ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『柏レイソル vs 浦和レッズ」(’14 第9節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『柏レイソル vs 浦和レッズ」(’14 第9節)

 4月26日の土曜日。関東は澄み渡った青空が広がりました。
 歩いているだけで汗ばむほど、初夏を思わせるような気候となりました。

 この日、JリーグJ1の第9節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームで柏レイソルとアウェイ・日立柏サッカー場で対戦しています。

 浦和は前節、強豪の川崎フロンターレとの競り合いを制して、リーグ戦3連勝を果たしました。
 ゴールデンウィーク連戦の初戦を勝利し、さらに勢いに乗りたいところ。

 対する柏はここ2戦連続で引き分けと、開幕から調子に乗りきれていませんが、実力のある難敵であることには変わりありません。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 濱田 
 MF:梅崎 柏木 阿部 宇賀神 興梠 
 FW:李

 前節、負傷退場した槙野君に代わって水輝がスタメン入りしています。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、水輝。ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に梅崎君、左に宇賀神君。2シャドーは、興梠君と元気。1トップは、李君。

 立ち上がりから、柏が鋭いカウンターを武器に浦和ゴールに迫ります。

 6分の柏、浦和の最終ラインを突破した太田選手が、ペナルティエリア内までドリブルで持ち込んでシュートを狙いますが、必死に戻った阿部君がスライディングで間一髪でクリア。

 14分の柏、工藤選手がディフェンダーに競り勝ってゴールキーパーと1対1となり、シュートを放ちますが、ここは西川君が体を張って防ぎます。

 浦和は、前線への起点のパスがなかなかつながらず、攻撃の形が作れません。
 スパイクが合わないためか、足を滑らせる選手も多いです。

 柏ペースで進んでいた前半ですが、先制点は浦和が奪います。

 24分の浦和、中央ハーフウェイライン付近から、柏木君から前線の元気にロングフィードのパスが出ます。
 元気、足元のトラップが少し乱れますが、うまくボールをキープし直し、体を反転させ、そのまま右足でシュート、見事、逆サイドのゴールネットを揺らしました。1-0、浦和が先制します。

 元気、ファーストトラップが少し流れましたが、うまくフォローしてシュートに結びつけましたね。
 背中でゴールマウスが見えていたかのようなスーパーゴール。
 ディフェンスは2枚ついていましたが、ドリブルでのカットインを警戒して間合いを詰めきれませんでしたね。
 元気は、そのわずかに空いたシュートコースを見逃しませんでした。

 柏木君も、元気のディフェンスライン裏への動き出しを感じて、最高のパスを出しました。

 先制点を奪って余裕が生まれた浦和は、カウンター狙いにシフトし、意識的にペースを落とします。
 カウンターが機能していた柏は、遅攻を選択せざるを得なくなり、攻め手を失います。

 お互いに攻撃の糸口を見つけられないまま、時間が過ぎていきます。

 44分の浦和、ゴール前で得たフリーキックを柏木君が左足で直接狙いますが、バーを直撃して惜しくもゴールならず。

 結局、前半は、1-0で浦和がリードして終了です。

 前半のシュート数は、浦和4本に対し、柏が5本。
 お互いに守備重視でミスパスも多かったこともあり、両チームともシュートは少なめでした。
 浦和は、起点となる前線へのパスの成功率が悪かったですね。

 データ的にも、内容的にも、どちらとも言えない前半。
 何回かあった決定機を外した柏と、数少ない決定機をモノにした浦和。
 その差がスコアに表れました。

 後半はプレーの精度を高めて、浦和らしい攻撃で追加点を狙ってほしいです。

 後半開始。
 
 点を取りにいかなければならないホームの柏が、前掛かりに攻め込んで試合を優位に進めます。

 60分の柏、左サイドからの浮き球のクロスに茨田選手が右足ダイレクトでシュート。
 ボールは、西川君の必死に伸ばした手の上を越えて、ゴールネットに突き刺さりました。1-1、柏が同点に追いつきます。

 茨田選手、フリーだったとはいえ、落ち着いていましたね。
 インサイドで少しドライブをかけた、イメージ通りのビューティフルゴールでした。

 同点になったことで、試合のペースが上がり、ゴール前での迫力あるシーンが増えます。

 63分の浦和、森脇君が李君とのワン・ツーで抜け出し、右足で強烈なシュートを放ちますが、ポストを直撃します。

 押せ押せの浦和でしたが、柏に一瞬のスキを突かれます。

 72分の柏、左サイドをワン・ツーで突破した橋本選手が梅崎君との競り合いでファールを獲得します。
 際どい位置でしたが、レフェリーの判定は、ペナルティエリアの「内」。
 柏がペナルティキックを獲得します。

