ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  浦和レッズ   »  2014年  »  【Jリーグ観戦記】『FC東京 vs 浦和レッズ』(’14 第21節)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jリーグ観戦記】『FC東京 vs 浦和レッズ』(’14 第21節)

 8月23日の土曜日。関東は晴れたかと思えば、時おり雨もちらつくなど不安定な一日でした。

 この日、JリーグJ1の第21節が各地で行なわれています。

 浦和レッズは、ナイトゲームでFC東京とアウェイ・味の素スタジアムで対戦しています。

 前節、浦和は粘るサンフレッチェ広島を振り切り、再び首位に返り咲きました。

 リーグ戦ここ5試合連続無失点と堅い東京の守備を崩して連勝といきたいところ。

 浦和のスタメンは以下の通り。

 GK:西川 
 DF:森脇 那須 槙野 
 MF:平川 鈴木 阿部 宇賀神 梅崎 柏木   
 FW:興梠

 試合開始。浦和のシステムは、いつもの3−6−1。

 3バックは右から、森脇君、那須君、槙野君。ボランチは、啓太と阿部君のコンビ。
 WBは右に平川君、左に宇賀神君。2シャドーに柏木君と梅崎君。1トップに興梠君。

 東京は最終ラインに4枚のディフェンスが並ぶ布陣。
 中央はセンターバック2枚とボランチでしっかり固ます。

 中盤でボールを奪ってからのカウンター攻撃が徹底していますね。

 1トップの平山選手にボールを預けて攻撃の起点をつくり、両サイドから鋭い突破を仕掛けます。

 試合は早々に動きます。

 6分の浦和、相手ボールを自陣で奪いカウンター。

 右サイドを平川君がドリブルで持ち上がり、中央の啓太へグラウンダーのパス。

 啓太はダイレクトで左サイドへはたき、梅崎君の足元へ。

 梅崎君、中央へ切り返して相手マークを動かしてから右足でシュート。

 グラウンダーのボールが相手ゴールキーパーの動きの逆をついてゴール左隅に吸い込まれました。1-0、浦和が先制点を奪います。

 梅崎君、中央に切り返す前に、いったん逆側にフェイクを一回入れたことでディフェンダーの動きが一瞬止まりました。
 そのスキを見逃さず、よく打ち切りましたね。

 東京もすかさず反撃します。

 9分、右からのコーナーキック。後ろから走りこんだ高橋選手がニアサイドで頭に当てて角度を変えたボールは西川君の伸ばした手の上を越えて、逆サイドネットの内側を揺らしました。1−1、東京が同点に追いつきます。

