ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 清水エスパルス』(’14 第4節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 清水エスパルス』(’14 第4節)

 3月23日の日曜日。関東は一日爽やかな青空が広がりました。
 暖かい日差しに、時折吹く強く冷たい風。春の選抜も開幕し、いよいよ春本番ですね。

 この日、JリーグJ1の第4節が各地で行なわれ、浦和レッズは、デーゲームで清水エスパルスとホーム・埼玉スタジアム2002での対戦です。

 浦和は前節、サンフレッチェ広島にアウェイで快勝し、白星先行としました。
 この試合も勝って、上昇気流に乗っていきたいところ。

 対する清水エスパルスは前節、セレッソ大阪にホームで破れ、黒星先行となっています。
 
 3月8日に埼スタで行われた鳥栖戦で、浦和のサポーター数名が人種差別的な横断幕を掲げていたことが発覚しました。
 この問題に対するJリーグ側の浦和への処分により、この試合は無観客で行われています。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:阿部 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 宇賀神 柏木 梅崎 原口 
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 森脇君が出場停止で抜けた右ストッパーには、阿部君が入っています。ボランチは、柏木君と啓太のコンビ。
 
 清水の守備は、フラットな4バックのシステム。
 4人の最終ラインと2人のボランチが中央をがっちり固めています。
 
 浦和は、真ん中に人を集めて守る清水の守備に対して、前線での起点を作れません。
 いつもと違うスタジアムの雰囲気に戸惑いもあるのか、浦和はパス回しもいつもよりぎこちない感じです。
 
 注目の先制点は、清水に入ります。

 19分の清水、左サイドからのコーナーキックを得ます。
 ショートコーナーから大前選手がサイドチェンジのパス。フリーで受けた六平選手が胸トラップし、右足でシュート。
 西川君が弾きますが、そのこぼれ球を長沢選手が右足で蹴りこみました。0−1、清水が先制です。

 浦和は、相手の前線の長身選手(ノヴァコヴィッチ選手、長沢選手)を気にするあまり、他の選手への対応が甘くなってしまいました。
 完全にフリーの選手を作ってしまいましたね。
 
 この失点で、目を覚ました浦和。
 攻撃のリズムが良くなり、得点のチャンスが生まれるようになります。

 21分過ぎの浦和、カウンターから元気が左サイドを抜けだして、ゴールキーパーと1対1に。
 元気、左足でシュートを放ちますが、惜しくもゴールキーパーに弾かれてゴールならず。

 28分過ぎの浦和、右サイドからのクロスに、逆サイドの宇賀神君がダイレクトで折り返します。
 このボールに、ゴール前に詰めていた元気と興梠君が飛び込みますが、触れることはできず。

 浦和は、その後も優位に試合を展開しますが、チャンスらしいチャンスは作れないまま時間が進みます。
 逆に、清水の鋭い速攻にヒヤッとする場面も何度か見られました。

 前半は、結局0−1で清水リードのまま終了です。

 前半のシュート数は、浦和6本に対し、清水が5本。
 シュート数こそ、浦和が上回りましたが、内容的には完全に清水のペースでした。

 浦和の取ったコーナーキックの数は0。いかに攻撃面で苦戦していたのかを表すデータですね。

 一方の清水は、前半唯一のコーナーキックをしっかり得点に結びつけました。
 ディフェンスラインから長いパスを前線のノヴァコヴィッチ選手に送り、そこを起点に攻撃をしっかり組み立てられていました。
 最終ラインを統率していたヨン ア ピン選手が攻守に効いていましたね。

 清水に中央を固められている浦和としては、サイドを起点に何とか攻撃の糸口をつかみたいところです。

 後半開始。

 悪い流れを変えたいミシャは、ハーフタイムで選手交代のカードを2枚同時に変えて勝負に出ます。

 平川忠亮選手に代わって関根貴大選手、梅崎司選手に代わって永田充選手を投入。

 永田君は3バックの中央に、関根君は右WBにそれぞれ入ります。
 那須君が右ストッパーへ、阿部君がボランチへ、柏木君が2シャドーにそれぞれスライドしています。

 この2枚替えが功を奏し、点を取らなければならない浦和が攻撃の勢いが増します。
 柏木君を一列上げたことで、動き出しが良くなり、前線で起点が作れるようになりました。

