ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’14年 第3節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ』(’14年 第3節)

 3月15日の土曜日。関東は一日爽やかな青空が広がりました。
 日差しはすっかり春の暖かさ。ひんやりとした風が気持ちいい、この時期らしいお天気でした。

 この日、JリーグJ1の第3節が各地で行なわれ、浦和レッズは、デーゲームでサンフレッチェ広島とアウェイ・エディオンスタジアム広島で対戦しています。

 浦和は前節、サガン鳥栖とのホーム開幕戦を落として連勝を逃しました。
 まだ始まったばかりとはいえ、優勝を狙うには、連敗は何としてでも避けなければなりません。

 対するサンフレッチェ広島。
 前節、強豪の川崎フロンターレを接戦の末に下して、開幕連勝スタートを飾っています。
 今季も混戦のJリーグですが、優勝候補の筆頭に挙げられるでしょう。

 優勝候補チーム同士、しかも因縁浅からぬ相手。白熱した試合になることは間違いありませんね。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 阿部 鈴木 宇賀神 柏木 原口 
 FW:興梠

 前節から大幅にメンバーを入れ替えています。啓太は今季初スタメンですね。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、阿部君と啓太のコンビ。
 2シャドーは、柏木君と元気。WBは右に平川君、左に宇賀神君。
 
 それぞれ、慣れた昨季のポジションについていますね。
 
 立ち上がり、お互いにボールを丁寧に回しながら相手のスキをうかがう、予想通りの展開。
 中盤でのチェックが厳しいですね。ボールを奪われた後の守備への切り替えが早いです。
 どちらも、「まず守備から」という意識を強く感じます。

 両チーム、決定機どころか、シュートすらほとんど打てない時間帯が長く続きます。
 
 浦和は、前線で起点がまったく作れず、攻撃が組み立てられませんね。
 ボールは回るけれど、なかなか広島ゴールに近づけない苦しい状況。
 
 41分過ぎの浦和、槙野君が中央に切れ込んで、興梠君に絶妙のスルーパスを送ります。
 興梠君、後ろからのグラウンダーのボールに上手く合わせて、右足でダイレクトシュート放ちます。
 このシュートは相手ゴールキーパーの好守に阻まれて惜しくも得点ならず。

 42分の浦和、このプレーで得たコーナーキックの流れで、柏木君とのパス交換から平川君が右サイドを突破して速いセンターリングをニアサイドに上げます。
 このボールに興梠君が反応、角度のないところからヘディングシュートを放ちます。
 ボールは弧を描きながら、ゴールキーパーの頭上を超えてゴールネットを揺らしました。1-0、浦和が先制します。

 興梠君、少し無理な体勢でしたが、上体をひねって、よくボールを枠内にコントロールしましたね。
 技ありのゴールでした。

 興梠君はここまで広島のディフェンダー陣に挟み込まれて、目立った仕事をさせてもらえませんでしたが、巡ってきたチャンスをしっかりものにしました。さすがです。
 この得点で波に乗るでしょう。今季もゴールを量産してもらいたいですね。

 そのまま1−0で浦和がリードしてハーフタイムへ。

 前半のシュート数は、浦和5本に対し、広島が2本。
 シュート数の少なさは、両チームともいかに攻撃の組み立てに苦戦したことを裏付けています。

 同じ戦術、システムをベースに戦う両チーム。
 お互いに長所も短所も熟知しているというやりにくさは多分にあったでしょう。

 因縁の多い両チームだけに、「負けられない」という気持ちが強く出すぎたというのもありますね。

 ただ、均衡が破れたことで、後半は試合が動きだすのではないでしょうか。
 浦和は、失点をしないことはもちろん、前がかりになる相手のスキを狙い、追加点を奪って試合を決めてしまいたいところです。

 後半開始。

 案の定、リードを許した広島が前半より前がかりに攻めてきます。
 疲労も手伝って両チームの中盤のプレスも甘くなり、前線にスペースが生まれて、ゴール前のシーンが増えてきます。
 
 63分過ぎの浦和、興梠君の中央の落としから、槙野君が強烈なミドルシュートが枠を捉えますが、相手ゴールキーパーに弾かれてゴールラインの外へ。

 残り20分位になったところで、広島が攻撃的な選手を次々と投入し、さらに攻めの姿勢を強めて試合の主導権を握ります。

 浦和は、広島の迫力のある攻撃に最終ラインを押し上げられず、反撃の糸口をすらつかめません。

 そんな劣勢の状況を打破したい浦和は、続けざまに選手交代のカードを切ります。

 79分、興梠慎三選手に代わって李忠成選手。
 82分、柏木陽介選手に代わって梅崎司選手。

 しかし、その効果も出ず、浦和は広島の圧力に押し込まれたまま時間が過ぎていきます。

 90+0分、相手選手との競り合いで負傷した森脇良太選手に代わって坪井慶介選手が入るアクシデントも発生。
 浦和は虎の子の1点を守りにいきます。

 90+1分、左サイドをオフサイドラインギリギリで抜け出した元気に、絶妙なロングパスが通ります。
 元気は、左足トラップから鋭い切り返しで相手ディフェンダーを振り切って右足でシュート。
 強烈な弾道のボールは、ゴールキーパーの手をかすめて、逆側のサイドネットに突き刺さりました。2-0、浦和が貴重な追加点を奪います。