 東京はさらに追い打ちをかけます。

 15分の東京、左サイドで平山選手のスルーパスに反応した武藤選手が、最終ラインの裏に飛び出しゴールキーパーと1対1になり、右足でシュート。

 体を投げ出して防ごうとした西川君の脇を抜けてゴールに転がり込みました。1−2、東京が逆転に成功します。

 東京の勢いは止まりません。

 23分、徳永選手のゴール前へのクロスに反応した河野選手が、競り合った森脇君のショルダーチャージを受けて倒されます。

 東京にペナルティキックが与えられます。

 倒された河野選手が自ら決めて1−3、東京が突き放します。

 東京の前線からのプレスが強烈です。

 出しどころに困って後ろでパスをつないでいる浦和の選手たちに容赦なく襲いかかります。

 苦しまぎれに出した前線へのパスを東京の両ボランチ(米本選手、高橋選手)にことごとくカットされ、カウンターを浴びる苦しい展開が続きます。

 浦和は疲れもあるのでしょうか、前線の動きが少ないですね。

 焦れた柏木君がかなり下がった位置でボールを受けて攻撃を組み立てています。

 43分の浦和、左サイド深くまでドリブル突破した興梠君が相手ディフェンスのスライディングで足を引っ掛けられて倒れされます。

 主審の判定はファール。今度は浦和がペナルティキックを獲得します。

 キッカーは興梠君。右足でゴール中央に蹴り込みました。2−3、浦和が追い上げます。

 この1点は大きいです。後半に望みをつなぐことができました。

 前半は2−3のまま、東京のリードで折り返します。

 浦和は前半だけで3失点。
 ここまでの堅守からは考えられない低調さでした。

 中途半端な位置でボールを奪われては、ショートカウンターを浴びて浅い最終ラインの裏をとられる悪いときのパターンにはまってしまいました。

 簡単なパスミスやオフサイドの取り逃しなど、集中力を欠く場面も目立ちましたね。

 3点はとられましたが、まだ1点差。
 勝つチャンスは十分に残っています。

 気持ちを入れなおして後半に臨んでほしいです。

 後半開始。

 サポの気持ちが通じたのか、立ち上がりから浦和が前掛かりに攻め続けます。

 前線にボールが収まるようになり、攻撃に厚みが出てきました。

 60分の浦和、左サイドでオーバーラップした槙野君が東京の守備を強引にこじ開けて左足でシュート。

 相手ディフェンダーのブロックされますが、跳ね返りを梅崎君が拾いすぐさま右足でシュート。

 これも相手にブロックされますが、そのこぼれ球が中央にしぼっていた平川君の足元へ。

 平川君、スライディングしながら左足で合わせてシュート。

 回転のかかって弧を描いたボールが右のサイドネットに吸い込まれました。3−3、浦和がついに同点に追いつきます。

 選手たちの気迫のこもった波状攻撃でした。

 平川君、難しいバウンドでしたがよくダイレクトで合わせましたね。気持ちでねじ込んだゴールでした。

 しかしそのすぐ後、東京に一瞬のスキを突かれてしまいます。

 64分の東京、左サイドで横パスを受けた武藤選手が中央に切れ込みながら右足でシュート。

 マークについていた槙野君の足下を抜けたボールがゴール左隅に吸い込まれました。3−4、東京が再び突き放します。

 何とか追いつきたい浦和は、攻撃的な選手を立て続けにピッチに送り込みます。

 71分、平川忠亮選手に代わってマルシオ・リシャルデス選手が入ります。
 78分、宇賀神友弥選手に代わって李忠成選手が入ります。

 マルシオと李君は2シャドーの位置に入ります。
 森脇君が右WB、梅崎君が左WB、阿部君が右ストッパー、柏木君がボランチへそれぞれスライドしています。

 なりふり構わず点を取りにいく、超攻撃的なオプションですね。

 そんな浦和の勝利への執念が実ったのは80分。

 東京陣左サイド深く、ヘディングのこぼれ球を拾おうとした李君の腹部に相手ディフェンダーの膝が入ります。

 審判の判定はファール。浦和はこの試合2回目のペナルティキックを獲得します。

 李君が自ら左足で豪快に蹴りこんで4−4。再び浦和が同点に追いつきます。

 李君、プレッシャーのかかる場面でしたが、古巣から強烈なブーイングにも動じることなく冷静に決めました。

 83分、浦和は最後の選手交代。

 梅崎司選手に代わって関根貴大選手が入ります。

 関根君はそのまま左WBに入ります。

 その後も両チームが攻撃を繰り出しますが、得点には至りません。

 アディショナルタイムは5分。

 スタジアムの浦和サポからは「Pride of URAWA」の大合唱が始まります。

 サポの声援が選手たちを強烈に後押ししますが、あと一歩及ばず、試合終了のホイッスル。

 試合は4−4の引き分けに終わりました。

 ☆    ★    ☆    ★    ☆    ★    ☆  

 内容はともかく、スリリングで手に汗握る熱戦でした。

 両チーム4点ずつを取りあう大乱打戦は、まるで花火大会のようなでした。

 東京は浦和のサッカーを十分に研究していました。

 両翼の2人(武藤選手、河野選手)は浦和の“アキレス腱”ともいえる高い最終ラインの裏のスペースをつねに狙っていました。

 前線からのプレスも徹底していましたね。
 最終ラインから出た苦しまぎれのパスを出させて、両ボランチを中心にパスの受け手を挟み込んでボールを奪っていました。

 ボールを取りにいくポイントがチームで徹底されていたのでしょう。
 とくに前半、浦和は起点となるクサビのボールをほとんど入れることができませんでした。

 体力の落ちた後半にプレスが緩み、浦和がなんとか盛り返して同点に追いつくことができましたが、本当にきわどい勝負でした。
 
 浦和はもちろん、反省すべきことは反省して次節以降に生かさなければなりません。

 それはそれとして、一時は2点差をつけられていた試合を負けなかったことはポジティブに考えたいですね。

 この日勝ち点積み上げた勝ち点「1」は非常に価値があります。
 おかげで浦和は首位をキープすることができました。

 どんなに苦しい状況に追い込まれても、諦めずに勝ち点を積み上げられたのは、チームとして大きく成長した証拠です。

 勝ち点という「結果」が問われるこれからの時期。

 今日のような強いメンタリティを持って戦えることは、大きなアドバンテージになります。

 長期離脱していたマルシオも戻ってきました。

 混戦となった優勝争いがますます楽しみになりますね。

 選手の皆さん、スタジアムに足を運ばれた方々、本当にお疲れ様でした。

 次節は大宮アルディージャとのさいたまダービーです。

 ダービーに順位やチーム状況は関係ありません。絶対に負けてはいけない試合です。
 相手も普段以上の力を発揮するでしょう。油断は禁物です。

 全力で戦い、取りこぼさずに勝ち点「3」をゲットしましょう。

 頑張れ!浦和レッズ!!(↓気に入ってもらえたら、下のボタンを押して頂けると嬉しいです)
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ヨッシィー☆

Author:ヨッシィー☆
鉄鋼関係のエンジニアです。

浦和で生まれ、浦和で育った、浦和レッズ・サポ。

宜しくお願いします!

スポンサーリンク
訪問者数
カテゴリーツリー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ご意見はこちらから
何でも結構です。お気軽にコメントして下さいね!

名前:
メール:
件名:
本文:

Jリーグ順位表
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク
Google 検索はこちら!

Google

WWW検索 ブログ内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
試合予定と結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。