ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』(’14 第5節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』(’14 第5節)

 3月29日の土曜日。関東は一日暖かな日差しが降り注ぎました。
 気温も20℃を超え、桜の花も咲き始めましたね。一気に春満開です。

 この日、JリーグJ1の第4節が各地で行なわれ、浦和レッズは、デーゲームでヴィッセル神戸とアウェイ・ノエビアスタジアム神戸での対戦です。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 原口 梅崎  
 FW:興梠

 森脇君が出場停止明けで2試合ぶりに戻ってきました。
 入れ替わりに、柏木君が怪我のためメンバーから外れています。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。
 2シャドーは元気と梅崎君、WBは右に平川君、左に宇賀神君。

 序盤、お互いに中盤でプレスを掛けて、ショートカウンターを狙う展開。

 神戸はボールを奪った後、素早く両サイドにいったん開いて攻撃を組み立てます。
 前線でのチェイシングがかなり厳しいですね。最終ラインは、フラットな4バック。

 一方、浦和はロングボールをいつもより多用し、中央や両サイドに早めに起点をつくっています。
 前線になかなか起点を作れず、苦戦したここまでの反省からでしょう。

 お互いにボールが足につかず、チャンスを潰し合う展開が続きますが、浦和のボールの収まりが良くなり、徐々に浦和ペースの展開へ。

 先制点は、アウェイの浦和に入ります。

 35分、左サイド、自陣からドリブルで持ち込んだ槙野君のパスを受けた宇賀神君が、アーリークロスを上げ、ボールはファーサイドに待ち構えていた梅崎君にわたります。
 梅崎君、右足ダイレクトで合わせてボレーシュート。
 抑えの効いたグラウンダーのシュートが、ゴールキーパーの動きの逆を突いて神戸ゴールに吸い込まれます。1-0、浦和が先制です。

 宇賀神君と梅崎君のイメージが完全に重なった見事な得点でした。
 練習から何度もやってきた形なのでしょう。神戸のディフェンスを完全に振り回しましたね。
 
 その後も、浦和は攻撃の手を緩めず、試合の主導権を握り続けます。

 前半は、結局1-0で浦和リードのまま終了です。

 前半のシュート数は、浦和6本に対し、神戸が4本。
 スコア通り、浦和がペースを握った前半でした。

 浦和の前線の5人に対して神戸の最終ラインは4人。
 浦和は、この人数のアンマッチをうまく活かして、前線に起点をつくることができていましたね。
 パスの精度が良くなった30分過ぎ位から、チャンスも数多くつくりだすことができていました。

 得点したシーン以外でも、何度か決定機もあったのですが、決め切れなかったのが決め切れなかったのが残念です。
 この調子で、後半にさらなる得点を期待しましょう。

 後半開始。

 開始直後から、1点ビハインドを許している神戸が前掛かりな姿勢を強め、試合の主導権を握ります。

 始まってまだ間もないうちに、続けざまに神戸に枠内の2本のシュートを放たれます。
 しかし、ここは西川君のファインセーブ連発でことなきを得ます。

 49分には、スルーパスに抜け出したマルキーニョス選手が、ゴールキーパーと1対1となる絶好機を迎えましたが、ここも西川君が間一髪でカットし、ゴールラインの外に蹴り出して窮地を救います。

 しかし、勢いづいた神戸の攻撃は止まりません。

 57分、神戸のチョン ウヨン選手のフリーキックはバーに救われます。

 60分の神戸、左サイドで森脇君からボールを奪ったべドロジュニオール選手がそのままゴール前にドリブルで突進します。
 ペドロジュニオール選手、最後はキーパーの動きを冷静に見ながら左足で流し込みました。1−1、神戸が同点に追いつきます。

