ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『ガンバ大阪 vs 浦和レッズ』(’14 第1節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ガンバ大阪 vs 浦和レッズ』(’14 第1節)

 3月1日の土曜日。全国的に曇りがちのすっきりしない天気。ときどき小雨もぱらつく肌寒い一日でした。

 今年も待ちに待ったこの日がやってきましたね。2014年Jリーグの開幕です。
 ワールドカップイヤーでもある今季のJではどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。今から楽しみです。

 浦和レッズは、ナイトゲームでガンバ大阪とアウェイ・万博記念競技場での対戦です。

 浦和は昨季、中盤まで優勝争いに加わりながらも最後の最後に息切れして、6位に終わりました。

 今季は、ミシャが監督に就任して3年目。
 オフに有力選手を各ポジションに補強し、ミシャの攻撃サッカーを90分間やり切るための陣容は整いました。
 もう、言い訳はできませんね。
 サポが願うのは、ただ優勝のみ。結果が問われる1年となります。
 
 対するのはガンバ大阪。
 昨季、持ち前の圧倒的な攻撃力でJ2を制し、1年でJ1返り咲きを果たしました。
 昇格組とはいえ、メンバーには日本代表選手もおり、実力的には他のJ1チームと遜色はありません。
 ホームでの開幕で浦和を叩いて、勢いに乗ろうと虎視眈々と狙っていることでしょう。

 かつてACLを制し、一時代を築いた攻撃が持ち味のチーム同士の対戦。早春の寒さを吹き飛ばす熱戦を期待しましょう。

 浦和の記念すべき開幕スタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 阿部 柏木 宇賀神 梅崎 原口 
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは今年もいつも通りの3−6−1。

 1トップ興梠君の後ろに元気と梅崎君が2シャドー。ボランチは阿部君と柏木君がコンビを組みます。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。3バックは、右から森脇君、那須君、槙野君。
 
 お互いに守備ラインから攻撃を組み立てながら、相手の様子をうかがう慎重な立ち上がり。

 時間が進むにつれて、試合の主導権を握ったのは、アウェイの浦和でした。
 ラインを押し上げたまま、前線に起点を作り長短のパスをつないで、大阪を自陣に釘付けにします。

 対する大阪は、きっちりブロックを作って対応、最後の部分で浦和に仕事をさせない守備をしています。
 
 ピッチを横に広く使い、緩急をつけながら攻める浦和。
 左サイドからのカウンターを中心に速攻に活路を見いだす大阪。

 それぞれ持ち味を出してチャンスも何度か作りながら決めきれない、そんな展開が続きます。

 このままスコアレスのまま折り返しか、と思われた前半終了間際に試合が動きます。

 43分の浦和、左からのコーナーキックを得ます。キッカーは柏木君。
 左足から放たれたボールは、いったん相手ディフェンスに跳ね返されますが、そのボールが阿部君の前に。
 阿部君、ワントラップして左足でシュート。そのボールをゴール前の槙野君が触ってコースを変えてそのままゴールイン。
 1-0、浦和が先制です。
 
 2014年浦和のファーストゴールは、ディフェンスの槙野君でした。
 槙野君、ゴールシーン以外でも、左サイドからのオーバーラップが光っていました。
 左WBの宇賀神君や元気とのコンビネーションで、たびだび大阪ゴールを脅かすシーンもありました。
 今季も、浦和の左からの攻めには期待できそうですね。

 結局、前半は1−0で浦和リードのまま終了です。

 前半のシュート数は、浦和が7本に対し、大阪は3本。
 浦和がボールを押し込み、試合を優位に進めていましたが、それがデータにも表れています。

 攻撃では、落ち着いてボールを回して攻撃を組み立てている印象が残りました。
 無理に攻めてボールを失い、カウンターをくらって決定機を作られる、昨年の悪いパターンは影を潜めていました。

 守備に関しては、攻撃から守備への切り替えが素晴らしかったです。大阪にチャンスらしいチャンスを作らせませんでした。
 こちらも、昨年の反省がしっかり生かされていますね。

 後半も、じっくりと相手の焦りを誘って、追加点を奪って逃げ切ってしまいたいところです。

 後半開始。

 前半同様、浦和は落ち着いたパス回しで、試合をコントロールします。
 前掛かりに攻めてくる大阪をうまくいなして、逆にスキをうかがいながら追加点を狙っています。
 相変わらずの“試合巧者”ぶりを発揮しています。

