ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 横浜F・マリノス』(’14年 第10節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『浦和レッズ vs 横浜F・マリノス』(’14年 第10節)

 4月29日の火曜日。関東は雲の多いすっきりしない下り坂の天気。時々小雨もぱらついていました。

 この日、JリーグJ1の第10節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームで横浜・F・マリノスとホーム・埼玉スタジアム2002で対戦しています。

 浦和は前節、柏レイソルとの熱戦を落として連勝がストップしました。
 ホームで横浜を下して、再び連勝街道を突っ走りたいところです。

 対する横浜は、リーグ戦は第4節以降、勝ち星から見放されて下位に低迷しています。
 得点力不足が深刻ですね。ACL参戦による過密日程も影響しているのでしょうか。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 永田 
 MF:平川 柏木 阿部 宇賀神 興梠 
 FW:李

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、永田君。ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーは、興梠君と元気。1トップは、李君。

 立ち上がりからホームの浦和が、ボールを支配して試合を優位に進めます。

 13分の浦和、柏木君のサイドチェンジのパスから、平川君が右サイドを深くえぐってセンターリング。そのボールに中央の元気の頭にピタリと合います。
 元気のジャンピングヘッドは枠を捉えましたが、ゴールキーパーが横っ飛びでキャッチするファインセーブを見せ、ゴールならず。

 横浜は、4−2−3−1のシステム。守備は4人のフラットなラインを敷いています。
 中澤選手と栗原選手で固める中央の守備は相変わらず堅いです。

 彼らとボランチの二人で、浦和の攻撃の起点となる中央へのパスをことごとくカットします。

 浦和は、相手の圧力の厳しい中央を避けて、ワイドに開いてフリーになっている両WBへボールを集めようとします。
 ただ、最終ラインからのロングフィードのパスの精度が悪く、なかなか攻撃の起点が作れません。
 
 お互いに攻撃の糸口が見いだせないまま、時間が過ぎていきます。

 結局、前半は、0-0のスコアレスで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和7本に対し、横浜が2本。
 シュートの数ほど内容に差は感じられない前半でした。

 うまくいった守備とは対照的に、攻撃は終始、チグハグで消化不良なままでした。

 浦和は、横浜の攻撃をほぼ封じることに成功しましたが、相手の攻撃のキーマンである中村選手を自由にさせなかったことが一番の要因です。

 横浜の攻撃は8割方、中村選手を経由します。
 後半も、中村選手に前を向いてボールを持たせないことを徹底してほしいですね。

 攻撃に関しては、いかに、強力な相手のセンターバック2枚を外して、クサビのパスを打ちこむことができるかです。 
 数的ギャップでフリーになりがちな両WBへのフィードを有効に使うのはもちろんですが、勇気を出してチャレンジすることも必要でしょう。

 後半開始。

 ハーフタイムでミシャの叱咤激励があったのでしょうか。
 立ち上がりから浦和が攻撃のリズムをつかんで攻め込みます。

 56分、左コーナーキックを得た浦和。
 キッカーは柏木君。左足から放たれたボールは、中央のスペースに飛び込んだ李君の頭にピタリと合います。
 李君の強烈なヘディングシュートがゴールネットに突き刺さりました。1-0、浦和が先制します。
 
 李君、ディフェンダーのマークをタイミング良く外しましたね。
 完全にフリーでヘディングシュートを打つことができました。

 この勢いに乗じて一気に突き放したい浦和は、立て続けに2枚の選手交代のカードを切ります。

 63分、興梠慎三選手に代わって鈴木啓太選手。
 65分、平川忠亮選手に代わって梅崎司選手。

 啓太はボランチの位置に入ります。柏木君が一列上がって2シャドーの一角へ。
 梅崎君はそのまま右WBの位置へ。

 フレッシュな選手を入れて、中盤を活性化させようとしますが、横浜の堅陣を崩すまでには至りません。
 
 85分、浦和最後の選手交代も攻撃的なカード。
 原口元気選手に代わって関根貴大選手。

 86分の浦和、その入ったばかりの関根君がみせます。
 左サイドフリーでボールをもらい、そのままドリブルで斜めに切れ込んで右足でシュート。
 残念ながら、ボールはわずかにバーの上を越えていきました。

 後半のアディショナルタイムは3分。

 アディショナルタイムに入るのとほぼ同時に、ゴール裏の浦和サポから「Pride of URAWA」の大合唱が巻き起こります。

 サポの後押しを受けた浦和は、横浜捨て身の攻撃を防ぎ切り、そのまま試合終了のホイッスル。

 1-0で浦和が勝利を収めました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 1-0という最小得点差での決着でしたが、浦和が終始危なげない試合運びで押し切ったゲームでした。
 
 数少ないチャンスをものにし、相手にスキを与えず逃げ切るという、大人のサッカー。
 うまくいかないときも、集中を切らすことなく、自分たちのスタイルを貫き通せましたね。

 この日の勝因はなんといっても、守備の安定です。
 
 無失点で終わらせることができたのは、相手のキーマンの中村選手を封じ込めて決定的なプレーをさせなかったことが大きいです。

 中村選手にボールが渡ったときは、つねに複数でプレッシャーを掛け続け、決定的なパスを出させませんでした。
 中村選手が左足で直接狙える位置でフリーキックを与えなかったことも大きかったですね。

 前線でのプレスもしっかり機能していました。
 浦和の目指す、「全員攻撃、全員守備」が体現できていましたね。

 攻撃では、相手の堅い守備もあって、流れの中での決定機は数えるほどでしたが、得意のセットプレーできっちり仕留めました。

 セットプレーのキッカー、柏木君の左足は本当に絶好調ですね。
 自分の蹴りたいところにしっかり蹴れているのでしょう。揺るぎない自信を感じさせます。
 
 フリーキックやコーナーキックは、いまや浦和の一番の得点源です。
 柏木君は、アシストだけではなく、そろそろ自分で直接決めたいと狙っていることでしょう。期待したいですね。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運んだサボの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 前節、負けてしまっただけに、連敗だけは絶対に避けなければなりませんでした。
 その意味でも、この日の勝利は大きいですね。

 これでリーグ戦は10試合消化した時点で、浦和の戦績は、6勝3敗1分けの勝ち点「19」。
 首位と勝ち点差「2」の4位は、上々の滑り出しといえるのではないでしょうか。

 先はまだまだ長いです。本当の勝負はこれからですね。

 このまま先頭集団をキープし、5月末からのワールドカップ中断に突入したいところですね。

 連戦は続きますが、
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。