディショナルタイムは5分。

 90+2分の浦和、柏木君の右からのクロスに中央で飛び込んだ那須君が執念のヘディングシュートを決めます。1−3、浦和が一矢を報います。
 
 しかし90+6分の鳥栖、再びカウンターからシュートのこぼれ球を豊田選手にダイレクトで右足で突き刺されて、万事休す。
 
 試合は結局、鳥栖が1-4で勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 スコア通りの完敗。鳥栖が思い描いていた通りの試合展開となってしまいました。

 第一の敗因は、開始早々に先制点を奪われてしまったことです。

 前節と同じ展開ですね。
 セットプレーからの失点があまりにも多過ぎます。早急に手を付けなければならない課題です。
 ミシャも選手たちも、一人ひとりが失点シーンを振り返って、何が悪かったのかを反省して来季への糧としてほしいです。

 第二の敗因は、点を取ることができなかったこと。

 この日も4失点と守備が崩壊してしまったようにみえますが、実際にはそうではありません。
 鳥栖の2点目以降は、浦和が前がかりになってリスクを承知で攻めていったスキを突いたものばかりです。
 それよりも問題なのは、リスクをとったのに点を取ることができなかったことです。

 この日の鳥栖は、中央に人数をかけてブロックをつくり、スペースを消すことで浦和のパスの出しどころを徹底的に潰してきました。
 浦和の攻撃は、完全に手詰まりとなり、攻撃の形をほとんどつくることができませんでした。
 苦しまぎれのパスや個人での突破を余儀なくされて、ボールを失ってカウンターをくらう・・・
 そんな悪循環にハマりこんでしまいましたね。

 自分たちの形が出せるときには、爆発的な攻撃力をみせるけれど、それを封じ込められたときは手の打ちようがない。
 それが、現時点での浦和の実力なのでしょう。

 この1年で、他チームの「浦和対策」がほぼ固まりました。
 来季は、ほとんどすべてのチームがこの日の鳥栖のような戦術をとってくると考えておいたほうがいいかもしれません。
 
 浦和は、それらの壁を一つひとつ打ち破っていかなければ、今季同様、タイトルを手にすることはありません。
 今の攻撃型のスタイルを貫くなら、相手がどんな守備をしてきても、点を取る必要があります。

 スペースがないなら、自分たちでつくり出す工夫がほしいし、狭いスペースの中でもワンタッチのパスをつなげるスキルも身につけてほしいです。

「失点が怖いから」といって、相手ゴールから遠いところでパスを回し続ける、見せかけだけのポゼッション・サッカーなんて誰も見たくありません。

 ある程度の失点は計算のうち、攻めて攻めて攻めきって勝つのが浦和のスタイル。
 そんな「肉を切らせて骨を断つ」豪快な攻撃サッカーを見せてほしいです。
 
 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだ両チームのサポの皆さん、寒さの中、本当にお疲れ様でした。

 この日の敗戦で、1節を残して浦和の優勝の可能性は消滅しました。
 悔しいですが、まだ、優勝できるほどの実力がなかったということです。
 その現実から目を背けるわけにはいきません。
 
 最終節は、ホーム・埼スタでの試合です。来季のACL出場の可能性もまだ残しています。
 そして、20年間浦和を支え続けたレジェンド、暢久のラストマッチになります。
 気持ちよく、送り出してあげたいですね。

 山あり谷あり、色々な経験を積んだ今季の浦和の集大成となる試合。
 浦和らしいサッカーで締めくくってほしい。選手たちの意地とプライド、見せてもらいたいです。
 
 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。