 浦和は、何度か決定機もつくりますがものにできず、スコアは1-0のまま。

 浦和は、一枚目の交代カードを切ります。
 67分、梅崎司選手に代わって李忠成選手が入ります。

 李君は、2シャドーの一角というよりも、興梠君との2トップという感じのポジションに入っています。
 
 ただ、この交代をきっかけに、浦和は前線に起点が作れなくなり、大阪に流れが傾きます。

 追い打ちをかけるように、浦和にアクシデント発生。
 ディフェンスの那須君が脚の負傷によりプレー続行不可能となり退場となります。

 浦和は立て続けの選手交代のカードを切り、体勢を立て直します。

 75分、那須大亮選手に代わって永田充選手。
 81分、興梠慎三選手に代わって鈴木啓太選手がそれぞれ入ります。

 永田君は、那須君の代わりに3バックのそのまま真ん中に入ります。
 啓太はボランチに入ります。柏木君が一列上がって、2シャドーの一角に入ります。

 運動量豊富で危機察知能力の高い啓太を入れて、このまま試合を終わらせようというミシャ。
 3−6−1のシステムに戻して、リズムを取り戻そうという狙いもあるでしょう。

 アディショナルタイムは5分。
 浦和は、指揮官の意図通り、必死に繰り出す大阪の最後の反撃をしっかり封じ込めて、そのまま試合終了のホイッスル。
 1-0で浦和が大事な開幕戦を制しました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 スコアこそ、最小得点差での決着でしたが、内容的にはそれ以上の開きが感じられました。
 ここ2シーズン、J1で着実に経験を積み上げてきた浦和が、J2から復帰したばかりの大阪の挑戦をきっちり跳ねのけて、貫禄を示したという試合。
 成熟した大人のサッカーで、余裕すら感じさせる戦いぶりでした。

 攻撃面では、今季から背番号「9」を背負うこととなった元気の充実ぶりが目を引きました。
 これまで無理な態勢からもドリブルで突っ込んでいき、ボールを奪われては、攻撃の流れを断ち切ってしまうことも多かった元気。
 この試合では、ドリブルで突っかける場面と、パスで味方を生かす場面の使い分けが絶妙でしたね。
 シュートを打ち切る意識も、昨年以上に感じることができました。
 相手ディフェンスも元気の変幻自在の動きには手を焼いたのではないでしょうか。

 今季の元気には、昨季以上にやってくれそうですね。W杯出場もまだまだ諦めてはいないでしょう。
 背番号に見合った活躍を期待したいです。

 ボランチに起用された柏木君も効いていましたね。
 よく動いて中盤の至るところに顔を出し、中央、両サイドに起点となるパスを配給し続けました。
 普段より一列下がって、ブレッシャーの少ない位置で伸び伸びとプレーした印象です。
 今季も、大黒柱としてチームに君臨してくれることでしょう。楽しみです。

 守備面では、やはり、ゴールキーパーの西川君の加入が大きいです。
 的確な指示と、安定したセービング。
 何より、足元の技術の高さとロングキックの正確性には驚かされました。
 さすがは、日本代表選手です。

 西川君が最後列でどっしりと構えてくれているおかげで、ディフェンスラインでのボール回しが格段に安定しました。
 最後尾からのビルドアップも、安心して見ていられましたね。
 
 その他にも、攻撃から守備への切り替えの早さ、相手のカウンターへのケアなど、昨季課題とされていた部分に大きな改善の跡を認めることができました。
 
 守備の安定が、攻撃の落ち着きを生み、つまらないミスがなくなり、相手の速攻を目をつぶし、より守備が安定する。
 この試合の浦和には、そんな好循環が生まれていました。

 ミシャ体制の3年目。
 選手一人一人に戦術がしみ渡っていよいよチームとして成熟し、完成の域に達してきたのか。
 サポにそんな期待を抱かせる幸先のいい開幕戦の白星でした。

 次節は、いよいよホーム・埼スタでの戦いです。
 相手は、強豪のサガン鳥栖。
 この試合で見せてくれた、成熟したサッカーは本物なのか、強豪チーム相手にも通用するのか。
 それを見極めるには、絶好の相手ですね。

 ここでしっかり勝ち点「3」を獲得して、開幕ダッシュといきたいところです。
 期待しましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。