ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 川崎フロンターレ』(’14 第8節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 川崎フロンターレ』(’14 第8節)

 4月19日の土曜日。関東は、一日曇りがちの天気。3月に逆戻りしたかのような少し肌寒いの一日でした。

 この日、JリーグJ1の第8節が各地で行なわれました。
 浦和レッズは、ナイトゲームで川崎フロンターレとホーム・埼玉スタジアム2002で対戦しています。

 浦和は前節、名古屋グランパスに逆転勝利を収めて、今季初めての連勝を果たしました。
 強敵の川崎を下して、さらに連勝を伸ばしたいところです。

 対する川崎は前節、柏レイソルと引き分け、連勝が止まりました。
 持ち前の得点力は今年も健在、しっかり上位に食い込んできていますね。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:梅崎 柏木 阿部 宇賀神 興梠 
 FW:李

 前節と同じメンバーです。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に梅崎君、左に宇賀神君。2シャドーは、興梠君と元気。1トップは、李君。

 序盤から主導権を握ったのは、ホームの浦和。
 前線から激しくプレッシャーをかけてボールを奪い、川崎ゴールを度々脅かします。
 
 川崎も、ボランチの中村選手を中心に縦に鋭い速攻で反撃、お互いに持ち味を出し合った攻め合いになります。

 15分の川崎、大久保選手のスルーパスからレナト選手がゴールキーパーと1対1となり、シュートを放ちますが、西川君が体を張ってセーブ。

 17分の浦和、左コーナーキックからの那須君が落として、元気が至近距離からシュートを放ちますが、相手ゴールキーパーの好守に阻まれてゴールならず。

 25分の浦和、右サイドでボールを受けた梅崎君がマークの選手を交わして、ゴールライン付近まで侵入してからクロス。
 逆サイドの宇賀神君がヘディングシュートを放ちますが、ボールはクロスバーの上を越えていきました。

 30分の川崎、大島選手のスルーパスから小林選手がゴールキーパーと1対1となり、シュートを放ちますが、ここも西川君が体を張ってブロックします。

 お互いにパスの精度が高く、めまぐるしく攻守が入れ替わるスピーディーな試合展開。
 ボールが途切れず、お互いのゴール前での攻防が続き、あっという間に時間が過ぎていきます。

 結局、前半は、0−0でスコアレスのまま終了です。

 前半のシュート数は、浦和7本に対し、川崎が5本。
 ボール保持率は若干浦和が上回っていた感じですが、決定機の数などを考えても、ほぼ互角の前半でした。
 お互いに攻撃的な持ち味を出し合って、無駄なプレーがほとんどない密度の濃い45分でした。
 後半も、前半同様、スペクタクルな試合を期待したいです。

 このような試合は、たったひとつのミスで勝負が決するものです。
 浦和は、前半以上に集中して試合に臨み、決めるべき場面できっちり決めて、勝利をものにしてほしいところ。

 後半開始。
 浦和は、前半に足を痛めた槙野君が負傷退場となり、選手交代のカードを切ります。
 HT、槙野智章選手に代わって濱田水輝選手。

 後半も、お互いに攻め合う展開は変わりません。
 ただ、前半効果を発揮していた浦和の前線からのプレスが弱まり、川崎のボール保持する割合が多くなります。

 51分の川崎、ゴールキーパーが前に出ているのを見た中村選手がループシュートを放ちますが、カバーに入った水輝がクリアして事なきを得ます。

 これを見たミシャは早めの対応、2枚目の選手交代のカードを切ります。

 55分、疲れの見えた柏木陽介選手代わって青木拓矢選手が入ります。

 その後も一進一退の白熱した攻防が続きますが、後半も20分過ぎ、とうとう試合が動きます。

 68分の浦和、青木君から右サイドに張っていた梅崎君に対角のロングパスが通ります。
 梅崎君、ダイレクトでマイナスのグラウンダーのボールを折り返します。
 このボールに左サイドの宇賀神君が詰めて、ダイレクトで右足を振り抜き、見事、ゴールネットに突き刺しました。1-0、浦和が先制します。

 青木君、見事なパスでした。右サイドでフリーになっていた梅崎君がしっかり見えていました。
 ダイレクトで折り返した梅崎君も、それに反応して見事なシュートを放った宇賀神君もさすがですね。
 トレーニングで何度もやってきた形なのでしょう。息もぴったりでした。
 右WBのクロスに、左WBが合わせて点を決めるというのは、今の浦和のシステムならでは得点パターンですね。

 その後、1点を追いかける川崎が前掛かりになり、浦和は押し込まれる時間帯が長くなります。

 細かいパスをいくつもつないで、浦和ゴールをこじ開けようとする川崎。
 それに対して浦和は、粘り強くボールにプレッシャーをかけ続け、川崎の猛攻を水際で食い止めます。

 89分過ぎ、スタジアムから「Pride of URAWA」の大合唱が湧き上がります。
 サポも選手たちの背中を強力に後押しします。

 アディショナルタイムは4分。
 浦和は川崎の捨て身の攻撃を体を張ってしのぎ切り、タイムアップのホイッスル。

 1-0で浦和が勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 勝敗を抜きにして、お互いに持てる力を出し尽くしたナイスゲームでした。
 
 攻撃に持ち味のある両チームが、相手の良さを消すのではなく、自分たちのスタイルを出そうという意識を強くもって戦ったことがいい方向に作用しました。

 ポゼッションを志向するのは、両チームとも同じですが、そのスタイルは対照的です。

 ロングパスを多用し、ピッチを幅広く使った攻撃が持ち味の浦和。
 密集の中を細かいパスをつなぎながら、縦に鋭い攻撃が持ち味の川崎。

 この試合では、ピッチ上で両チームのスタイルが見事に調和していました。

 不要な横パスも、不注意なパスミスもほとんどなく、引き締まったレベルの高い試合。

 選手たちの技術力の高さも際立っていましたね。
 特に、プレッシャーを受けた中でのプレーの正確さは、他のJのチームもお手本にしてほしいです。
 
 浦和は、この試合を勝ち切ったことは本当に大きいですね。今後の可能性を感じさせてくれました。
 
 特に、守備面での成長は特筆に値します。

 Jで随一の得点力を誇る川崎相手に、これだけ攻め合いながらも得点を許さなかったことは、大いに評価されるべきです。

 守備の戦術が徹底され、組織としてボールを奪いにいけるようになったことが大きいですね。

 この試合でも、全員で前線からの激しくプレッシャーをかけ続けて、川崎の前への推進力を削ぐことに成功しました。
 その分ファールが増え、イエローカードをたくさんもらってしまいましたが、やむを得ないでしょう。

 後半、さすがに圧力が落ち、川崎にボールを持たれる時間が多くなりましたが、それでも、足を止めずに、粘り強くボールに向かっていったことが無失点につながりました。

 途中出場の新戦力、青木君と水輝の二人もそれぞれ持ち味を発揮して、それぞれ決定的な仕事をしてくれました。
 二人とも戦力として計算できそうです。
 連戦が続くこれからの時期、選手層が厚くなるのは心強いですね。

 決定的な場面を幾度となく救った西川君のプレーも見事。この試合のMVPといってもいい活躍でした。
 相変わらずの安定感で、まさに守護神というべき存在です。本当に頼りになります。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。

 4月に入って公式戦5連勝と波に乗ってきた浦和。
 これから、ゴールデンウィークの連戦に突入します。

 難敵ばかりで体力的にも厳しいですが、この試合で見せてくれたような、全員攻撃、全員守備で乗り切ってほしいです。
 
 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。