ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『名古屋グランパス vs 浦和レッズ』(’14 第7節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『名古屋グランパス vs 浦和レッズ』(’14 第7節)

 4月12日の土曜日。関東は、一日爽やかな青空が広がりました。
 日中は風も穏やかで、この時期らしい過ごしやすい天候でした。

 この日、JリーグJ1の第7節が各地で行なわれました。
 浦和レッズは、デーゲームで名古屋グランパスとアウェイ・豊田スタジアムで対戦しています。

 浦和は前節、ベガルタ仙台にホームで圧勝しました。
 この勢いに乗りアウェイでも勝って、エンジン全開といきたいところです。

 対する名古屋グランパスは、前節、サンフレッチェ広島に大敗し連敗。
 怪我人も多く、苦しい序盤戦を強いられています。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:梅崎 柏木 阿部 宇賀神 興梠 
 FW:李

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に梅崎君、左に宇賀神君。2シャドーは、興梠君と元気。1トップは、李君。

 名古屋は、フラットな4バックのシステム。ケネディ選手と永井選手が2トップを組み、彼らを中心に前から積極的にプレスをかけてきます。
 
 序盤から、浦和は名古屋の圧力をうまく交わしながら、攻撃を組み立てて試合の主導権を握ります。

 しかし、先制したのはホームの名古屋。

 10分、名古屋は右サイドでフリーキックを得ます。
 センターリングのボールをゴール前の大武選手が頭で右サイドのスペースに流し、そのボールに永井選手反応します。
 永井選手、ゴールキーパーやマークするディフェンダーと競り合いながらも、左足に当てて浦和ゴールに流し込みました。0−1、名古屋が先制します。

 名古屋の武器である「高さ」を生かした見事な得点でした。
 大武選手と永井選手のイメージがピッタリ合いましたね。

 浦和は、空中戦に強いケネディ選手と闘莉王選手の2人を警戒するあまり、その他の選手のケアが疎かになってしまったのかもしれません。
 
 先制を許した浦和。同点に追いつくべく、さらに攻勢を強めます。

 この日の浦和は、攻撃のリズムがとてもいいです。

 ゴール前でしっかり起点をつくり、ピッチを広く使った本来のサッカーを展開しています。
 ゴール前でのアイデアが豊富で、ダイレクトパスやスルーを織り交ぜて、名古屋の守備を翻弄する場面もしばしば。
 
 特に、左サイドでの槙野君のオーバーラップがかなり効いていますね。
 名古屋のディフェンスは、槙野君の神出鬼没な動きをなかなか捕まえきれません。

 19分の浦和、右サイドからのセンターリングをフリーで受けた宇賀神君が胸トラップから左足の強烈なシュート。
 ボールは枠をとらえますが、ゴールライン上でディフェンダーにクリアされて惜しくも得点ならず。

 33分の浦和、槙野君からのスルーパスに反応した興梠君がゴール前でゴールキーパーと1対1になる絶好機を作ります。
 興梠君、コースを探しながら左に回り込み、左足を振り抜きますが、シュートはゴールキーパーに弾かれます。

 42分の浦和、左サイドのコーナーフラッグ付近からのフリーキック。
 相手ゴールキーパーが処理し損なった浮き球をファーサイドにいた槙野君がヘディングシュート。
 ボールは枠をとらえますが、ケネディ選手が間一髪、ヘディングで弾き出します。

 攻めても、攻めても、ゴールが遠い浦和。

 前半は、結局0−1で名古屋リードのまま終了です。

 前半のシュート数は、浦和10本に対し、名古屋が3本。
 浦和は、試合内容では圧倒し、決定的なシーンも数多く作り出しましたが、最後の最後の詰めが甘く得点なし。
 一方の名古屋は、終始浦和に押し込まれ、前半の決定機は1つだけでしたが、その1つの決定機を見事に得点に結びつけました。
 
 追う立場となった浦和ですが、焦らず自分たちのスタイルを継続することが大事です。
 攻撃も守備も自分たちのペースで戦うことができています。あとは、得点を奪うだけ。
 交代カードも有効に活用して、後半も前半同様の戦いを続けていきたいですね。

 後半開始。

 後半も、前半の流れを引き継いで浦和ペースで進みます。

 64分の浦和、右サイドで阿部君からのクサビのパスを受けた李君から宇賀神君、元気とつないでペナルティエリアに侵入します。
 元気、ドリブルで中央に切れ込みながら、体勢を崩しながらも右足でシュート。
 グラウンダーのボールがゴールネットを揺さぶりました。1−1、浦和が同点に追いつきます。
 
