ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ』(’14 第12節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ』(’14 第12節)

 5月6日の火曜日。関東は曇りがちのお天気。
 気温は低めで風も冷たく、この時期にしては珍しい肌寒いほどの一日でした。

 この日、JリーグJ1の第12節が各地で行なわれています。
 浦和レッズは、デーゲームでヴァンフォーレ甲府とアウェイ・国立競技場で対戦しています。

 浦和は前節、FC東京との激闘を制して連勝、11節終了時点で首位に立ちました。
 あと3試合、勝ち点を積み重ねて、このままの順位でワールドカップの中断を迎えたいところ。

 対する甲府は、リーグ戦は2連敗中と調子は下降気味。
 11節を終えての順位は13位。降格圏もちらついてくる位置ですね。
 這い上がるために死に物狂いで向かってくることでしょう。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:梅崎 柏木 阿部 関口 興梠 
 FW:李

 怪我で戦列を離れていた槙野君は、4試合ぶりの出場となります。

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、柏木君と阿部君のコンビ。
 WBは右に梅崎君、左に関口君。2シャドーは、興梠君と元気。1トップは、李君。

 甲府の守備は、5−4−1の3つのラインを崩さず、自陣にしっかりブロックを作って浦和の攻撃を迎え撃つ作戦。
 自らが攻撃を仕掛けてボールを奪われたときだけ、フォアチェックして相手の攻撃を遅らせる、典型的なリトリートサッカーです。

 7分の甲府、右サイドのクロスからクリスティアーノ選手が右足ダイレクトでシュートを放ちますが、わずかに左ポストの外。

 12分の浦和、左サイド深くドリブルで切れ込んだ関口君がゴールライン際から中央のスペースにマイナスの折り返し。
 そのスペースに走りこんだ森脇君がワントラップして左足でシュートしますが、ボールは左ポストの外に外れました。
 
 そのあとは、甲府の守備的な戦術もあり、浦和がボールを支配して試合の主導権を握ります。
 ほとんど甲府陣ハーフコートでのプレー、浦和の攻撃練習のような展開となります。

 甲府が11人全員で自陣に引いて守っているため、スペースがほとんどない状態で攻め込まざるを得ない浦和。
 手を替え、品を替えボールを前線に運ぼうとしますが、青い壁に阻まれて思うようなパスがつながりません。

 35分の浦和、左サイド那須君のスルーパスに反応し、裏に抜け出した元気が左足グラウンダーのシュートを狙いますが、わずかに左ポストの外に外れます。

 結局、前半は、0-0のスコアレスで折り返します。

 前半のシュート数は、浦和5本に対し、甲府が2本。
 浦和がボール支配率では甲府を完全に上回り、圧倒的に攻め込んでいた印象が強い前半。
 ただ、浦和ペースの前半だったのかというと、そうではないですね。

