ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『川崎フロンターレ vs 浦和レッズ』(’14 第19節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『川崎フロンターレ vs 浦和レッズ』(’14 第19節)

 8月9日の土曜日。関東は朝から曇空。

 台風の影響で湿度は高め、風も強め、気温はこの時期にしては低めの一日でした。。

 この日、JリーグJ1の第19節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、ナイトゲームで川崎フロンターレとアウェイ・等々力陸上競技場で対戦しています。

 前節、浦和は終了間際の劇的弾でヴィッセル神戸と引き分け。
 2位に順位を落としたものの、貴重な勝ち点「1」を積み上げました。

 勝ち点4差の3位に迫る川崎との上位直接対決。今後の優勝争いを左右する大一番です。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 梅崎 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、啓太と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と梅崎君。1トップに興梠君。

 川崎の最終ラインは3人。ボランチの2人と連動して、浦和の中央の3人(興梠君、柏木君、梅崎君)を抑えにいきます。

 前線では攻撃力のある3人がワイドに開いて、浦和の高いディフェンスラインの裏を狙います。

 開始早々、いきなり試合が動きました。

 2分の浦和、左サイド阿部君がゴール前にロングボールを入れますが、相手ディフェンダーがヘディングでクリア。

 浮いたルーズボールが詰めていた梅崎君の足元へ。

 梅崎君、右足をダイレクトで振り抜き、相手ゴールキーパーの手を弾いて、ゴールに吸い込まれました。1−0、浦和が先制します。

 ボールの落ち際をタイミング合わせてインステップでジャストミート。
 抑えの効いた素晴らしいボレーシュートでした。

 川崎もすかさず反撃。

 3分、左サイドの中村選手からのパスを中央で受けた森谷選手が右足でシュート、グラウンダーのボールが左ゴールポストを直撃します。

 そのボールに詰めたのはレナト選手。左足で何なく押し込みました。1−1、川崎が同点に追いつきます。

 その後、アウェイの浦和がボール支配率で上回り、試合を優位に進めます。
 1タッチ2タッチでパスを回して川崎ディフェンスにプレッシャーを掛け続けます。

 20分過ぎ位から、川崎もリズムを取り戻し、両チーム一進一退の攻防が繰り広げられます。

 お互いにゴール前まで攻めこむシーンを数多く作りますが、ディフェンス陣の体を張った守備もありゴールにはいたりません。

 前半は、1−1の同点のまま終了。

 前半のシュート数は浦和は4本(川崎は3本)。

 攻守の切り替えが速く、めまぐるしく展開の変わる前半でした。
 
 お互いに最終ラインを上げて攻撃しつつも、相手のカウンターへの警戒は怠りありませんでした。

 とくに一本のパスで状況を打開できるキープレーヤー、川崎の中村選手、浦和の柏木君へのマークは厳しいものがありました。

 後半も、一瞬でもスキを見せたほうが負け。
 そんな剣豪同士の一騎打ちを思わせる試合となりそうですね。

 後半開始。

 前半からの流れを引き継ぎ、お互いにパスをつないで攻め合う展開。

 58分の浦和、興梠君が左サイドの柏木君にスルーパス。

 柏木君、ドリブルで川崎陣を深くえぐり、左足でセンターリング。

 そのボールに興梠君が頭から飛び込んで合わせますが、惜しくもバーの上。

 前線の運動量が落ちてきたと見たミシャは、選手交代のカードを切って攻撃にテコ入れします。

 59分、平川忠亮選手に代わって関口訓充選手。
 70分、梅崎司選手に代わって李忠成選手。

 関口君が右WB、李君が2シャドーの一角へ。

 72分の浦和、李君が最終ラインの裏に飛び出して強烈なヘディングシュートを放ちます。

 ジャストミートしたボールは完全に枠をとらえていましたが、相手ゴールキーパーがかろうじて手に当てて、コーナーキックに逃れて惜しくも得点ならず。

 78分の川崎、左サイドを駆け上がったレナト選手が中央の中村選手へパス。

 ボール受けた中村選手、右サイドフリーで待ち構えていた大久保選手にボールを送ります。

 大久保選手、ワントラップして落ち着いて右足でシュート。ボールは見事左サイドネットの内側に突き刺さりました。
 1−2、川崎が逆転に成功します。

 大久保選手、正確なトラップからの右足シュート、あの場面で冷静さを失わずに打ち切ったのはさすがです。

 79分、浦和は最後の選手交代のカードを切ります。

 鈴木啓太選手に代わって青木拓矢選手。

 前がかりに攻め続ける浦和でしたが、カウンター狙いに的を絞った川崎の守備をこじ開けることができません。

 疲れと焦りから、パスミスも多くなり、思うような攻撃を組み立てられないまま時間が過ぎます。
  
 後半のアディショナルタイムは3分。

 勝利を信じるスタジアムの浦和サポからは「Pride of URAWA」の大合唱も起こります。

 最後のコーナーキックはゴールキーパーの西川君まで参加して執念を見せるも得点できず、そのままタイムアップ。

 結局、試合は1−2で川崎の勝利に終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 攻撃型パスサッカーを志向するチーム同士の熱戦は、ホームの川崎の勝利に終わりました。

 一口に「パスサッカー」といっても、両チームのコンセプトは異なります。

 長短のパスを織り交ぜ、局面で数的優位をつくってスペースをこじ開けていくのが浦和。

 ボール保持者の周りを選手がバランスよく動くことで、複数のパスコースを確保してつないでいくのが川崎。

 どちらも高い個人技と高度な戦術理解が必要ですが、両チームの選手はしっかりとこなしており、見応えのある試合でした。

 内容的にはどちらに転んでもおかしくない試合。明暗を分けたのは、勝負どころでの決定力でした。

 点をとった大久保選手のフリーになる動きと冷静なシュートはもちろん、中村選手のスペースに走り込む動きも素晴らしかったです。

 体力的に厳しい時間帯に相手のスキを見逃さなかった彼らは、やはりさすがです。

 浦和はあの時間帯、ほとんどの選手の足が止まっていました。

 相手ボールになっても戻れず、ディフェンスラインの前に広大なスペースを空けてしまいました。

 結果的に中村選手にそのスペースをうまく使われて、得点を許してしまいました。

 夏場は体力的にきつく、とくに浦和のようなポゼッションサッカーのチームには試練であることは間違いありません。

 至近3試合で2分け1敗と完全に勢いが止まった浦和。

 夏場の連戦はまだまだ続きます。ここからが正念場です。

 このまま勝ち点を取りこぼして、ズルズルと順位を下げてしまう事態だけは避けなければなりません。

 本当の勝負は10月以降。残り10試合を切ってから。

 それまで辛抱しながら勝ち点を積み上げて、上位をキープしたいところです。

「これだけ勝てなくても、まだ2位にいる」とプラスに考えたいです。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運ばれた方々、本当にお疲れ様でした。

 次節は、昨季のJリーグ王者・サンフレッチェ広島との対決です。

 優勝を狙うには、連敗は許されません。プライドに賭けても勝ち点「3」を。
 
 頑張れ!浦和レッズ!!(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。