 1本の縦パスから、細かいパス回しで相手ディフェンスを切り崩してのゴール。
 浦和らしい見事なコンビネーションからの得点でした。

 ペナルティエリア内で元気が前を向いてボールを持てる状況を作り出した時点で、半分勝負は決まりました。

 元気は、得意な形とはいえ、よく決めました。
 ディフェンダーを引き連れながらも、ゴールキーパーの位置を確認して、冷静にコースを狙ったシュート。
 完璧な流れの中での得点でした。

 この勢いに乗って一気に逆転を目指したい浦和。
 選手交代のカードを切って勝負をかけます。

 75分、柏木陽介選手に代わって鈴木啓太選手。
 79分、宇賀神友弥選手に代わって関根貴大選手。

 その矢先の81分、名古屋は、永井選手が2枚目のイエローカードを受けて退場となり、10人での戦いを強いられます。

 数的優位に立った浦和は、逆転への期待がさらに高まりますが、力が入り過ぎてしまったのか、パスミスが多くなり攻撃がチグハグになります。

 浦和は、ボールは持つもののチャンスを作れない、もどかしい展開が続きます。

 アディショナルタイムは4分。
 しかし、その表示された時間もあっという間に過ぎてしまいます。

 このまま引き分けかと誰もが思った、最後の最後にドラマが生まれます。

 90+5分、浦和は右からのコーナーキックを得ます。キッカーは梅崎君。
 右足から放たれたボールは、いったんディフェンダーにヘディングでクリアされますが、そのボールがちょうど那須君の足元に。
 那須君、右足ダイレクトで抑えの効いたシュートを放ちます。
 元気がスルーし、最後は興梠君がコースを変えてゴールに吸い込まれました。2−1、浦和が土壇場で逆転に成功します。

 あのボールをダイレクトでシュートを打つ選択は、得点感覚に優れた那須君ならではですね。
 さすが、ここぞというときに頼りになる選手です。

 セットプレーでのゴール前の混戦では、何が起こるかわかりません。
 シュートを打つことの重要性を改めて思い知らされた得点でした。
 
 そして、そのままタイムアップ。

 2−1で浦和が劇的な逆転勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 ボール保持率や決定機の数では、名古屋を圧倒した浦和。
 しかし、終わってみれば、後半アディショナルタイムに勝ち越し点を奪うというヒヤヒヤの勝利でした。

 前半、何度もあった得点チャンスのどれかひとつでもモノにしていれば、これほど苦しまずに勝ち点「3」を確保できたのは間違いありません。

 とはいえ、先制されてから得点を積み重ねて逆転勝利を掴みとることができたのは、大きなプラスです。

 攻撃は、シーズン開始当初に比べると、格段にレベルアップしているのがよく分かりますね。

 試合を重ねるごとに選手同士の意思の疎通がとれ、コンビネーションが良くなって、ミシャのサッカーがより体現できるようになったからでしょう。

 李君の加入も大きいです。
 前線でのポストプレーヤーとしての働きはもちろん、それ以外のときも、つねにディフェンスラインの裏を狙う意識を持っています。

 足元の技術が高く、ボールを持っているときのアイデアも豊富です。
 相手の意表をつくパスやシュートを随所に見せてくれます。
 
 ダイレクトプレーが多いのも彼の特徴ですね。
 1点目の起点になった宇賀神君へのダイレクトパスは、まさにその象徴のようなプレーでした。

 李君が前線でリスクを犯して勝負する姿勢が、他の浦和の攻撃の選手にもいい影響を与えています。

 悪いときの浦和の攻撃は、ボールを失いたくないばかりに、横パスやバックパスに逃げていたケースが目立ちました。
 しかし、この試合では、得点に直接つながるような縦パスやダイレクトパスを選択する強気のプレーが目立ちました。
 
 引いてブロックを作っている相手を崩して得点を取りにいくのは、どんなチームでも大変です。
 ただ普通にパスを回して、クロスを上げるだけでは、得点の生まれる可能性は低いです。

 この日の浦和のように、ダイレクトパスや飛ばしパスで相手のマークをずらして、狭いスペースをこじ開ける動きを続ければ、どんな状況でも得点できる可能性は高まります。

 さらに精度を高めて、攻撃の引き出しを増やしてもらいたいですね。

 選手の皆さん、サボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 浦和は、この日の勝利で今季初の連勝と、ようやく波に乗ってきました。
 この勢いを大切にして、さらに上位を目指したいところです。

 次節は、ホーム・埼スタで川崎フロンターレと対戦です。
 J屈指の得点力を誇り、浦和にとって相性の悪い相手です。

 強豪・川崎に浦和の攻撃がどこまで通用するか、今季を占う大事な一戦になりそうですね。

 攻め合いは望むところです。
 ひるむことなく堂々と渡り合い、チームとサポ一丸となって勝ち点「3」をもぎ取りましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。