 元気、左サイドでボールを受けて中央に切れ込んで、右足のシュートという自分の形に持ち込んでの“らしい”得点でした。

 この試合を決める貴重なダメ押し点であり、背番号のプレッシャーやピッチ外でのチームを取り巻く雑音を封じ込めるかのような得点。
 元気の気迫がボールに乗り移った見事なゴールでした。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、広島の捨て身の攻撃を体を張った守備でしのぎ切って、そのままタイムアップ。

 結局、2-0でアウェイの浦和が勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 決定的なシーンこそ少なかったですが、「この相手にだけは負けられない」という両チームの意地のぶつかり合いが随所に見られた迫力のある好ゲームでした。

 勝敗を分けたのは、課題の「守備」でした。
 浦和は、看板の攻撃力を犠牲にしてまでも、広島の攻撃の良さを徹底的に抑え込むことに成功しました。

 広島の攻撃を司る前の3人(佐藤選手、野津田選手、石原選手)にはマンマークをつけて動きを封じ込めていました。
 また、右WBのミキッチ選手については、宇賀神君と槙野君が連携をとりながら、ドリブルのスペースをうまく消して仕事をさせませんでした。

 久々スタメンの啓太も、中盤の底で大奮闘でした。
 時にはファール覚悟で、危険なスペースをきっちり埋めていましたね。
 広島に効果的なカウンターを許さなかったのも、彼の貢献による部分は大きかったです。
 
 攻撃が左サイドに偏る傾向のある浦和ですが、この試合では、右からの攻撃の比重がいつもより多かった気がします。
 右WBの平川君が働きが目立ちました。先制点のアシスト以外にも、切れ味鋭いドリブル突破が光りました。

 相手のストロングポイントを消すために、あえて「今日は右から」という戦略的な指示もあったのかもしれませんね。

 攻撃については、機能したとはまだまだ言えませんが、しっかり2点を取ったことは評価したいです。

 興梠君と元気。取るべき人がきっちりゴールを奪ったことは、今後に向けて、大きなプラス材料といえます。

 浦和がこの試合を落とすと、広島との勝ち点差は「6」に広がるところでした。
 まだ、シーズン序盤とはいえ、このままズルズルといってしまう可能性もあります。
 選手たちの危機感が、なりふり構わない「負けないためのサッカー」の徹底につながったのでしょう。

 選手たちのこの試合に懸ける気持ちが、相手を上回った結果ともいえるかもしれませんね。
 
 選手の皆さん、広島まで足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 新聞やニュースでも取り上げられている通り、前節の鳥栖戦において、浦和のサポーター数名がスタジアムで人種差別的な横断幕を掲げていたことが発覚しました。

 この問題を重くみたJリーグ側は、ホームゲーム1試合を無観客試合で行うという前例のない厳しい処置を浦和に与えています。

 次節の清水エスパルスとの一戦が、その対象試合となります。

 Jリーグの下した判断は、浦和レッズの社会的な影響力の大きさや、人種差別的な行為に対して厳しい態度で臨む現在の世界的な趨勢から考慮すると妥当なものといえるでしょう。

 一部の心ない人たちのおかげで、浦和の選手たちはいつも得られるサポーターからの圧倒的な後押しなしに戦わなければならない状況に追い込まれました。
 
 サッカーはスポーツです。スポーツには、必ず、守らなければならないルールがあります。
 今回の一件は、浦和がそのルールを破ったことに対するイエローカード(警告)と受け取るべきでしょう。
 
 規律を守れない選手は、どんなに優秀でも、チームを足を引っ張ります。
 自分勝手でワガママなプレーが、チームの和を乱してしまうからです。

 サポーターも同様ですね。
 選手たちに、規律のあるプレーを望むのならば、サポーター自身にも規律を課すべきです。

 最低限の規律を守れないサポーターは、もはやサポーターではありません。
 チームの力になるどころか害を与えることが、今回に身に沁みて感じさせられました。

 選手たちにも、それぞれ役割があるように、サポーターにも役割があります。

 選手たちが最大限の力を発揮できるように、スタジアムの雰囲気を作ること。
 選手のプレーに対する叱咤激励で、選手たちを鼓舞すること。
 
 それ以外の行為は、すべて単なるスタンドプレーであり、必要のないものです。

 サポーターはサポーターの本分を全うすること。その原点に立ち返ってやり直すしか、失った信頼を回復する方法はありません。
 
 自分たちのすべきことは何なのか、すべてのサポーターが考え直すきっかけにできれば、今回の一件は、とても有意義な機会となり得ます。
 
 チームを取り巻く環境は相変わらず厳しいものがありますが、ここが踏ん張りどころです。

 選手とスタッフ、サポーターが一丸となって、この試練を乗り越えたいです。
 より成熟した強いチームに生まれ変わることを信じて。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。