 早く追いつきたいミシャは、早々に最後のカードを切ります。

 64分、宇賀神友弥選手に代わって李忠成選手。

 李君は1トップの位置に入ります。
 興梠君は2シャドーの一角に、元気が左WBにスライドしています。

 73分の浦和、右サイドを突破した興梠君がクロスを上げ、逆サイドの元気が右足でシュートを放ちますが、ボールはバーの上へ。

 76分の浦和、自陣からの長いサイドチェンジのパスが、右サイドの関根君に入ります。
 関根君、相手ディフェンダーに囲まれながらも、粘って深い位置から折り返します。
 中央で李君が潰れたこぼれ球に元気がしっかり詰めます。
 元気、右足で真ん中に豪快に蹴りこみました。1−1、浦和が同点に追いつきます。

 関根君、しつこいチェックに負けず、よくクロスを上げましたね。
 これがJリーグ初出場とは思えない、鮮やかなプレーでした。

 元気も、気迫のこもった素晴らしいシュートでした。ここぞというところで決めてくれるのはさすがですね。

 さらに畳みかける浦和。
 清水を完全に押し込み、分厚い攻撃を仕掛け続けますが、あと一歩のところで決め切れず。
 
 アディショナルタイムは4分。
 浦和は、李君のヘディングシュートもわずかにバーを越えて万策尽きました。試合終了のホイッスル。

 結局、1−1の引き分けに終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 前半は清水、後半は浦和と前後半で流れが完全にひっくり返ったこの試合。
 どちらも、「勝ち点3を逃した」という印象を持っていると思いますが、より強く感じているのはホームの浦和の選手たちかもしれません。

 トータルのシュート数は浦和が17本、清水が6本。
 浦和は、後半だけで11本のシュートを放ちながらも、得点は1点だけでした。

「サポーターのために絶対勝つ」という気持ちが、力みにつながってしまったのかもしれません。
 それはともかく、得点力不足は今後の課題となりますね。

 後半の頭から出場したユース出身の新人、関根君は今後楽しみな存在ですね。
 小柄ですが、足元の技術がしっかりしていて、当たり負けしない体幹の強さもあります。
 この試合では、守備に回る場面がほとんどなく、WBとしての適性は評価はしにくいですが、攻撃的なオプションとして、十分通用するところを見せてくれました。
 今後に大いに期待しましょう。
 
 元気の左WBも、点を取りたいときのオプションとして、可能性を感じました。
 とはいえ、慣れていないせいか、引いてボールをもらいにいってしまうシーンも目立ちましたし、槙野君とのコンビもいまひとつでした。

 元気が左ワイドの深い位置で我慢してポジションをとり、フリーでボールをもらって中央にカットインする得意の形を数多くつくれば、攻撃の切り札になりそうですね。

 観客のいない異様な雰囲気の中行われたこの試合。
 両チームの選手たちは、もちろん全力でプレーし、最後まで手を抜かずに戦っていました。
 だからといって、自分の力を出し切れたのかというと、そうではないでしょう。

 選手たちは、サポーターのありがたみを肌で感じ、サポーターは、自分の愛するチームを応援することができる幸せを感じたのではないでしょうか。
 
 チームあってのサポーターであり、サポーターあってのチームである。
 そして、サポーターは「12番目の選手」である。

 無観客試合は、それを改めて思い起こさせてくれました。

 辛く苦しい経験ではありますが、この試合をきっかけに、チームとサポーターの関係がより深いものになることを願いたいですね。

 サポはスタジアムをこれまでにないくらいの最高の雰囲気で盛り上げ、選手はそれに応えて最高のプレーをする。
 失った信頼を取り戻すには、原点に立ち返って、一から出直すしかありません。

 まだまだシーズンは始まったばかり。
 このような苦しいときだからこそ、チームとサポーターが一丸となって乗り越えたいです。

 次節のヴィッセル神戸戦では、サポーターの力を得た浦和の選手たちが最高のパフォーマンスを発揮することを願っています。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。