 ペドロジュニオール選手は森脇君にボールが入ったところを狙っていましたね。
 ボールを奪った後のシュートまでの素早い身のこなしも鮮やかでした。

 流れを変えたいミシャは、選手交代のカードを切ります。
 63分、平川忠亮選手に代わって李忠成選手が入ります。

 李君は1トップの位置に入ります。
 興梠君が2シャドーへ、梅崎君が右WBの位置にそれぞれスライド。

 同点になったことで、両チームの攻撃が激しさを増し、ゴール前での迫力あるシーンが増えます。

 浦和は2枚目の選手交代のカード。
 76分、梅崎司選手に代わって関根貴大選手が入ります。

 関根君は、そのまま右WBの位置に入ります。

 しかし、その直後の78分の神戸。
 最終ラインでボールを受けた啓太のトラップが少し大きくなります。
 それを見逃さなかったペドロジュニオール選手、ボールをかっさらって右足でゴールに流し込みます。1−2、神戸が逆転に成功です。

 啓太は、前からチェイシングをかけてきたマルキーニョス選手の動きに気を取られ、死角にいたペドロジュニオール選手に気づいていませんでした。

 点を取らなければならなくなった浦和は、最後のカードを切ります。
 80分、鈴木啓太選手に代わって山田直輝選手が入ります。

 直輝の投入で、少しリズムを取り戻した浦和が神戸ゴール脅かす場面もありましたが、得点を奪うまでには至りません。
 
 アディショナルタイムは4分。

 90+1分の神戸、神戸陣ゴール前からペドロジュニオール選手が、マルキーニョス選手へ1本のパス。
 マルキーニョス選手、ディフェンスラインの裏に抜け出し独走、最後はゴールキーパーとの1対1を制して、ゴールに流し込みました。1−3、神戸がトドメの1点を奪います。

 浦和は、点をとるためにかなり前掛かりになっていたので、この失点はある程度仕方がないでしょう。
 マルキーニョス選手のスピードとテクニックが光った得点でした。

 試合は結局、1−3で神戸が勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 浦和は、スコア通りの完敗でした。
 前半と後半、パフォーマンスがまったく異なるゲームをしてしまいましたね。
 
 1点リードで折り返した後半、相手が前掛かりに攻めてくるのはわかっていたはずです。
 ですが、開始直後からの神戸の予想外に激しい攻勢に、完全に浮足立ってしまいましたね。
 
 浦和の選手たちは、先制したことで、心のどこかに「このまま後半を乗り切れば」という、気持ちの緩みがあったのではないでしょうか。

 気持ちが守りに入ってしまっては、相手の必死の攻撃は防ぎきることはできません。
 
 神戸の勝利に対する執念を象徴していたのが、マルキーニョス選手でした。

 両チーム合わせた中でも最年長の38歳ですが、最前線で神戸の攻撃をリードしていた姿が印象的です。
 守備では、試合の最初からさぼることなく、激しいチェイシングで浦和の最終ラインに圧力を掛け続けていました。
 攻守にわたってハードワークをこなしながらも、後半ロスタイムにカウンターからの独走ゴールまで決めてしまうのですから、本当に恐れ入ります。
 
 浦和の選手たちにも、彼のサッカーに対する姿勢は、ぜひ、見習ってもらいたいものです。

 最年長者にこれだけのパフォーマンスをされては、他の選手も燃えないわけにはいきませんね。
 ペドロジュニオール選手の得点も、マルキーニョス選手の精神的な支えがあってこそですね。

 勝利にこだわる厳しさという面で、浦和の選手たちは、神戸の選手たちに後れを取っていたことは否めません。

 浦和の最初の2失点は、最終ラインでのミスが直接の原因でした。
 個人的なミスといってしまえば、それまでですが、サッカーにミスはつきものです。
 
 最終ラインでのボール回しは、ポゼッションを志向する浦和の生命線です。
 今後、浦和対策として多くのチームが、この日の神戸同様に厳しい前線からのプレスをかけてくることでしょう。

 個人的なレベルアップはもちろん、チームとして戦術の意思疎通をしてリスク管理を徹底する必要がありますね。

 スタジアムに足を運んだサポの皆さん、選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 次節は、ナビスコ杯のホーム戦を挟んで、ベガルタ仙台とホームで戦います。
 負けた次の試合は、とても重要です。連敗は何としてでも避けなければなりません。

 この試合の教訓を活かし、ホーム埼スタで、多くのサポと一緒に勝利の祝福を!

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。