 お互いにシュート数の少ない中盤での潰し合い、スコアレスのままの時間をできるだけ延ばす。
 そして、数少ないチャンスを決めて勝利をものにする。

 それが、甲府の望むシナリオでしょう。

 浦和は、甲府が時折見せるほんの少しのスキを見逃さずに、決め切ることができるか。
 真価が問われる後半ですね。

 後半開始。

 膠着した状態は前半と変わらず。

 浦和は、何重にも蓋をされた甲府ゴールを何とかこじ開けようとしますが、なかなか開きません。

 この状況を打開したいミシャは、次々と選手交代のカードを切ります。

 63分、関口訓充選手に代わって関根貴大選手。
 73分、李忠成選手に代わって鈴木啓太選手。

 関根君はそのまま左WBの位置へ。
 興梠君が1トップへ、柏木君を2シャドーの一角へ、啓太がボランチの一角へ。

 ゴール前での迫力のあるシーンはほとんどありません。
 それでも、局面局面、とくに球際での争いは苛烈を極めています。

 両チームとも、ヘディングでの競り合いなどで出血する選手が続出していますね。
 接触プレーでのファールをあまり取らないレフェリーだったことも影響しています。

 少しでも集中を切らした方が負け。そんなジリジリする展開が続きます。

 後半のアディショナルタイムは3分。

 浦和は、ペナルティエリアのすぐ外で得た絶好の位置でのフリーキックを得ます。
 しかし、阿部君の右足から放たれたボールはクロスバーを越えていきました。

 そのまま試合終了のホイッスル。
 結局、0-0で引き分けとなりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 得点こそ生まれなかったものの、好対照なチーム同士の勝ちへの執念がぶつかり合った白熱の好試合でした。

 両チームにとって、この日得た勝ち点「1」という結果は、決して小さいものではないです。
 それぐらい、難しくてタフな試合でした。

 浦和は、昨季から大幅に改善された守備が、この試合も健在でした。

 攻撃の時間が長くなると、守備に対する集中力がどこかで切れてしまうことがよくありますが、この試合に関しては、そのような場面はありませんでした。

 得点が奪えずにイライラして、守備が疎かになってしまいがちな試合終盤でも、前掛かりな意識は感じられましたが、カウンターへの備えは常に頭に入っていましたね。

 攻撃に関しては、甲府が完全に引いて守ってきたため、なかなか突破口を開くことができませんでした。
 ここ数試合得点を奪っていたセットプレーも、不発に終わりました。

 連戦の疲れもあるのでしょう。前線の選手の動き出しもいつもより少なかったような気がします。
 
 それにも増して気になるのが、システム上の問題です。

 浦和の攻撃時は、4−1−5のフォーメーションを採用しています。

 最前線で5人がワイドに広がって横並びになり、そこにボールが収まることから攻撃がスタートします。

 最終ラインの4人から最前線の5人にいかにボールをつなげるかが浦和のサッカーの生命線です。

 最前線の5人にそれぞれマークがつき、ロングフィードによる中央もしくは両WBへの起点のパスを封じられた場合、ボールを運ぶ役割である「1」のポジションの選手の負担が増えます。

「1」のポジションは、この試合では柏木君が担当していました(途中から啓太が担当)。
 
 いくら運動量豊富な柏木君でも、これ以上の働きを求めるのは酷でしょう。

 個人というより、組織、戦術としてどうにかしなければならない問題ですね。

 今後も甲府のように、浦和対策として、極端な守備戦略を取ってくるチームは多くなるでしょう。

 最終ラインと前線の選手を結ぶラインが断ち切られたとき、どう対応すればいいのか。
 優勝を狙うためには解決しておくべき課題ですね。

 この試合で久しぶりに復帰した槙野君のオーバーラップが目立たなかったことも気になります。

 コンディションの問題なのか、チーム戦術の問題なのか。
 槙野君の大外からのドリブル突破は、膠着状態を打開するための強力な武器ですから、それを使わない手はないでしょう。

 点を取られないために、リスクを最小限にすることも大切です。
 しかし、点をとるためにある程度のリスクを負わなければならないことも事実です。

 もちろん、失点が少ない(12試合で9失点)ことはチームとして機能している証拠であり喜ばしいことです。
 ただ、12試合で16得点は、攻撃的なスタイルを掲げるチームとしては、少しさびしい数字であることも確かです。

 攻撃のオプションを増やすのはもちろん、リスクを取る、取らないの線引きの部分の選手間での認識をきっちり合わせて、メリハリのついたサッカーを見せてほしいものです。

 幸い、もうすぐワールドカップ開催による中断期間があります。
 この期間を有効に活用し、戦術を練り直して、再開後の戦いを優位に進めたいですね。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運ばれた方々、本当にお疲れ様でした。

 次は、アウェイの大宮アルディージャ戦。成績は関係なく、負けてはいけない相手です。
 連勝は止まってしまいましたが、さいたまダービーから、また新たな連勝を続けていきましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!

 (↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。