 キッカーは、田中選手。ゴールキーパーの動きを冷静に読んで、左足でゴールに沈めました。1-2、柏が逆転に成功します。

 リードを許した浦和は、立て続けに2枚の選手交代のカードを切り、反撃の態勢を整えます。

 73分、濱田水輝選手に代わって鈴木啓太選手。
 74分、梅崎司選手に代わって関根貴大。

 啓太はボランチの位置に入ります。阿部君が一列下がって右ストッパーへ。
 関根君はそのまま右WBの位置へ。

 74分の浦和、左サイドを突破した宇賀神君が右足で、右ポストを巻くようなシュートを放ちますが、相手ゴールキーパーが辛うじて触って、ゴールラインの外に掻き出します。

 75分の浦和、そのプレーで得た左コーナーキック。
 キッカーは柏木君。左足から放たれたボールは、ニアサイドの阿部君の頭にピタリと合います。
 阿部君がヘディングで叩きつけたボールが柏ゴールに飛び込みました。2-2、浦和が再び同点に追いつきます。
 
 阿部君、ディフェンダーのマークを外した動きが絶妙でした。
 柏木君も、阿部君の動きをよく見て合わせました。

 この時間帯から、オープンな展開の打ち合いとなります。

 86分、浦和は最後の選手交代のカードを切ります。
 李忠成選手に代わって青木拓矢選手。

 後半のアディショナルタイムは3分。

 90+3分、カウンターからチャンスを得た柏が浦和ゴール前に攻め込みます。
 いったんは、クロスを浦和のディフェンス陣が跳ね返しますが、ペナルティエリアの外で拾った田中選手がダイレクトで右足を一閃します。
 ボールは右ゴールポストに当たり、無情にもゴールの中に吸い込まれました。2-3、柏が土壇場で勝ち越します。

 田中選手、利き足ではない右足でしたが、コースを狙った素晴らしいシュートでした。

 その直後、レフェリーのホイッスルが鳴りました。試合終了。
 2-3で柏が勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 両チームともパスミスが多く、技術的にはレベルの高い試合とは言えませんでした。

 しかし、両チーム持てる力を出し切ったナイスファイト。
 ドラマチックな試合展開にスタジアムも盛り上がり、手に汗握る熱戦でした。

 両チームの選手たちの「負けられない!」という気持ちがプレーの一つ一つに表れていましたね。
 負けたとはいえ、浦和の試合後の選手のサポーターへの挨拶でも、選手たちの奮闘を讃える拍手や声援が大きかったです。

 とはいえ浦和には、試合運びの面で、大きな課題の残る試合でした。

 前半をリードして終えた浦和でしたが、後半立ち上がりからの柏のギアチェンジについていくことができずに逆転を許してしまいました。

 5節のアウェイ・ヴィッセル神戸戦も同様の展開で逆転負けを喫しましたね。

 リードを奪ったことで、「これで大丈夫」という安心感からか、気持ちの面で受けに回ってしまったのでしょう。
 相手の捨て身の攻撃に慌ててしまい、すっかりペースを乱されてしまいました。

 一方の柏は、相変わらずの試合巧者ぶりです。

 前半、ハーフタイムでの選手交代を行ない、試合の流れを変えた柏・ネルシーニョ監督の采配はさすがでした。
 守備面でも、両センターバックと両ボランチを中心に、中央をしっかりケアして、浦和に効果的なクサビのパスを封じることに成功していました。

 45分間、相手の攻撃をいなし続けることができるほど、J1の世界は甘くないということです。

 リードをした後ペースを落とすのは、戦術として問題ないとは思います。
 しかし、相手のカウンターを怖がって、気持ちまで守りに入ってしまってはいけません。

 最後のアディショナルタイムでの失点は象徴的でした。
 ボール失いたくないばかりに、相手陣内で横パスをつなぎ続けた挙句、相手にボールを奪われてカウンターから失点してしまいましたね。

 浦和のスタイルはあくまで攻撃的なサッカーです。
 ガンガン攻めてこない浦和は、相手チームにとってまったく怖さを感じないでしょう。

 どんな場面でも、最後まで攻めきって、シュートで終わらせること。
 そして守備の陣形を整えて、相手をしっかり迎え撃つこと。

 それが基本です。何ごとも中途半端は一番よくないという教訓ですね。
 次節以降の戦いに、この日の屈辱を生かしてほしいです。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 まだまだ連戦は始まったばかり。
 落ち込んでいる暇はありません。気持ちを切り替えて、次の試合に臨みましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。